March 21, 2017

「マツモトヨーコ絵画展」 2017年3月21日(火)〜4月2日(日)

椿、トサミズキ、さんしゅう、ねこやなぎ。春の花がいっせいに咲き始めた京都、岡崎です。

Photo


「マツモトヨーコ絵画展」
2017年3月21日(火)〜4月2日(日) 月曜日休廊。

http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/matsumotoyoko2017.html

今日も一日生きた証として絵を描きます。
何となく気持ちがふわふわしている日も、いまいち元気が出ない日も、
描くことで自分の中心がはっきりして、地に足がつく感じがしてくるのです。
私にとって絵を描くことは日記を書くことに似た行為です。 
マツモトヨーコ

マツモトヨーコ略歴
1982 京都市立芸術大学美術学部絵画専攻卒業
1984 同大大学院版画専攻修了

1983 Rギャラリー(京都)
1985 ’87 ’88 ギャラリー白(大阪)
1986 ’89 ’90 ’93 ギャラリーview(大阪)
1993 ’95 ’98 ’00 ’02 ’03 スペースYUI(東京)
1995 ’89 ’00 ’02 ’05 ’07 ’09 ’11 阪急百貨店うめだ店美術画廊(大阪)
1998 ’13 マニフェストギャラリー(大阪),ギャラリーTAF(京都)
2007 ’10 ギャラリー夢松洞(鎌倉)
2008 ’10 大丸神戸店アートギャラリー(神戸)  
2010 三越札幌店美術画廊(札幌)
2010 ’12 ’14 ギャラリーモーニング(京都)
2011 ギャラリーAPA(名古屋)
2013 ’15 ’16 ギャラリー新居東京(東京) 等多数

東京、京都、大阪など各地で個展、グループ展に参加。
版画、絵画作品を制作のほか、イラストレーターとしての仕事や書籍装画など幅広く活躍しています。
季節感のある部屋の様子、さっきまで人がいた気配、交わされた会話が画面からあふれてくるようです。
今展覧会では、招き猫、盆栽、金魚、蓮、などのちいさな作品も興味深く。
紙にアクリル、アクリルガッシュで描いた作品45点を展示します。ぜひ、ご高覧ください。

※初日、オープニング・パーティを開きます。夕刻より、ご参加ください。


・・・
・・

次回の展覧会
「版画旅行11」 2017年4月4日(火)〜16(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/PRINT11.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2017

車史曖 個展(Cha sae)「Flow」  2017年3月14日(火)~19(日)

南へ出かけていた太陽が戻ってきました。
陽春のころ、京都へお出かけください。

Chasaeimg


車史曖 個展(Cha sae)「Flow」 
2017年3月14日(火)~19(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/CHAsae2017.html

日々のなかでは 取るにたらない些細なものたち
すり抜けていく美しい瞬間を 手のひらにすくって
その内側へ潜り込むような感覚を確かめながら 深く静かに ただ 呼吸ができたらいいと思います
また新しく流れてゆく季節に感謝して/車 史曖


車 史曖(Cha sae)※史曖の「曖」の正式表記は口偏に愛です。

1980年 大阪府に生まれる
2002年 大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科専攻科修了

個展
2008年「into the plants」ギャラリー白3(大阪)
2009年「drown in the views」ギャラリー白3(大阪)
2010年「blurs of the air」ギャラリー白3(大阪)
「in the garden」2kw gallery(大阪)
2011年「Unfold」ギャラリー白3(大阪)
2013年「breathe」ギャラリー白(大阪)
2014年「on the earth」gallery Den mym(京都)
「on the line」ギャラリー白(大阪)

グループ展
ギャラリー白(大阪)、CUBIC GALLERY(大阪)、ナルミヤ 戎橋画廊(大阪)、位置展(ギャラリールネッサンス・スクエア・兵庫)、日韓現代美術同行展(兵庫県民アートギャラリー・兵庫)、SUPER! PAINTINGS作家たちの交差点(JR大阪三越伊勢丹6階=美術/アート解放区・大阪)、京都などで多数。

