September 18, 2016

中道由貴子個展「かたち と カタ チ」(絵画) 2016年9月20日(火)~25(日)

台風の動きが気になりる、雨の日曜日になりました。
ギャラリーモーニングから展覧会のお知らせです。

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ShinoharaMinami2016.html
Photo

中道由貴子個展「かたち と カタ チ」(絵画)
2016年9月20日(火)~25(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/makamichiyukiko2016.html

葉っぱに遮られてできた影が葉っぱと同じカタチにならなくて、
目を凝らして追いかける形は、光の型取り次第でコレと決まった形に収まらない。
光が当たって影ができ、見えるところと見えないところ、同じ色とどうして思えたのか。
動くはずのない自分で描いた絵でさえも、見る時の心情の違いで一喜一憂変化する。

一瞬その状態にあったという形の記録を重ね、まずはひとつひとつの型を知っていきたい。
そして、できればその次へ、 /中道由貴子

1985 大阪生まれ 2008 京都嵯峨芸術大学 造形学科 油画分野 卒業
2010 京都嵯峨芸術大学大学院 芸術研究科 造形絵画分野 修了
2011年から大阪(2kw gallery )、京都(gallery morning)で個展。
その他、兵庫、韓国などで企画展多数。


中道由貴子さんの描き方は、大学時代から突きつめられ、研究され、刷新され、10年がかりで揺るぎないものになりました。
海中の生き物にも、花にも見える対象の形(型)を、すこしずつずらしながらうすく重ねていくことで、奥行きと光の揺らぎを表現します。
その筆で何が描かれるのか、それが近年の大きな楽しみのひとつです。
草花の枝が雨に滲むように、水草が流れに揺れながらとどまろうとするように。見る者をゆれる色彩の世界にひきこみます。
絵画約20点、ぜひ、ご高覧ください。gallerymorningkyoto


・・

次の展覧会
篠原 南 「隙間」 SHINOHARA Minami Exhibition  
9月27日(火) - 10月2日(日)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2016

「水色だった日々。」 濱野裕理 個展

濱野裕理 個展「水色だった日々。」
2016年 9月13日(火)〜18(日)/gallery morning
Hamanoyuri

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/hamanoyuri.html

子供の頃みた風景は、今でも不思議なくらい鮮やかに、穏やかで優しい記憶としてわたしの心の中に残っている。
あの頃はほんとうに世界が眩しくて、キラキラと輝いて見えた。
小さい頃好きだったモノや場所は今でも変わらず好きだといえるし、懐かしさと愛おしさが込み上げてくる。
だけどいま、わたしが同じものを見てもあの時感じた感動はきっとそこにはない。
幼い頃、あらゆることに対して無知で無邪気だった故に見えていた世界。知らないことは何でも空想で補った。
子供だったからこそ、見えていた世界の側面と逆に見えなかった世界の側面。
あの頃はきっと今とは全く違う世界を眺めていた。 /濱野裕理

濱野裕理 HAMANO Yuri 略歴
1986年 奈良県生駒市に生まれる
2005年 京都市立銅駝美術工芸高校洋画科 卒業
2009年 京都嵯峨芸術大学造形学科油画分野 卒業

個展 
2009年 「eyes open」/Galleryはねうさぎ(京都)
2010年 「Field」/Gallery i(京都)
2011年 「束の間の夢」/ギャラリーモーニング(京都)
2012年 「空想旅行、架空のまち」/ギャラリーモーニング(京都)
2012年 「架空のまち、何ともない日常」/ Gallery i(京都)  
2013年 「心の庭」/ギャラリーモーニング(京都)
2014年 「どうしようもなく退屈な日に僕らは平和について語り合う」/ギャラリーモーニング(京都)
2015年 「あの日僕らが見た風景はこの世界の断片にすぎない。」/ギャラリーモーニング(京都)

