« April 2005 | Main | June 2005 »

May 27, 2005

堀江的ロハスは、まず歩道を歩きやすくすることから

相変わらす堀江は店の入れ替わりが激しい。KCIA(北堀江中央情報局/よく行く喫茶店)の情報に寄れば一時下がっていた賃貸料が再度上がりだしたとか。

少し前、北堀江と心斎橋駅を繋ぐ道に「ロハス」というカフェができた。
そこは、アメリカ村。
人通りは多いがジモッティの多くが歩きたくない道No.1にあげる道。

ロハスはすでに無い。
ほとんど儲けをあげられないままつぶれた、はず。

LOHAS(ロハス)=健康と環境を志向するライフスタイル Lifestyle of health and sustainabilityコンセプト。それがそのまま生かされた店づくりだった。

しかし、その場所はコンセプトとは全く違うイメージの場所。
東京資本だったのだろうか?
残念。

堀江ならもう少し命を繋いだかもしれない。
でも、それは、少しの差でしかない。
堀江がこれからもっとよくなっていくためには、住人や店のオーナーが町を綺麗にするというビジョンを持つ必要がある。

カッコいい店を作る、同じ気持ちで街も心地よくする。
花を植えろ、木を育てろとは言わない。
車から道を取り戻し、歩きやすい歩道をつくり、自転車を美しく並べる。
そんな小さなコトからはじめる。そんな関係が暖まらないと堀江はよくならない、と思う。

朝、近くの店の人たちが事務所の横に自転車を止めて出勤していく。
自分の店の前には止めない、けど、他ならOK。
そんな発想が堀江の現状
家賃は上がっても、場所の「気」は、どんどん下がっている

地元をきれいに、そして大切に、しませんか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2005

都会のひといき

omine2005

よく雨が降った。雷もなっていた
大阪の街も雨上がりは少し空気がきれいな、気が

ビルの底。小さな四角い空。ひっきりなしに行き交う人。幾台もの車の流れ
スターバックスの外席は、都会の風景に浸る特等席
日曜日、大峯山から帰ってきてコーヒーを飲む
「やはり、これも必需品」

排気ガス、道頓堀のにおいが入り交じって
そこにコーヒーの風味が重なる
目の前にならぶ違法駐車
乱雑に止められた自転車
歩道を狭くする看板
キッタネー

「何でこんな場所でくつろいでんだろう」
マカダミアナッツとホワイトチョコレートクッキーの甘みとブラジルブレンドのコクの対比が久々の山登りで疲れ切った筋肉にしみ込む

「ナンバ駅直結32階建て超高層」「心斎橋に美しきミラノスタイル」「キタへミナミへ自在のフットワーク」
「心斎橋を手に入れる」「都心の悠邸へようこそ」
マンションの広告チラシのキャッチフレーズ
物件特徴の異差化に戦っているコピーライターの仕事

大阪都心部の人口はますます増えていく予定

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2005

コンピュータがなくっても

tsubaki

夜の番組で93歳の製造業現役社長を描いたドキュメンタリーをやっていた
現場のシステムは40年前のまま

使い慣れた手動式の旋盤が現役で活躍し
経理計算はそろばん
図面は手書き
仕事はちゃんと定時に終了
ずっと黒字
給料は社長からの手渡し

そして、社長と一緒に時を過ごした社員たちは
60歳を超えても現役

66歳の設計者が鉛筆でフリーハンドで書く部品の図面は、みごと
はかってみると、ホントに縮尺もばっちりかも
モーツアルトの楽譜の話を思い出す

妙に机が広い。そこには、コンピュータが存在しない

朝起き、庭を掃き、植物に水をやり、床に雑巾をかけ
おつとめをし、花を生け、食事を作る
京都の禅寺(マトモな)の生活を思う

部分を生きずに全体を味わう
Holistic
生活の中心軸で何を大切にするべきか、しっかり考えさせられた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

アップルコンピュータ殿、MacMINI不十分

macmini3

んーん。Macミニのビデオボード系って脆弱
たくさんアプリケーションを動かすと初期のDVDプレーヤーみたいに
ディゾルブかけているような鈍い画面変化になる
残像目立つ

同期がうまくいかず取り替えに、取り替えを重ねて
3台目のMacMINI(まだ一ヶ月)
今また、画面の端に気になる兆候
シネマディスプレイに縦線が残像のように入る

「製品最高? サービス最低!」
もう、アップルストア心斎橋とは付き合いたくないなー

最後の手段はコネクターのいらない相性のいい最新のディスプレイに買い換えろってコトかなー
アップルコンピュータの10万円マシン、やっぱ、安物買いの銭時失いってコト!?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 10, 2005

ブルーベリーと読む?

Blueberry

ラベルがはがされた、裸の瓶を見ていると、でこぼこ発見。
おいしくいただいたブルーベリー。5月の陽射しの中に置くと、きれいでしょ。
食べている時は、気づかなかったけど、気遣いデザインが施されている。
握りやすく開けやすい。そして点字も。超高齢化社会を迎える日本ではいろんなところで準備が進んでいるようだ。年をとるといろんな所に障害というか、十分でない部分が出てくる。誰でもが、やがて感じる障害を減らそうという取り組み。
この前、免許の更新に行って目の検査で、はじめて「違います」と言われたことを思い出す。例の「C」、どっちがあいてますかってヤツ。光の中でニジンで見えない小さなCに戸惑った。発光体に書かれた文字にググっとピントを合わして、結局はOKだったのだけど「きてるなー」って感じがしました。
ひとつの瓶にも、ちょっと先に未来のことを考えてくれた人の叡知が詰まっている。そんなモノにも目がいくこのごろ。

アヲハタのホームページで確認
点字の内容が判明。
{瓶の上部に、「アヲハタ」「ジャム」という点字を入れ、より多くのお客様に判別しやすいようにしています。}
なるほど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

チワワがベンツで

とある公園、午後4時。白いSクラスが止まる。40前後の夫婦とTシャツを着せられたチワワが降りてきて、草むらに消えてゆく。
都会の真ん中は今、マンションラッシュ。一軒家の庭を駆け回って遊ぶワンコはいない。土の上を散歩させられる場所も少なく、遠い。

愛車に乗ってオシッコ。毎日? なのだろうか

公園の所々には、手作りの一戸建てが並ぶ。ホワイトとブルー。日本の所得格差拡大を物語る風景は、まるで接点がないかのように、すれ違う。

Blueseat


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 05, 2005

緑のシャワー(京都御所)

midoriparapara

この日は京都
鴨川河原でバーベキュー
その後、御所のコートでテニス
近場で遊ぶ
移動はチャリンコ

試合待ちでベンチに座っていると
何かがいっぱい降ってくる
若葉の抜け殻?
ぱらぱらぱらぱら

写真には写らないけど
雨のよう
緑の匂いもいっぱい

小さく格納されたハッパが
カバーを脱ぎ捨て
太陽に向けて大きく開く

その時
誰かがデザインした冬越え用の小さなパッケージが
地面に廃棄されていく

言うまでもなく使用済みのパッケージは
引力のシステムによって
ちゃんと土に還る

その間に動物も少し喜ばして
完璧

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »