« January 2005 | Main | March 2005 »

February 28, 2005

はな満足の今出川界隈

tenjinUSHI

千本今出川でバスを降り
北へ
五辻通りを越えた所にある「珈琲茶館」でスタンダードとコロンビアを200グラムずつ買う
ほどよく焙煎された珈琲豆が粉々になる時の香りは、最高

五辻通りを西へ
北野さんの門が見えてくる
今度は、梅の香りが鼻腔を流れる

門を入る前
一筋の香りは
カラダを一挙に目覚めさせてくれる

日曜日は鼻を先頭に歩楽な、いちにち

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2005

話題の一編、再録

buranko

●子ども●

批判ばかりされた子どもは
非難することをおぼえる

殴られて大きくなった子どもは
力にたよることをおぼえる

笑いものにされた子どもは
ものを言わずにいることをおぼえる

皮肉にさらされた子どもは
鈍い良心のもちぬしとなる

しかし、
激励をうけた子どもは
自信をおぼえる

寛容にであった子どもは
忍耐をおぼえる

賞賛をうけた子どもは
評価することをおびえる

フェアプレーを経験した子どもは
公正をおぼえる

友情を知る子どもは
親切をおぼえる

安心を経験した子どもは
信頼をおぼえる

可愛がられ抱きしめられた子どもは
世界中の愛情を感じることをおぼえる


(「あなた自身の社会 スウェーデンの中学教科書」から抜粋 川上邦夫訳)
朝日新聞2005.02.24より

北欧の国々は環境先進国と呼ばれたり
年金、医療、福祉、ワークシェアーなどの市民サイドに立った改革が進んでいると聞く
耳を傾けるべきコトが、きっとたくさんある
皇太子が引用したという一文も
しっかりと共有しなければならないものだと思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2005

さむーい、ぬるーい

シャコバサボテンが最後の花を咲かせています

ランのつぼみが高度を上げて、蜜をしたたらせています

チューリップが順番を確認しつつ顔をだし

なぜか雀たちも元気

ベランダにも春の先発隊がやって来ているのかも

目の前のニュースは

ゆーったり


syakoba

朝から散髪に行ったり

夕方、ふらりと映画に出かける

ロールケーキでお茶の時間、気付くと3時過ぎ

仕事に身が入らない時も

OK、まだ大丈夫だって

ゆるす

そんなこんなで来たのだから

急にスパートもできないし


「トトっ」てゴムの木からハッパが、机に落ちた

寒さ防備のために室内に入れたゴム

陽のあたらなくなった葉を黄色くさせている

毎年の出来事

ヒーフーミーヨー、イツ、ムー、ナナ

枝の幹に近い方から、色が変わっている

順番

先に出たハッパが先に落ちる

できるだけ、軽くなって

それから、トトッ、と

ベランダのゴムの木は春の冷たい雨に濡れている


oribegreen

このグリーンは、他にない

形も意図されたなかの偶然に身を委ねて生まれる

炎は、コントロールできそうで、自然の一部

割れなければ、僕が死んでからも、ずーと使える

見つめると、なんか手に取りたくなる

そうすると、なんかここイイって

発見がある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2005

心地いい水辺への回帰

seseragi

靭公演
午後3時
都会のせせらぎに集まる親子

こんな場所が必要なんだと思う
高層マンションが建ち、都会に住む人が増える

のんびりできる公園があると
マンション暮しも、ちょっと、膨らむ

70平米の外にある空間
やっぱり、地域の豊かさが、欠かせない
ワンダフル.バリューを生み出す

夏になったら子どもたちは
どんな風に遊ぶんだろー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2005

トヨタエゴ、日産エゴ、ホンダエゴを乗り越えて

駅伝を応援に行った中学生の列に車が突っ込んだ
何人もの女子がなぎ倒され、飛ばされ、下敷きになった

テレビに、現場の模様が映し出される
血が流れている
「名前は言えますか?」
「どこかいたいところは?」

テレビドラマ「ER」で映し出される濃密な作りごとではなく
ドキュメントだ

ちょうど昨日
春からの日産の執行役員の発表があった
カルロスゴーン氏から志賀俊之氏に引き継がれる
なんと、NHKまでニュースに取り上げていた

同時に日産広報は社内モニターに車庫入れの際に俯瞰で車の位置を確認できるシステムと
走行中、車が不要に横に流れて左右のラインやを超えると自動ブレーキングでもとに戻す装置を発表した