その他 京都、大阪、東京で企画展に多数参加。

濱野作品の特徴のひとつとなっている不思議なマチエール。それを背景に、あるいは利用しながらどこでもないどこかが描かれます。たびたび登場するジャングルジムや滑り台などの遊具、飛行船、お城などをアイコンとする作品は、ノスタルジックで幻想的。
今展では、120号の大作を含む約20点の絵画を展示予定です。ご高覧ください。/gallery morning

※17日土曜日午後5時より、パーティです。ご参加ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2016

I remember 8.30(火〕- 9.11(日)       栗田咲子&Favorite Art

KURITA Sakiko collection & Favorite Art Fair
8.30(火)-9.11(日)
"I remember “
栗田咲子 KURITA Sakiko 松尾勇祐 MATSUO Yusuke
中津川浩章 NAKATUGAWA Hiroaki 廣田美乃 HIROTA Yoshino
六人部侑子 MUTOBE Yuko 鶴井かな子 TSURUI Kanako
山本一博 YAMAMOTO Kazuhiro 梶木奈穂 KAJIKI Naho
山部泰司 YAMABE Yasushi  吉原英里 YOSHIHARA Eri
飯田真人 IIDA Masato 上坂秀明 KOSAKA Hideaki ,and more.

「ギャラリーモーニングでは、下記日程で栗田咲子作品(90年代~)を中心としたコレクション展と2016年上半期展覧会からピックアップ作品として、お預かりしている方々の作品を展示します。
スペースの関係で会期途中での展示替えなど、実際に展示してみないと詳細は未定ですが、どうぞご了承いただきますようお願いいたします。
情報はギャラリーHP、Facebookに随時情報を掲載していきます。よろしくお願いします。

Photo

まず、水平であること。なんてこだわりも
キャンバス全部を、塗らなくてもいい。ということも
ぶれも、カメラの手ブレとは違うモノなんだ。とか
比率、確かに合っていて当たり前のコトなんだけど。そうヒリツ。
フォトショップのレイヤー機能とは違う自由な想い重なりがあって。
昨日のつながりとは違う画面が今日動き出すこともあるんだ。みたいなこととか、とか。
おじさんと呼んでいた絵の中の人が、これまたいつもの柴垣美恵さんだったこととかも。
とかも、とかも。
あの時も、いま、この時も、栗田咲子さんの画面はやっぱり面白い。

KURITA Sakiko works.1999 - 2016
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/FavoriteArt2016.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2016

飯田真人 IIDA Masato 8.20(土)〜28(日)

この春から、新しい仕事に就くこととなりました。
20年以上もクルマでの通勤でしたが、電車とバスにゆられて2時間少しの長い通勤になりました。何でもクルマで移動の生活だったので、2時間の電車通勤はしんどいのではと思いきや、はじまってみれば案外楽にというか楽しいぐらいです。
風景を眺めるのもよし、人間観察もよし、読書もよし、寝ることもできる。雑踏の中にもかかわらず、自分の時間が取れることが面白いです。働きだした当初から電車通勤であればこうは思わなかったかもしれません。

今回の作品は一見いつもと変わりない作品ですが、作品一つ一つにストーリーを浮かべながら、形にしていきました。これまでは、どちらかというと色彩や形を基に制作し、ストーリーはみる人に委ねてきました。

年齢や環境の変化かもしれませんが、ストーリーが出てきたのもゆっくり世の中を見つめられるようになってきたのかもしれません。
混沌とした時代だからこそ、素直にみて感じ取ることの大切さを再認識しています。