京都では初個展。
具体的なモチーフから出発していますが、完成した作品は幽遠な余情のある深い色とほのかな光に満たされています。gallery morning


・・

次回の展覧会
マツモトヨーコ絵画展 3.21(火)〜4.2(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/matsumotoyoko2017.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 28, 2017

福村真美展 FUKUMURA Mami Exhibition 2月28日(火)-3月12日(日)

北野さんでは梅の花がいい香りを放っています。
岡崎エリアの光も春めいてまいりました。梅春展覧会のお知らせです。

Trip2


福村真美展 FUKUMURA Mami Exhibition
2月28日(火)-3月12日(日)

February 28 (tue.) - March 12(sun.) ,2017
12:00-19:00(Sunday 12:00-17:00) closed on Monday.

http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/fukumuramami2017.html

去年の夏、ある人の思い出の池を見に行った。 幼い頃から、よく見に行っていたそうで、竹林の中、池にたまった水は誰に見られることも無く、ゆらめいていた。 誰かの記憶の中で、様々な風景がゆらめいている。福村真美

1982年 滋賀県大津市生まれ
2006年 京都市立芸術大学院美術研究科絵画専攻油画修了

個展
2007年 「vacation」 ギャラリー唐橋
2008年 「map#1」 立体ギャラリー射手座
2009年 滋賀県立水環境科学館
2009年 画廊 編 ’09~‘10
2010年 ギャラリーモーニング ‘11 ‘12 ’14 ’16
 
グループ展
2004年 主と客(同時代ギャラリー)
2005年 FRAME(ギャラリーCASO)
2006年 P&E(アートコートギャラリー) 
2008年 信楽ACT(民家・甲賀) ’09 ‘12
2009年 しがの風展(大津市歴史博物館) ’09~‘14 
2010年 「家・IE」展(ギャラリーモーニング)
     「うつろう」4人展 (ギャラリー唐橋) ’12
2014年 CONSTELLATION 2014 (上野の森美術館)
     Pray 展(ギャラリーモーニング)
2016年 ビエンナーレうしく 特別回顧展

受賞
2006年 第21回ホルベイン スカラシップ 奨学生
2006年 ビエンナーレうしく 大賞 
2011年 湖国を描く展覧会 特選 ’13
2014年 京展 芝田記念賞
2015年 第69回滋賀県美術展覧会 特選 
2016年 平成27年度平和堂財団奨励賞受賞

Profile FUKUMURA Mami
1982 Born in Otsu City, Shiga Prefecture
2006 M.F.A., Painting, Kyoto City University of Arts
A lot of solo exhibitions and group exhibitions mainly in Kyoto, Shiga and Osaka

Awards
2006 Biennale Ushiku 1st prize, Holbein Scholarship ,
2014 Kyoten, Shibata Memorial Prize
2016 Heiwado Foundation Art Encouragement Incentive Award

・・

ギャラリーに水辺が広がっています。
水面に反射する風景と、その奥に本来その場が持つ色が屈折し佇みます。
滋賀に住む作家の作品には琵琶湖ヘンゲのイメージがいつも重なるのですが、彼女の描く風景はもう少し小さな水たまり、するのです。
キャンバスに区切り撮られた世界に映り込むヒカリは、瞳を通して、潜んでいる記憶の断片にピンポイントで入り込んできたりして。
本日より、福村真美さんの作品を展示しています。
FUKUMURA Mami works. "A one day trip"
「日帰りトリップ No.2」162x112cm
ご高覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2017

植木鉢のある風景展 2017年 2/7(火)~25(土)

スティル・ライフな作品。着々と到着していて。なんかいい雰囲気。展示するの、楽しみです。
「植木鉢」という言葉をアーティストと共有する。 そんなところから出発しました。 小さな器。 人がそこに何かを植える。 南向の庭だったり、北側ベランダだったり。 道端やガレージ。カフェや本屋さんにも 進出して。心地いい景色をつくりだします。
ビッグデータには関係せず。 突然ビルが建って日陰になったり。 ほったらかしにされたり。 それでも、今いる独自の環境に生きている。 そして、花を咲かせる事もあったりする。そんなことを思いながら。
12人のアーティストが植木鉢を描きます。
・・