トヨタにも狭い道路から大きな道路へできる時の確認装置があるらしいし
ホンダも夜間の人を遠赤外線カメラにより検知し運転者の注意を促す、世界初の「インテリジェント・ナイトビジョンシステム」 という安全装置が付く高級車がある

すばらしい技術がいっぱいある

しかし
どれも高級車を販売するための差別化商品
売りのセールスポイントになっている

経済界のトップを担う、トヨタの偉いさんもライブドアの商売のやり方を批判していたけど
そんな暇は、ない
・・・・どのクルマに装着するのか、もちろん高級車、ってイウジャナーイ
あなたもすばらしい経営者ですから〜。残念ーん・・・・
reikyusya

命の問題がかかっている

政府は何をしているんだろう
各社が持つすばらしい技術を融合して全車に乗せる
「命の安全を守るために、車業界各社は安全技術を公開、統合し2006年中に全車に搭載するコト」
そんな、未来を先取りした発想を法律にできないのか

ひとりは、死亡した
多くの中学生は病院のベッドに横たわっている
家族はもう、心痛ではち切れんばかりだろう

そして、これは、何時自分に降り掛ってきてもおかしくない出来事だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2005

靴を捨てた

kutu

これでもバリー
パリで買った
いいものは長く一緒にいられる

16年の感謝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なぜ、薄型テレビが欲しくなるんだろ

Bob

1インチ1万円
大型で薄いテレビの値段
50インチなら50万円というわけだ
しかし、もうすぐ1インチ5000円時代が一般化すると予想されている

そーすると「50万円ではちょっとなー」と考えていた人が買いはじめる
どんどん売れて大量生産&消費が回りだす、値段が下がる

アレッ、これっておんなじコトの繰り返しじゃん

豊になる、お金がたまる、大量生産のための工場ができる
コストが下がる、買う人が増える、値段が下がる。
買える!

でも、テレビがテレビに変わるだけで
昔のようには豊にならない
グンをぬいてよい生活がやってくる訳じゃない
もちろん、給料が増えている訳でもないし

作る方だって、競争を勝ち抜くために、利幅を抑えてがんばっちゃう

ブラウン管のテレビなら25型、3万円てのもチラシに出ている
角度によっては見にくく、色も悪い薄型テレビ
じゃー、なぜ?

亀山や尼崎にできる工場が注目されているけど
その裏側でブラウン管の生産ラインは順次、廃止されていく
より、自動化の進んだ工場
人は・・・・どんどん必要なくなる

転がる雪だるま、どんどん、大きくなり加速する
ものを買い、消費するコトで
幸せが拡張する? って経済の循環

雪だるまが、転がりゆく、その先は、気温の上昇が待っている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 17, 2005

Wonderful value、そして、その先にあるもの

velo

昔、マクドでハンバーガーが半額で食べられた
「平日半額セール」だ

昼時のマクドを覗くと、サラリーマンの姿がめだった
折しも不景気まっただ中
ハンバーガー2個と自動販売機で買った爽健美茶で、公園のベンチでランチするおとうさんもいた

セール当初
ベットタウンの店舗にはベビーカーを押したお母さんが
本来、脂っこいものを食べない中高年も押し掛けた

販売個数は年間で4.8倍
延べ来店者も18.3%増え、13億1800万人

目の前の売上を大増進させ、懐にした藤田田氏は
「平日半額セール」の勢いのあと上場を果たし
その後
売上不振の責任をとって退き、間もなく亡くなった

マクドは、飽きられた
すなわち、1年で5年分の未来を食ったから

いま、豊かさを享受している生活の先に
私たちの子孫の未来がある
ツバルで海岸に石を積み上げるオジイの姿がある
京都議定書のニュースを聞きながら
マクドナルドのことを思った

macd

| | Comments (0) | TrackBack (1)

ホットでクールな大矛盾。自動販売機からまずナクナレイ!