・・

飯田真人
Iida MasatoIidamasato


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2016

アーティスト、マツモトヨーコさんがデザインした京都風味のハンカチ。

夏の汗に。アーティストがデザインした京都風味のハンカチ。プレゼントにも京都みやげにも。
Gallery Morning kyoto Showcase
マツモトヨーコさんデザインの肌触りの良い綿ハンカチ。


http://gallerymorning.blogspot.jp/2016/07/blog-post_71.html


Handkerchief5c


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2016

鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画 8月の京都で見逃せない展覧会。

いよいよ八月、暑中お見舞い申し上げます。
上半期最後の展覧会です。

鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html


身の周りにあるごくありふれた物をじっくり観察し、それをペンや筆で紙に写す。すると、ごく普通な景色が忽ち自分の色に染まっていく。
モチーフの選択、配置、拡大や縮小など、一枚の色を塗った紙をどう面白く見せることができるのか、制作しながらいつもそのひらめきが現れるのを待っている。
版画を始めたら制作の姿勢が少し変わった。ドーロイングする時と違って、まるで慣れない道具で食事するみたいに上手く行かない。しかしやっていくうちにこのやり難さは却って今まで決まった作り方とストレートな思考に変化をもたらしてくれた。今回展示する作品は、既存の物語を新たに覚えた言葉で書き直すような感覚で作っている。/鄭安晴


鄭安晴 TEI Ansei (Andhyng Cheng) 略歴
1988 台湾.高雄生まれ
2010 渡仏
2013 トゥールーズ国立美術学校入学(2014中退)
2015 大阪美術専門学校・プリントメインキング入学(在学中) 
作家HP http://ange1364.wix.com/anseitei

日本での初個展。
心身の動きをとらえながら、その中にある情動を線と色に変えます。
コラグラフ、リトグラフなどの版画技法を使って湧き上がりくる心象をあやうく平面上にとどめています。
あのとき、このときの心の形がドレスをまとい、家カタチにヘンゲして眼前に新たなる空気感を創出します。
ご高覧ください。/ギャラリーモーニング

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.htmlWettodry

8/8-19 夏季休廊  

夏休み明けは土曜日より開催します。
8/20(土)−28(日)飯田真人個展です。よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2016

陶器のオブジェ・梶木奈穂展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)

祇園祭の還幸祭の夜が近づいて。後祭宵山、鉾も楽しめる京都です。

梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

目覚ましのアラームを5:55にセットしているのに、最近アラームより先に同じ時間に目が覚める。晴れの日の明け方は「朝が来た」ってわかるのに、曇りの日の明け方は境界が曖昧で、朝なのか夕なのか、起きているのか眠っているのか、自分はここにいるのかいないのか、よくわからない。そういう感覚に沈んでいたいが為の制作。それによって産まれた作品。/梶木奈穂

梶木奈穂 KAJIKI Naho
1981年 兵庫県生まれ
2003年 景徳鎮陶瓷学院留学
2006年 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム窯芸卒業
2008年 京都市立芸術大学美術研究科陶磁器専攻修了

2006年 個展「かじきじき展」(ギャラリー北野坂/神戸)
2009年 個展「古陶磁のチャイナドリーム」(INAXガレリアセラミカ/東京)
2010年 個展「むこうのジオラマ」(SILVER SHELL/東京)
2012年 個展「ワタシマグロ」(川のほとりの美術館/姫路)
2015年 個展「七月七日の出来事」(ギャラリー北野坂/神戸)
2015年 個展「入夢境」(SILVER SHELL / 東京)
2016年 gallerism2016 in 中津(PIAS gallery/大阪) 他グループ展多数

数年前の京都市立芸大の制作展でみた「カジキュー拝ランド」。忘れられないほど印象的だった梶木奈穂の仕事。
景徳鎮で学び、東京や神戸などでの個展を経て、京都では久々の展覧会です。
奇想天外な物語を磁器(絵付けとかたち)によって立体化し、空間をうめる作品。
細部までのぞきこむように楽しめる独特世界が繰り広げられます。/gallery morning

・・

次々回の展覧会
鄭安晴 初個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画ほか TEI Ansei (Andhyng Cheng) 
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

8/8-19 夏季休廊  

お盆明けは 
8/20(土)-28(日)飯田真人個展 “new model”です。
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2016

梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)

祇園祭の還幸祭の夜が近づいて。後祭の鉾も楽しめる京都です。

Kajikinaotitle


梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

目覚ましのアラームを5:55にセットしているのに、最近アラームより先に同じ時間に目が覚める。晴れの日の明け方は「朝が来た」ってわかるのに、曇りの日の明け方は境界が曖昧で、朝なのか夕なのか、起きているのか眠っているのか、自分はここにいるのかいないのか、よくわからない。そういう感覚に沈んでいたいが為の制作。それによって産まれた作品。/梶木奈穂

梶木奈穂 KAJIKI Naho
1981年 兵庫県生まれ
2003年 景徳鎮陶瓷学院留学
2006年 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム窯芸卒業
2008年 京都市立芸術大学美術研究科陶磁器専攻修了

2006年 個展「かじきじき展」(ギャラリー北野坂/神戸)
2009年 個展「古陶磁のチャイナドリーム」(INAXガレリアセラミカ/東京)
2010年 個展「むこうのジオラマ」(SILVER SHELL/東京)
2012年 個展「ワタシマグロ」(川のほとりの美術館/姫路)
2015年 個展「七月七日の出来事」(ギャラリー北野坂/神戸)
2015年 個展「入夢境」(SILVER SHELL / 東京)
2016年 gallerism2016 in 中津(PIAS gallery/大阪) 他グループ展多数

数年前の京都市立芸大の制作展でみた「カジキュー拝ランド」。忘れられないほど印象的だった梶木奈穂の仕事。
その後、景徳鎮で学び、東京や神戸などでの個展を経て、京都では久しぶりの発表です。
奇想天外な物語を磁器(絵付けとかたち)によって立体化し、空間をうめる作品。
細部までのぞきこむように楽しめる独特世界が繰り広げられます。/gallery morning


・・

開催中の展覧会
吉原英里展 Yoshihara Eri  午睡 24 [sun] 午後5時まで
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yoshiharaeri2016.html

次々回の展覧会
鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画ほか TEI Ansei (Andhyng Cheng) 
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

8/8-19 夏季休廊  

お盆明けは 
8/20(土)-28(日)飯田真人個展です。
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

よろしくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2016

吉原英里個展  2016年7月12日(火)~24日(日)月休み(ミクストメディア絵画・版画)

南禅寺蓮池の蓮が次々に開いています。gallerymorningkyotoから展覧会のお知らせです。
Photo

吉原英里個展 
2016年7月12日(火)~24日(日)月休み(ミクストメディア絵画・版画)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yoshiharaeri2016.html

『何気ない日常の中で、今まで見ていた情景が違って見える瞬間があります。
主役や空間が入れ替わったり次元が歪んで見えたりする視覚旅行を、今回は、「午睡」シリーズにしました。』(吉原英里)

YOSHIHARA Eri

<個展> 
1984~2008 55回(東京・名古屋・大阪・京都・ミラノ他)
'93 '94 '97 '00 '02 '04 '06 ギャルリープチボワ(大阪)
2008 個展 伽藍洞ギャラリー・名古屋
2009 ギャラリーなかむら(京都)、JUMP(大阪)
2010 色彩美術館(東京) 
2010 ギャラリーモーニング(京都)、シャルグラン(芦屋)
2012 「Garden」ギャラリーなかむら(京都)  
2013 「あなたがいた夏」ギャラリーJUMP(大阪)
2015 ギャラリーなかむら(京都) など

その他、国内外でのグループ展多数。

<パブリックコレクション>
町田市立国際版画美術館・嵯峨芸術大学・神戸アートビレッジセンター・ウィル愛知(愛知県女性センター)・文化庁
・京都市立芸術大学・宮崎県立美術館・和歌山県立近代美術館・兵庫県立美術館

版画や異素材を組み込んだペインティング(ミクストメディア)10点と、銅版画エッチング作品約8点を展示予定です。
一貫して表現してきたひとの不在の風景によってより意識されるひとの「存在」「気配」。
そして、あらたなシリーズをお楽しみください。/gallery morning