植木鉢のある風景展
2017年 2/7(火)~25(土)
大﨑真理子 OSAKI Mariko, 岡林真由子 OKABAYASHI Mayuko, 上坂秀明 KOSAKA Hideaki,柴垣美恵 SHIBAGAKI Mie 高木智子 TAKAGI Tomoko ,長尾鴻平 NAGAO Kohei ,長尾ふみ NAGAO Fumi,成山亜衣 NARIYAMA Ai 長谷川由貴 HASEGAWA Yuki, 廣田美乃 HIROTA Yoshino, 美崎慶一 MISAKI Keiich, 吉原英里 YOSHIHARA Eri
Facebook友達の皆さん、ぜひぜひ見に来てください。
とっても保守的なタイトルですが、現代美術を生きるアーティスト達が花鳥風月の世界に出でて、筆を振るってくれます。
植木鉢から広がる絵画世界、お楽しみに!
11日土曜日には、パーティも開催します。午後5時より。
作家たちも集まりますので、ぜひお気軽にご参加ください。
リビングに植木鉢を一枚・・・。


Photo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 31, 2017

田中詩奈個展  2017年1月31日(火)~2月5日(日)

田中詩奈個展 
2017年1月31日(火)~2月5日(日)


http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/TANAKAshiina2017.html

パネルやキャンバスといった支持体は、一枚の平面状の物質でありながら、その表面は水面の様な性質を持ち、ホログラムの様にその先にある世界を私達に見せてくれます。
そんな二面性をもつキャンバスに浮遊するように浮き出るイメージを投げかけ、その結果、キャンバス上で起きた変化や新たに生まれたイメージを描いています。
近年では、画面上でモチーフを反復させ動きをつくり、画面上の動きの中で生まれた変化に注目し、似ているようで似ていない不安定にも思えるリズムを描くことで、無常な世界観を表現しようと日々制作しています。 田中詩奈

Title


1991年 福井県生まれ
2014年 京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科油画分野 卒業
2016年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画・版画領域 修了

<展覧会歴>
2013.京都嵯峨芸術大学芸術学部造形学科油画分野 選抜展
「SAGA DASH 2013」 (京都 art space MEISEI)   

2014.
愛知県立芸術大学大学院1年油画・版画領域 研究発表展(愛知県立芸術資料館/愛知)
北野アートセンター・ビエンナーレ2014(ギャラリー新/福井)
Semantic Portrait 2 展(Oギャラリーeyes/大阪)

2015.
第26回美浜美術展(福井県立美術館/福井)
第60回新世紀美術展(東京都美術館/東京)
愛知県立芸術大学大学院2年油画・版画領域 研究発表展(愛知県立芸術資料館/愛知)
ギャラリーへ行こう2015(ギャラリー数寄和/東京、滋賀)
川上真由香・田中詩奈・構亜利沙 展(ギャルリーくさ笛/愛知)

2016.
Between the scene and the form 2016
大津安以 田中詩奈 展(Oギャラリーeyes/大阪)
平成27年度 愛知県立芸術大学卒業・終了制作展(愛知県美術館ギャラリー/愛知)
うのゼミ展 2016 (Steps gallery/東京)
第70回記念 二紀展 2016 (国立新美術館/東京)

・・

画面上で揺れ動く線、行為描写と重なり合って色面とリズム感を組み立てます。繰り返し描かれるモチーフは、同一画面に異なった時間をピンナップ。線の流れは変容するレイヤーをつくり、曖昧な意味の波紋を広げてゆきます。
京都嵯峨芸術大学から愛知県立芸術大学大学院へ。2016年春に修了後初個展。ご高覧ください。ギャラリーモーニング


・・

次回の展覧会
「植木鉢のある風景展」
http://gallerymorningkyoto.com/2017exhibition/stilllife2017.html

大﨑真理子 OSAKI Mariko, 岡林真由子 OKABAYASHI Mayuko, 上坂秀明 KOSAKA Hideaki,柴垣美恵 SHIBAGAKI Mie 高木智子 TAKAGI Tomoko ,長尾鴻平 NAGAO Kohei ,長尾ふみ NAGAO Fumi,成山亜衣 NARIYAMA Ai 長谷川由貴 HASEGAWA Yuki, 廣田美乃 HIROTA Yoshino, 美崎慶一 MISAKI Keiich, 吉原英里 YOSHIHARA Eri


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2017

「Favorite Art View」 1月17日-28日

Favorite Art View
1月17日-28日(土曜日終了)

リビングに、かけられる現代美術作品を展示販売しています。

長谷川由貴、中津川浩章、山部泰司、河崎ひろみ、中道由貴子、上坂秀明、廣田美乃、濱野裕理、松尾勇祐、栗田咲子、福村真美、矢野洋輔、梶木奈穂、吉原英里、クボタケシ、海老優子、高木智子、田村洋子その他。(展示順)

Favoriteartroom2a


| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2016

ギャラリーモーニング2016年の展覧会リンク

2016の展覧会
http://gallerymorningkyoto.com

SAKAI Haruka 酒井遥 1.16-24 「吊革の森」
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/sakaiharuka2016.html

UKON Akane 右近あかね 1.26- 31 「ブルーシートの丘の上」
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/UKONakane2016.html

FUKUSHIMA Nana 福島菜菜 2.2-7 「歩く花」
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/FUKUSHIMAnana2016.html

MUTOBE Yuko 六人部侑子 2.9-14 FACE to FACE
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/MUTOBEyuko2016.html

TSURUI Kanako 鶴井かな子 2.16- 21
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/tsuruikanako2016.html

FUKUMURA Mami 福村真美 3.1- 13
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/fukumuramami2016.html

PRINT 9 版画旅行9 3.15- 27
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/PRINT9.html

上村亮太 UEMURA Lyota・右近あかね UKON Akane・河崎ひろみ KAWASAKI Hiromi・川村紗耶佳 KAWAMURA Sayaka・木塚奈津子 KIZUKA Natsuko・田村洋子 TAMURA Hiroko・橋本尚恣 HASHIMOTO Naotsugu・廣田美乃 HIROTA Yoshino・本田このみ HONDA Konomi・マツモトヨーコ MATSUMOTO Yoko・丸尾紘美 MARUO Hiromi・宮本承司 MIYAMOTO Shoji・森本由貴子 MORIMOTO Yukiko・吉原英里 YOSHIHARA Eri・四塚祐子 YOTSUZUKA Yuko

MATSUO Yusuke 松尾勇祐 3.29 - 4.10 『街色ララバイ』
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/matsuoyusuke2016.html

KAWASHIMA Keiju 川島慶樹 4.12-24
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kawashimakeiju2016.html

KUDO Masahide 工藤政秀 4.26-5.1
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kudomasahide2016.html

KURITA Sakiko 栗田咲子 5.3 - 15 「たまたまをしこたま」
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kuritasakiko2016.html

大森翠・北中且子・中津川浩章・関根勢之助 「もうひとつの森 」5.17- 29
Another forest. It is abstract
Omori Midori,Kitaura Katsuko,Nakatugawa Hiroaki & Sekine Seinosuke
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/abstract2016.html

HIROTA Yoshino 廣田美乃 5.31- 6.12
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/hirotayoshino2016.html

NAKATSUGAWA Hiroaki
中津川浩章 6.14- 26 
"Love is hidden in the woods.”
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/NAKATSUGAWAhiroaki2016.html

SUGIMOTO Jyun-ichiro
杉本準一郎 6.28-7.3
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/sugimotojunichiro2016.html