jidouhanbaiki

無駄ってなんだろう

AAAの冷蔵庫の年間の電力消費量は5000円を超えない
驚異的だ
十年ぐらい使っている冷蔵庫は1万円以上電気代がかかっているらしい
うちのは、17年使っているのでなおさら

計算上は、つぶれる前に買い替えても十年使えば元が取れる。

ヨドバシに行くと50種類ぐらいの冷蔵庫が犇めいている
その種類の多さ!
日本経済は、ピークを過ぎて下り坂のはずが・・ハンパじゃない
「モーこんな感じでエーよーって感じ全然ない」
選ぶのにも時間がかかり疲れる


たぶん冷蔵庫を、買い替えるのは今使っているのが壊れて、せかされてになると思う


京都議定書実現の一歩のために、考えた

世の中にいっぱいある自動販売機
特に、缶コーヒーの冷えたやつと
ホットが一緒に入っているヤツ

ひとつのなかで温めて、その横で冷やしている

アレ、あれは要らないのでは

できるだけコンビニで買う
そうしようと思う

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 16, 2005

絵に描いた乾燥ワカメ

kikyu
京都新聞ニュースより

今日、京都議定書が発効される
7年間かかった環境ルール

温室効果ガスの排出を削減しなければならない
世界で150ヶ国あまりが参加する
1990年基準にてらして最低5%以上削減

どうすればいい?

朝日新聞のトップは、「ゆとり教育全面見直し」
広告局がもくろんだ「京都議定書発効」特集は
経済産業省資源エネルギー庁と財団法人省エネルギーセンター
の見開き30段で「省エネ型製品普及推進優良店」のシンボルマークをデカデカと扱っているのみ

アメリカが「経済に深刻な打撃を及ぼす」として離脱した
キビシイ取り決め、のはず

あいかわらす、狭い道の奥まで車が入る。エンジンをかけて休息している人がいる
高層ビル建築はひっきりなし。建築資材を運びあげる工事用エレベーターはうなりをあげる
ホットとアイス、両方を売っている自動販売機は何台も並んでいる
ブティックのドアは客を迎えるために開け放たれ、エアコンの屋外機は回りつづける
トヨタは最高売上を更新して、ひとり勝ち

窓から見える風景の本質は変えられるのだろうか?

ここ数年
実は?
もちろん!!
排出量は増えている
2005年、日本の二酸化炭素などの温室ガス排出量は逆に8%も増えている(2003年速報値/産經新聞)

目標を達成するためには、14%もの削減が必要(2012年までに)
7年で14%なんて
すごいジャン

参加を見送った、ならずもの国家アメリカが正直者に見えてくるなんて、イヤだ

イベントではなく、日々の生活で「どうするか」
もうすこし、知っておきたい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2005

Macintoshは未来だ

apple

Macintosh
注文したミニが、まだ、やってこない、2ー3週間待ちだから、まだもう少し、シンボウ
写真は、現在の頭の中の情況スキャン

去年はマック誕生20周年

1986年、太平洋を越えてきたマシンに触れた、あの時
コマンドなしにコンピュータという道具とコミュニケーションできた時のことは忘れない

今では、当たり前だが
机の前に座っている状況と同じ
ラックがあり、ファイルがあり、ゴミ箱がある
クリック! マウスを押すといろんなコトがはじまる

学ばなくても直感的に使える、道具として役にたつ
そして、仕事になる

インターフェイスの概念は残念ながら今もほとんど同じ
その発想は、コンピュータを動かすための共通の財産として多くの人が使っている


天下のBIGな松下がジャストシステムに対して起こした特許侵害訴訟
アップルが解き放ったグラフィックユーザーインターフェイスのおおきな概念のコトを考えると
まったくもってはずかしい
あのレベルの特許を自分達だけのものだと主張する松下って、あの門真にある企業かいな、ホンマに
それを認めてしまう司法も、悲しいけど
幸之助さんがいれば「もーえーかげんやめときなはれ」って叱らはると思う
公共の道路で陣取りゲームしている子どものケンカだ

みんなが簡単に、ラクショーにコンピュータを使えるようにと
Macintoshが示した未来の一部にすぎない

20年たって小さく速くなって、手のひらに乗ったマック
そろそろ次は、コンシェルジュみたいな思いやりを提供してくれるOSをインストールしてくれるかも、なんて
3%ぐらい、期待している