※12日、夕刻よりオープニング・パーティを開催します。ぜひ、お立ち寄りください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2016

山本一博個展(村瀬タネ改め)「ゆめかうつつ」 2016年7月5日(火)〜10日(日)

洛中では祇園囃子が聞こえ始めた京都、あついあつい夏がはじまっています。

山本一博個展(村瀬タネ改め)「ゆめかうつつ」
2016年7月5日(火)〜10日(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yamamotokazuhiro2016.html


-ゆめかうつつ-
現実らしきものに相対するものとして、架空、想像、夢、などと呼ばれるものがあります。
どちらがどちらという訳ではなく、またそれらを自在に行き来するという訳でもなく、なんらかの形でどこかを行き来しないことには、その人がその人として在ることがままならないというような、そういう状態が、現実らしきものと矛盾するものをつくることがあるように感じます。そうした道行きの途中に生じる、境目の景色のようなものを探ることを試みています。/山本一博


YAMAMOTO Kazuhiro

1987年  愛媛県生まれ
2011年  愛媛大学 教育学部 芸術文化課程 造形芸術コース 卒業
2015年〜 村瀬タネの名前で活動。
2016年  京都精華大学 芸術学部 造形学科 日本画 研究生 在籍
京都府在住

個展
2015 村瀬タネ個展「前半 そとにまねぶ 琳派&やまと絵」「後半 うちをさぐる 影の絵」/ギャラリーモーニング(京都)


昨年、初個展では作家名・村瀬タネとして一週間ずつ展示替えをして二週にわたる個展を開催。
洋画科を卒業したのちに独学で真似びながら学んだ日本画の作品と、細密な線画の作品を発表。
今展では、その経過からうまれた「装飾性」「二面性」を主題とした作品を本名の山本一博として発表します。
古代中国の地理書に登場するヘビを自画像に描き込んだ「かだ」、妖怪についての文献からインスピレーションが湧いた「みつめ」など墨絵を中心に18点。
統合し、深まった独自の世界をご高覧ください。

Mitume


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2016

杉本準一郎 彫刻展  2016年6月28日(火)〜7月3日(日)

雨だったり雨だったり、晴れだったりの京都岡崎より。
ギャラリーモーニングから展覧会のご案内です。

杉本準一郎 彫刻展 
2016年6月28日(火)〜7月3日(日)
SUGIMOTO Jun-ichiro Sculpture Exhibition of MARBLE Stone 2016

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/sugimotojunichiro2016.html


1948 滋賀県甲賀郡信楽雲井村(旧)生まれ
1964 滋賀県立甲賀高等学校入学
1966(18歳) 金沢美術工芸大学 彫刻科 入学 インドネシア独立記念塔(ジャカルタ)制作者 長谷川八十氏に師事

2003 日本・インドHARMONY彫刻シンポジウム(デリー)主宰
2005 常滑梶間台ミュゼ通り彫刻群の制作(愛知)
2006 スギモトオープンエアミュージアム(関が原)
    日本・ネパールHARMONY彫刻シンポジュウム(カトマンズ)主宰
2008 インド・ネパール・日本国際シンポジウム(関が原)主宰
2010 優しく豊かなアジア・個展(インド大使館)
    イタリア・トロント市国際シンポジウム共同主宰(イタリア)
2011 市民と共につくるシンポジウム(湖南市岩根)主宰
2012 国宝・善水寺 個展(滋賀)    その他、展覧会多数
2015 「Me You Othersー三方良しー」(ギャラリーモーニング・京都)


昨年につづき京都では二度目の個展。
黒い床に約10点の石彫を展示します。白い大理石、ひととき暑さを忘れられる空間での展示、ご注目ください。/gallery morning

杉本準一郎さんは、会期中ほぼ在廊されます。最新情報は、以下でご確認ください。

Works


Works1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2016

中津川浩章展 「愛は森に隠れている」 "Love is hidden in the woods."

中津川浩章展 NAKATSUGAWA Hiroaki Exhibition 6月14日(火)-26日(日)月曜日休廊
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/NAKATSUGAWAhiroaki2016.html

「愛は森に隠れている」
"Love is hidden in the woods."

東日本大震災以降、どこにでもあるような当たり前の風景がとてもかけがえのないものとして目の前に立ち現れてきました。遠くに見える空があり地面があり、木々は重なりあいまっすぐだったり曲がりくねったり。さまざまな方向に伸びる枝が持つ優美な曲線。葉の重なりが生み出す不思議な空間。
すべては宇宙そのものの顕現であり、どこを取り出しても完璧な世界です。私を魅了する自然の自由で生命力にあふれるイメージは、あの福島原子力発電所の事故以降の世界に生きるために必要な何かを示唆していると感じています。

空気のような日常の風景に人は支えられ、生かされていること、そしてどこにでもある当たり前の風景の裡にある「記憶と痛み」の感覚を、描くことを通じて探るものです。

中津川浩章

・・

1958年静岡県生まれ、神奈川県在住。国内外で、個展やグループ展多数。
ブルーバイオレットの線描を主体とした大画面のドローイング・ペインティングと呼ばれるアクリル画を制作発表。
必要最低限の技法で人間にとっての「記憶・痕跡・欠損」をテーマに制作。


・・

グループ展「もうひとつの森」に続き、中津川浩章さんの登場です。
ブルーバイオレットの濃い線に包まれ、その世界を共有したとき、なにが見え始めるのか、その感覚と時間を分かち合いたいと思います。

Title


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 29, 2016

栗田咲子  「たまたまをしこたま」 Kurita Sakiko  5月3日〜15日

Photo

新緑まぶしい京都東山、ギャラリーモーニングより展覧会のご案内です。

栗田咲子 個展 「たまたまをしこたま」(絵画)
2016.5.3(火)-15(日) 12時より19時まで、日曜日は17時まで。月曜日休廊
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kuritasakiko2016.html


朝起きたら昨日描いた絵が白けて見えた。
正気、陶酔、失望、高揚などなどが次々巡ってきて、手を加えなくても私の中で絵が変化する。
計らずも出会えた人、場所、もの。たまたま目に映ったこと、気に止まったこと。
そのように身を任せて生きていられる、しあわせな世界があることに感謝しよう。/栗田咲子


※3日初日夕刻、ささやかにオープニング・パーティを行います。是非のぞいてください。


KURITA Sakiko 略歴
1972 岡山県生まれ 
1997 京都市立芸術大学大学院美術研究科修了

ギャラリーココ/京都 ['95,'96,'98,'01,'02,'04] ,FUKUGAN GALLERY/大阪['00,'01,'03,'05,'07,'08,'09,'11,'12,’15]、
ギャラリーデン/大阪 ['07,'08], ギャラリーモーニング/京都 ['09,'10,’14] fabre8710 /東京 ['13]などで個展、グルー プ展。
「VOCA2000」上野の森美術館/東京
「Exhibition as media 2008『LOCUS』」神戸アートビレッジセンター/兵庫
「絵画の庭ーゼロ年代日本の地平からー」(2010) 国立国際美術館/大阪 などに出品。


一見何気ないひと筆、ひと筆によってキャンバスに現れるひとや動物、花、風景。
栗田作品独特のユーモアと対象にたいする愛情に満ち、いつも微笑まざるをえないあたたかな幸福感を感じます。
案内状掲載の「たまたまの滝」120号(130.5×194cm)の大作ほか10数点を展示します。
ご高覧ください。/gallery morning


・・・
・・

開催中の展覧会
工藤政秀展 KUDO Masahide Exhibition  5.1(日)、午後5時まで。
ー森に棲むー
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kudomasahide2016.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«工藤政秀展 KUDO Masahide Exhibition 4.26(火〕- 5.1(日) ー 森 に 棲 む ー