YAMAMOTO Kazuhiro 山本一博 7.5- 10 ゆめかうつつ
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yamamotokazuhiro2016.html

YOSHIHARA Eri 吉原英里 7.12- 24 午睡
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yoshiharaeri2016.html

KAJIKI naho 梶木奈穂 7.26-31 曇天のデイブレイク
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

Anchyng Cheng TEI Ansei 鄭安晴 8.2-7
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

IIDA Masato 飯田真人 8.20 - 28
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

"I remember” 栗田咲子 KURITA Sakiko & Favorite Art 8.30- 9.11
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/FavoriteArt2016.html

栗田咲子 KURITA Sakiko 松尾勇祐 MATSUO Yusuke
中津川浩章 NAKATUGAWA Hiroaki 廣田美乃 HIROTA Yoshino
六人部侑子 MUTOBE Yuko 鶴井かな子 TSURUI Kanako
山本一博 YAMAMOTO Kazuhiro 梶木奈穂 KAJIKI Naho
山部泰司 YAMABE Yasushi  吉原英里 YOSHIHARA Eri
飯田真人 IIDA Masato 上坂秀明 KOSAKA Hideaki ,and more.

HAMANO Yuri 濱野裕理 9.13- 18
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/hamanoyuri.html

NAKAMICHI Yukiko 中道由貴子 9.20 - 25
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/makamichiyukiko2016.html

SHINOHARA Minami 篠原南 9.27-10.2
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ShinoharaMinami2016.html

Impression5 5人のイラストレーターによるリトグラフ展  10.4- 10.9
大沼 透、鎌田 光代、河井 いづみ、マツモト ヨーコ、芳野
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/Impression5kyoto2016.html

TAMURA Ken-ichi 田村研一 10.11- 23
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/tamurakenichi2016.html

KAWASAKI Hiromi 河崎ひろみ 10.15- 20
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kawasakihiromi2016.html

HASEGAWA Yuki 長谷川由貴 11.1- 6
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/hasegawayuki2016.html

ISHII Makoto 石井誠 11.8- 13
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ishiimakoto2016.html

YOTSUZUKA Yuko 四塚祐子 11.15 - 20
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yotsuzukayuko2016.html

YAMAMOTO Maiko 山本麻衣子 11.22 - 27
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yamamotomaiko2016.html

EBI Yuko 海老優子 11.29- 12.11「夜の雲間」
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ebiyuko2016.html

TAMURA Hiroko 田村洋子 12.13- 18
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/tamurahiroko2016.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2016

田村洋子 木版画展  2016年12月13日(火)~18日(日)

時雨れて北山の重なりが見えたり見えなかったり。
夜の一番短い日が近づいています。
ギャラリーモーニングより今年最後の展覧会のお知らせです。

Tamurahiroko

田村洋子 木版画展 
2016年12月13日(火)~18日(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/tamurahiroko2016.html

幼い頃から見えない場所、知らない時間を想像したり空想することが好きだ。
勝手な空想をして一人で怖くなることもある。
特に想うのは、植物や鳥や食べ物のこと。
朝目覚めたら、実が大きくなっていたり色づいていたり。
花が開いていたり。夜は静かだった鳥がありこちで鳴いていたり。
私が眠っている間のこと。本を読んでいる間のこと。
何をしていたの?
どこにいて、どこへ行くのだろう?
どうやって?

木版画は頭の中のイメージを直ぐには形にできない。
イメージを反転させて、色を分けて、彫刻刀で少しずつ版木を彫り進む。
その間にもイメージが膨らんだり変形したり。
木の節にぶつかっって思い通りに進まなかったり、木目にうっとりしたり。
自分と木とイメージと対話する感覚。
出来上がった作品が、初めのイメージ通りだったり少しずつ違っていたり、
予想外だったりすることがまた私をワクワクさせる。/田村洋子

・・・
・・

田村洋子 TAMURA Hiroko 略歴
1985年 奈良県生まれ
2010年 京都精華大学 芸術学部 版画コース卒業

個展
2011,12,13,14,15年
田村洋子木版画展 (gallery morning/京都)

ほかに
2008年 via art osaka2008入選、出展(サンケイビルブリーゼタワー/大阪)
2009年版画小学校(元立誠小学校/京都)
2010年関西七芸術大学版画ポートフォリオ展(石田大成社ホール/京都)
2013年・2014年京展入選(京都市美術館)
2014年新鋭木版画作家展(養清堂画廊/東京)、イレブンガールズアートコレクション展に出展し各地百貨店での企画展にも参加。
      

実際に自分で育てている野菜や食べ物にまつわるあれこれが登場する空想の物語を、
作家ならではのあたたかな色合いの木版画で表現しています。
日常からすこしだけ離れた時間の流れ、ユニークな発想が楽しい作品です。
ぜひ、ご高覧ください。/gallery morning

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2016

海老優子展 ebi yuko exhibition 11月29日(火) ~ 12月11日(日)

2016_2

海老優子個展「夜の雲間」
2016年11月29日(火)~12月11日(日)絵画(月曜・定休日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ebiyuko2016.html

「夜の雲間」
 山の上で眠り続ける巨人。
 静かな寝息は山肌を滑り下りながら雲になる。
 何も知らない下界の人々。

 姿形が消えてしまう程の深い眠り。

 雲間からのぞいた星の夜。
 束の間の休戦。

 昼間には見ることが出来ない、 
 夜の雲間に。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2016

植木鉢のある風景展 大﨑真理子 岡林真由子 上坂秀明 柴垣美恵 高木智子 長尾鴻平 長尾ふみ 成山亜衣 長谷川由貴 廣田美乃 美崎慶一 吉原英里

Ad


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2016

山本麻衣子個展  2016.11.22(火)-27(日)(絵画)

今年は、みごたえのある紅葉です。そしてアートも真っ盛りの京都です。

Worksii

山本麻衣子個展  2016.11.22(火)-27(日)(絵画)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yamamotomaiko2016.html

「森からはじまる」
眠れない夜、アトリエにいると、そこはどこかの森になる

鳥が鳴いて 蕾が開いて 風が吹いて 葉っぱが揺れる
光がきらきらと木の間にふりそそいで花を照らす
私は自然の音に色に香に 心を洗われる

昔からある森の記憶は今も私の心を離さない

恐ろしくなることもある
逃げたくなることもある
大きな自然の中で私たちはとてつもなく小さないのち

限られた時間の中で どれだけのことができるのだろう

歩いていくことは生きていくこと
出会うことは知ること
見つけることは考えること
感じることは素直になること

自然の中にいると、透明になっていく自分に気づく

自然の中でもらったひとつひとつのかけがえのない記憶と感触
そのひとカケラでも、絵の中に残したい

私にとっての絵はそんな小さな宝箱のようなものなのだと思う

大切なものを大切に
そんなシンプルな表現がしたい

山本麻衣子


1984年滋賀県生まれ、京都造形芸大大学院芸術研究科芸術表現専攻修了。
滋賀、東京、京都で個展、グループ展多数。
gallery morningでは2011年から毎年開催して6回目。
一貫して、花をとおしてそのときの気持ちや純粋な印象を油彩で描いた作品。
是非、ご高覧ください。/gallery morning

・・

次回の展覧会
海老優子展 EBI yuko exhibition 11月29日(火) ~ 12月11日(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ebiyuko2016.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2016

四塚祐子展 YOTSUZUKA Yuko Exhibition 11月15日(火)〜20日(日)

Yotsuzukayukoworks1

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yotsuzukayuko2016.html

プロローグ1 
何年か前のある日、母と実家の畑の近くにある雑木林を歩いていると、枯葉の中に直径50cmほどの水たまりがあった。
母が言うにはここか ら1kmほど先の井戸を用がなくなったので井戸の持ち主が埋めたところ、しばらくして、この雑木林の中に、水たまりができたそうである。おそらく、地下の水脈を通って、雑木林の中に水が湧いたのであろう。
その話を聞いたとき、 私たちの世界にも目に見えない水脈のようなものが至る所に張り巡らされていて、私と遠いどこかともつながっているような気がして、うれしい気持ちになった。