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二酸化炭素を出さない日曜日

雑貨屋、喫茶店、定食屋、古本屋
京都の学生街(東山今出川)散歩は情報量が多い

しかし、自転車が歩道を行き交う数も半端じゃない
ひっきりなしに右に左に避けないといけない

オランダだっけ、自転車道を整備した街があった
自転車と人の共存を目指す考え方

自転車と人が心地よく暮らせる町、作りたいなー

府警の署長や市長は、自転車のコトなんて考えるのかなー
京都議定書が発効される今年、要職者にはいろいろ考える機会があるはずなんだけど

jitensya3

日曜日は、すずき、虹、16、ブルーパロット、シサム工房、グランピエ
ギャラリーと古道具屋とアジアン系雑貨屋をひと回りし、黒田辰秋作のテーブルでコーヒーを飲んだ

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 12, 2005

なにと共存をめざすのか

jitensya2

主人公は変わるはすだ
もう、21世紀

あの万博がピークだったよな
クルマも!?

京都議定書時代の主人公はまだ追いやられている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2005

●踊りのきほん体験教室●

踊りのきほん体験教室のご案内

会   場 西成区民センター二階
      地下鉄四ツ橋線「岸里」駅下車2番出口すぐ (大フィル会館西隣)
日   時 2005年2月20日(日曜日) 午後2時から3時半頃
指   導 花柳紫之亟 師 (花柳流師範・NPO法人伝統文化みおつくし倶楽部代表)
主催・企画 K・Move(小林・寺久保・堀内) 
体 験 料 2005円 定員15名


興味はあったけどチャンスがなかったという方、きものを着ると動きがぎこちないという方、からだを動かしてみたいという方、日舞初心者向けの基本的な立ち居振る舞いと簡単なお稽古を一緒に楽しみませんか。
背筋を伸ばして「座る」「立つ」「歩く」「挨拶をする」ことからはじめる基本の「き」。
袂(たもと)のあつかいもありますので、浴衣や着慣れたきものでの参加をおすすめします。

持ち物/洋服で参加の方も足袋か靴下をご用意ください。
    舞扇があればご持参ください。
*数に限りがありますが舞扇は貸し出しもできます。お問い合わせ下さい。
 

●申し込み方法・締切り
下記まで電話・ファックスでお願いします。
参加される方のお名前、お電話番号をお知らせください。
定員になり次第締め切らせていただきます。
キャンセルは三日前までにお願いします。
申し込み先(月〜金)
T 06-6532-7646 F 06-6532-1761
K-Move寺久保香奈子まで(モーニングカンパニー内)
※会場は午後一時から開けております。
着替えが必要な方は、受付をしていただいたあと二時までにご準備ください。
お申し出くだされば着付けのお手伝いもいたします。
※教室終了後、ささやかな交流会を予定しています。お時間があればご参加ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2005

ススメ、注意して進め、車がこなければ進め

appleDVI-ADV2

アレ、信号が
御堂筋、周防町の信号がひときわよく見える
赤信号がドットだ
黄色も明確
青もシンとしてはっきり

さすがに大阪のメインストリート
発光ダイオード使用信号だ

あまりの日和のよさにアップルストアへ散歩に

1GのMacintoshMINIをアップルストアで買うと値段が高くなると聞いて
持って帰ることを断念、ネットで購入した
まてども、まだやってこない、が

今日購入してきたのは
Apple DVI-ADCアダプターキット
¥11,340
モニター接続に必要だ

きっと箱の大きさは同じぐらい
ミニのつもりで、タノシム
背中に引っ掛けて来た

本体、早く来ないかなー

帰り道
四ツ橋筋の信号は
まだ、ノボーンとした、見なれたやつだった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寒さゆるむ朝に

朝、ベランダを掃く
植木鉢を動かし
セッセ。セッセ。
すぐに身体があたたまる

雨上がりのせいか
春が近い

高校時代、少林寺拳法の道場で修行をしていた
練習前に道場のあるお寺を掃除する
ご時世で大半はコンクリート固めの駐車場
でも、奥には、庭があり、池がある

そこを掃除していると
ほんとに、気持ちよく
役にたっている、みたいに思えてた

伽藍、庭、広がる空間
そのなかで機能している「自分」
禅の道具仕立てにはまれた時代

kouyasanmornng
(高野山の朝日)