プロローグ2 
なぜだかわからないが、子供のころから夜の暗闇で光を見つけると、そこに何があるのかだれがいるのか、知りたくなる。
それと同時に無性に心に何もまとわない、言葉や考えを持ち合わせていない素の自分を感じて、戸惑ってしまう。

四塚祐子


 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2016

石井誠展覧会 「A Herald of Atlas」  2016.11.8(火)-13(日)

Worksa

カエデの紅葉が枝先ではじまっています。京都岡崎。

石井誠 個展「A Herald of Atlas」 
2016.11.8(火)-13(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ishiimakoto2016.html

ギリシア神話において、巨躯を以て知られ、両腕と頭で天球を支える「Atlas」(アトラス)

16世紀ネーデルランドの地理学者Gerardus Mercator(ゲラルドゥル・メルカトル)によって
地図帳の表紙に描かれたことから地図を指すこともあるこの言葉は、我々が通常知覚できる
枠組を超えた、信仰の対象としての巨大な神や大地を示している。また日本においては、
民間信仰や神道の根底にある、大小を問わず、あらゆるものへ神が宿るとされる「依り代」
という器や領域としての神体、神域を指す言葉がある。

「A Herald of Atlas」とは「誰にも知られずに、ひそかにアトラスの到来を告げる者」の意
であり、信仰という形で"我々を支えてきたもの"を世界規模から、身近な事象まで
"アトラスの依り代"としての視点からとらえ、技術発達の行き着く先、失われてゆく
文化風習などをモチーフにやがて到来するであろう新たな技術やエネルギー、文化に
対して、それを受け入れることのできる”依り代”であり"使者"になりうるものは何であるか。
それは果たしてこれまで我々を支えてきたものと同じく信仰すべきものなのかを問う。/石井誠


ISHII Makoto 略歴
1986 北海道札幌市生まれ
2010 道都大学 美術学部 卒業
2013 京都精華大学大学院 芸術研究科 博士前期課程 版画専攻 修了
滋賀県在住

2012 Too young -見たことが無いふつうの展覧会-/ギャラリフロール(京都)
2012 京都・イギリス国際版画交流展/京都市立美術館(京都)
    ※2014イギリス交流展 2016オーストラリア交流展
2013 個展「works2012-2013」/TO OV(北海道)
2014 「零のゼロ」/埼玉県立美術館(埼玉)
2014 石井誠・川口巧海二人展「パラケルススの毒性学」/ギャラリー犬養(北海道)
2016 石井誠・大泉力也二人展「残響と共振」/TO OV(北海道)
2016 FAbULOUS WALL ー October [石井誠]/FAbULOUS (北海道)
2016 ART FAIR SAPPORO 2016/クロスホテル札幌(北海道)※2016.11.26-27

2010 国展 奨励賞
2011 国展 新人賞 

主に北海道で発表、京都では初の個展。
石膏刷り、シルクスクリーン、彩色による半立体作品など約40点を展示しています。
『これまで世界を支えてきたもの、それに変わって支えるべきなにものかの到来をテーマに(石井)』象徴的な、言葉、遺伝子、飛行機、ロボット、コンピュータなどが作品化され物質感をともなって化石のようにもみえます。
石膏というベースに、遺伝子から言葉の誕生と欠落、技術発展と中心に有るべき心の動きまでを溶かし込んで表現しています。/gallery morning


※作家在廊日は、11日〔金〕12日(土〕13日(日)です。


・・

次回の展覧会
四塚祐子展 YOTSUZUKA Yuko 11.15(火〕- 20(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yotsuzukayuko2016.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«長谷川 由貴 個展 HASEGAWA Yuki Exhibition「Veil of Species」  2016.11.1(火)-6(日)