日々
コンピュータはつけるんだけど
帚も雑巾も毎日は使わない


今日の気持ち良さを
すぐに
忘れてしまうんだなー
これが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2005

フフ歩楽ララでニュートラルマインド

カレーってさ、何かノドを消毒してくれるみたいなカンジない?
先週からのどがちょい風邪気味
だから、ホットなカレーランチに出かける
焼き立てのナンが、これまたナカナカの近所の店

と、外で赤ちゃん抱えた人がバギーを持ち込もうとしている
店の人が席を作り、入って来たら
知り合いだった

アレマ、これはこれは
昔のゼミ生
もう、二人めが生まれたのか
ヤルネー!
初お目見え

男の子
愛想がイイ
笑ってる
なんて、無邪気なエガオなの
なんか、ホワホワって

アリガト

のどから食道関係はカレーでホットになったし
気分も、とっても、ほどけたし

おいしいものと母子の笑顔
ごちそうさま

今日は、昼からよーく仕事ができたなー
ニュートラルマインドのパワーかなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イイ春にしたいなー

kirakira
いやあー、よかった
と、喜べる就職決定! メール
「京都のデザインプロダクションに就職決まりました」報告があった
めでたい
東京へ行く者、京都に残る人。みんな自分の場所で実力を発揮してほしい

いま、決めると思いっきり、遊べる!
何と言っても4回生にとっては、最後の貴重で長期なお休み

ズウウーっと岐阜の大日岳でスキーとマージャンに明け暮れていた春を懐かしく思いだした
(そーいえば、今年も雪がいっぱい。春スキーはグッドかも)
最後の休みをオモキシ遊べた、それだけでも内定があったのはすばらしいコトだった

今、何となく仕事作れなくて、大阪デザイン業界は暗い
やってもやっても請求書が書けないとコピーライターがぼやき
プレゼン勝っても仕事が動かないとデザイナーが憤る
受けにまわるとデザインの業界は体質的に弱い

企画書は「馬にくわせるぐらい書きまくれ」
誰が言ったことだったけなー
企画書を仕掛けないと花も開かない、春もこない
宝くじと一緒かーア 買わない人にはチャンスはない

とにかく、社会人になれば大学に投資した授業料・・
あ、自分にか
7ー800万円からのお金はゆっくりかえってくるめどが立つ
何年か辛抱すれば、利子も生まれる時がくる
経験積んで、仕事を作れる人になれば、ニョキニョキと・・
通帳の残高も0円から離れだす

「ほんとかー!?」
「そんなん、うそや」
まー、天満橋のコピーライターさん、
そんなに厳しくツッコマントッテエなー
エエトキもあったやん

大きな企てを文字にして
なんとかこれからも生き残っていきましょう、お互いに

もうすぐ、モクレンがボカリと白い花を開く春なんだからさー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2005

みずから、参加するコト、しかない

kusakawatyou2005
パッチギ! を観てあの頃のコトをいろいろ想った

将棋さしをドロップアウトしたおじいちゃんは、
隣のカフェーが駄菓子屋になった店の床几で毎日のように
近所の人と将棋をしていた

僕らの草野球チームには昼間からノックをしてくれる昔
庄屋だった家系のおじさん

夏休みの午前中に近所のプールに引率してくれる
河原町でコーヒーショップを経営するおじいちゃん

お寺の境内で野球をしても、文句を言う坊さんはいなかった
境内の雑草を抜く植木屋さんの下働きのおばちゃんが
「きーつけや」と声をかけてくれた

別荘のガレージの裏に秘密基地をつくっても
いつまでもそのままだった

酒屋の横に積み上げられた一升瓶ケースに登って
「おーかん」、キャップをとってもゆるされた

お祭りの夜は、テントが張られ、暗くなってからもみんなで遊んだ
ふろしきを首に巻き、飛んでる気分で走ったなー
何ゴッコだっけ・・

10年ほど前、我が町内会は、大豊神社の氏子を脱退? した
町内会費から自動的に上納されるシステムがおかしいというコトになった
信仰は、個人でするという多数決での結論

昔はお祭りもあり、露店も出た
神輿巡行のとき、近所の老舗料理屋さんは甘酒をふるまってくれた
お札も配られた

今、家々のガレージには、車が鎮座する
店には、床几はなく、自動販売機が並ぶ
お金を払うと手に入るものはふへたけど
・・・けどなー

そして、ボランティアって横文字で
ネーミングされた行為が求められている

最近は、ソフトボール大会の招集もかからない
近所、グローバルより近所を語らないと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2005

ちいさく、うれしい

週末は近所の先輩デザイナーとバドミントンをしている
汗を流して、身体を動かすことはとってもいいコトだ、と実感できる
今じゃ放課後ってないもんねー
公が提供してくれる2時間の体育館使用料は、ラケット借りて200円
ちいさく、うれしい

井筒さんの京都を舞台にした映画「パッチギ!」を見た。
徒歩5分の映画館、映画の日、パラダイス・・・
まだ、放課後をもっていた頃の話し

パッチギ!。
いくつになっても青春を撮れるなんてスゴイ

映画の中の70年代の物語は中学生の頃、語り聞かされたリアルな内容。
映画には、なつかしく、そして厳しかった風景はあんまし、映っていなかった。
立ち入らなかった対岸の風景、街頭テレビの台座がのこってた頃の円山公園、西部講堂

それを記憶のなかの風景と足したり、引いたりしながら観た、妙に感覚が鮮明になった
流れてくる音楽も忘れていた臭いまでを思い起こさせる

そして、時間は流れてるんだという現実を
あの頃との距離感を、強く感じさせてくれた

エンディングテーマの「あのすばらしき愛をもう一度」
最後まで聞きかせてほしかった

carco20
70年代と言えばカルコ20(三条蹴上)
いまはもうない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 03, 2005

水辺のサギ事件

toris

アオサギは何度もくちばしを空に向けてトライした
エーイ、もう一度だ
くちばしの先には大きな、ニゴイ
覚悟を決めている

しかし、大きすぎるらしい

飲み込めない魚と格闘する姿は
まわりの縄張りのサギたちに伝わる
ハハ、ばかじゃないの、そんなに大きなやつ獲って

どれどれ、オレが呑んでやろうか

横どりを狙うやつが来襲
アオサギは、追い払おうとする
陸地におかれた魚がはねる
舞い踊るように
二羽の鷺が空中を回転する

いち、にー、さん、しー、ご
五羽のサギが一匹のにごいに注目
争う二羽を取り囲む

でも、そのサギにでかいものは
他のサギにもデカイ
ツルリと頭から飲み込むのがルールだ

二羽が争っている間に
魚は、落ちてしまった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なだらかな風景

ベランダの雀、時々、お米のおこぼれがないか偵察にやってくる
急上昇、急降下
見事にベランダの鉄柵に止まる

高層ビルが増え
さぞかし飛びにくくなったことだろう
ごめんな

木は、大きくなって背か高くなると
虫やねぐらを鳥たちに提供する
ギブアンドテイク

ベランダで鳩が卵を産んだという
昼間は全く家にいない
コピーライターとデザイナー夫婦のボヤキを耳にしたコトがあるが
木がなくなった都会では
昼間、誰もいないベランダは
大きな楠の枝のようなものなのだろうか

taiboku

大阪でビルを見ながら仕事をしていると
京都で山々の姿を見ながら仕事をしたり、学んだりしている人たちが
うらやましく思える


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2005

デー・アフター・ツマローでっせ

jitensya

ほんとに冷える
そこら中で自転車までもが
たまらず立つ意志をなくしている
(ますます大阪の街角が乱れる)

300エーーーン
えーん、えーん、もう悲痛な鳴き声に聞こえる

路上のお弁当屋さんのおばちゃん
小さなテーブルを広げて弁当を並べる
オフィス街のランチタイム名物
まだ1時までは、20分もある
300えーん  半額か?
寒さの象徴のよう

こんな日こそ、あったかい鍋焼きうどんでも食いたいのに
あのヒエビエ弁当を胃袋に押し込むなんて
できない、やっぱり

だれか焚き火してくれへんかなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »