« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

夏休み最終日  「モノノフ合同会社」誕生。イイコト応援!

高校時代の同級生が、新しいデザイン事務所を立ち上げた。渋谷区広尾
「+++MONONOFU LLC.」
この春からできたLLC(Limited Liability Company)だ
参考→LLC(Limited Liability Company?j
LLC、合同会社はこれからますます増えてゆく

ポイントは名刺の裏に書かれていた
「Thank you!2%
売上げの2%は私たちの社会のために活用いたします
May peace on earth」

MONONOFU LLC.
会社案内パンフレットからの引用
「デザインをまじめに考えた もう少し世の中にやさしくしようと思った」
「わたしたちの暮らすところにもひとがきもちよくなることを」

紙モノからウェブまで一気通貫にこなす、今的な集まり
船出をお祝いしたい!

その気づき、実行力、しぶい

| | Comments (9) | TrackBack (0)

August 30, 2006

夏休みの宿題も、追い込みだねー

大阪は涼しい。クーラーをつけずに、風を感じる
夜半の雨がありがたかった
蓄熱したコンクリートを冷やすのは、水をぶっかけることだ

朝日新聞に高知の沢田マンションの記事(後編)。建築確認もとれてない手作りマンションが人々を引き寄せる魅力が書いてある。いいなーと思いながら、朝のひととき

この夏の図画工作課題として木製のバターケースをつくろう、と思ってカンカンやってたけど
細部の鑿の食い込みで割れてしまった。桂の木をバターがすっぽり入るぐらいほり込んだあとの出来事だったので、ちょっとショック。ま、最初から思惑通りにはイカンワナー

9月から学校、でもないし、次の気力の復活を待とう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

MacBookが売れてるって?

MacBookを友人のウィンドウズユーザーが買った。iPhotoを使いたかったらしい

2006年10月1日(日)までとソフマップもMac全機種Intel CPU搭載記念!!!キャンペーンをはじめた
「PowerPC G5を搭載したMacを買取りにお出しいただくと≪≪現金買取なら通常買取金額の\10,000UP!!≫≫」だって

と、アタシ。G3とG4は持っているけどG5は持っていない。あの頃からデザイン待ちだった
だからMacらしいデザイン、今でも待っている

海外のデザイン事務所ではパワーブックG5とシネマディスプレイのコンビがカッコいい(写真で見ただけだけど) 
大阪周辺では、節約志向か、安い液晶を組み合わせているプロダクションが多い
アップル純正にこだわると高くつく。微妙なデザインぶれなんて社長は気にしない。こだわりフリーランスなんてのも絶滅危惧種だし30インチのシネマディスプレイなんてダーレも持ってねー。CMYK世界は厳しい

インテルへの移行は、完了、了解しました
ジョブズ様、アイブ様、気分が動くデザイン、ヨロシク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修理して、もう1年。ラグビーボールのようなカンペール

●靴の補修
お気に入りのカンペールの靴。穴が開いた。ちょっとま、しまっておいたのだが、わざわざコーナンへいってリペア剤を買ってきて直す。真っ黒な歯磨きみたいな補修剤。これが、また、ハマるんだ。図画工作の時間みたい。塗り重ね塗り重ね、刷りへった部分を水平にする。ひとチューブ楽しんだ。ホームセンターにはほんといろんなモノが売っている。つくるのを楽しむ、直すのを自分でやる。夏休み最後の週のイベントにはピッタリだ。時間を買うか、楽しむか。まずは時間を仕入れないと

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 28, 2006

10年後、未来都市か、廃墟か

Kousoku休日のヤマダ電機LAB1(ナンバ店)半期に一度の決算を謳っているのに客数はヨドバシ梅田に比ぶべくもない。こりゃー大変だって感じ。

2階のカフェの外には住宅展示場取り壊しの風景と南海電車の線路が。北側には高層マンションの建築風景。西側には阪神高速。しかり

取り壊し途中の住宅展示場。柱、断熱材、工業製品の外壁、ぼろぼろになったコンクリートの基礎。ユンボ。難波中の風景がさらに強調される。精がない

300ギガのハードディスク、実質9000円台
見事な値付け。しかし、駅からは遠いのだ

販促は立地に勝てない。ちょっとカッコつけた黒のユニフォームが目立つ。店員ばかり。ケータイ売場のキャンペーン・ガールもいつも着ない服装でがんばってはいるのだけど・・・ 人がいないとホントにキャンペーンそのものがウラガナシイ

木津市場に連なっていく、この場所はいったい
クボタの本社も近い

街は境目を越えて建造されてゆく。この、ねじれ、戻せるのだろーか
さらに捻れてゆくような気もする

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2006

キヤノン、ソニー、ニコン。デジタル一眼レフ、これから大安売り!

Syoukaあれま。ソニーが2位。デジタル一眼レフの世界のシェア。見事に? 簡単に大逆転。
「新参ソニー、ニコンを抜く」朝日新聞の記事(2006.8.25)
先見のある人はソニーの株買ってんだろーなー

新発売の一ヵ月のうちで見ると国内販売台数のトップに立ったことも
いとも簡単にやられた2強は「えらいこっちゃ」の会議中!?
低価格新商品の発売、広告キャンペーン、家電量販店売場合戦。きっと大忙し
コドモたちとの夏休みもぶっとびの出来事だったのかも

1000万画素、10万円。消費者にとっては一段とホンモン一眼レフが近くなる
3年前プロが使ってたスペックじゃなかと・・・
液晶も1インチ1万円ていってた時代もあったけど、今や1インチ、5000円時代

物づくりの先に希望は、アルノ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2006

真っ暗に咲く

Saboten新月が近い。月のない夜にサボテンの花は咲き始める
しかし、北堀江はヒカリにあふれている

まっくらな中、花の波動を感じてやってくる虫は、いるのか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

夏休みの宿題。バターケース

Katura手がジンジンしている。2時間近く桂の木と格闘していた。
立花通り、昔、木っ端を売っていた店。10年ぐらい前の話だけど。行ってみるとなかった。花園橋の木材やさん、大きなホームセンターになっていた。ホームセンターには広葉樹の木っ端は売っていなかった。材木を売っている店が、まったく思い浮かばないじぶんが、なんか、いやになった。
結局、心斎橋の東急ハンズでバターケースをつくるための材料を手に入れる。浜野安宏さん、あなたはスゴイ。売場の45歳ぐらいのスタッフに相談する。「桂の木は彫りやすいですよ」と説明してくれる。「そうな、彫り易いんや(納得)」
そして、格闘が始まる・・・・何に比べて、彫りやすいんや!

指先がしびれている。
でもまー、途中で投げ出さずよく半分にしたことだ。のこぎりが切れなかったことが最大の問題点やねけど。昨日は若い連中とのテニスに必死になりすぎて足に身が入ってエッチラオッチラなのに今日は、上半身。年輪を経た木のなんと手強いことか(写真。よれよれの切り口。自信喪失)
うちの家系、といっても両おじいちゃんの話だけど、一方は鍛冶屋系で、いっしょに住んでいたのは彫金・メッキ系、どちらも職人。家で仕事をしていた。だから、道具箱というか大きな押し入れがあり、いろんな道具や薬剤がそろっていた。
木工の道具もなんでもあった。テキトーに使っていたカンナやのこぎりや金槌、やっとこ、どれもしっかりしたモノだったに違いない。しかし、今日手にしたのこぎりは、これがもーオ、とってもだめなヤツで、桂の木っ端を一度引いただけで「ギブアップです」と表明してた
しかし、気持ちは第一段階の工程「半分に切る」に燃えていた。東急ハンズで頼めばきっとワンカット210円だ。のこぎりがしなる、変な力が入る、切れ目はどんどん斜めになる。
どういうこと、まっすぐ切れない。
目立てができてないのですぐ摩擦熱で熱くなる。
もー散々だった。

とにかく半分にした。桂の木は手強い、これから「中をくりぬく」に進む訳だが。夏休みはみじかい
次の道具は、鑿。さて、どないしょー

設計図は、簡単にできた。完成テイストも決めた。しかし、つくるという行為はなんと難しいのだろう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2006

「公園のはと」「ゴミ箱盆踊り」「Macpro」

Kouennohato朝、事務所のマンション、郵便受けの横のゴミ箱。盆踊りの会の抽選券が3枚捨てられていた。はずれでも即席ラーメン、貰えるのに。隣の部屋の人に「私は興味ないから行きませんか」。近所の子供に「ほら一等あたるかもしれんで」って。マンション暮らしは違うんですね。関係なければゴミ箱。

今週、Macの新バージョンが発表された。内臓が進化したみたい。外見のイメージはおんなじ。あーあ
やっぱり、デザインのチャレンジはなかった。過渡期なのか。ジョブズ病気説がまさに「とにかくCPUをかえろ」みたいに限定的に波及しているのか。マシンは、どんどん速くなるけど愛着はどんどん机の下に逃げてゆく

そういえば、ホンダが誇らしく全面広告を打った。ハンガリーGP郵送報告とF1優勝史。おめでとさん
なんと6年ぶりの真ん中お立ち台。(最近F1放送、最後まで見られず寝てしまう)ボディデザインは日の丸F1とは比べものにならないほど進化している

写真の絵は美崎憲一さんの「公園のはと」。冬の絵なんだけど
プラスチッキーな風景が眩しい
動物園のテント、ゴミ箱やらテーブル、椅子。20世紀が生み出した工業製品にアーティストが囲まれている。ちゃんとした描写。
そして、一筆書きのように一気の線で鳩が描かれている。劣化するプラスチックの椅子もリサイクルゴミ箱もペットボトルにも関与せず、鳩は餌を求める
太陽が右から左へさし、鳩たちは右に歩む

右と左に別れてしまった世界、視野が狭いまま、今日を「自分らしく」生きる、それで精一杯・・・
近所のないコンクリートの箱
速さこだわるノー・デザインなコンピュータ
ガソリン144円時代のF1グランプリ
作家が描いてしまう、ある日の風景

| | Comments (0) | TrackBack (1)

お盆休み

Tomatoホテルの小冊子も校正をおわり出稿。お盆休み、はじまる。
マツモトヨーコさんの金魚のスノーボールのTシャツを着る。どんどん絵が薄くなっていくのでなかなかもったいなくて
ミニトマトを7つ収穫する。植えてもいないのに「ありがたい」。雑草のお化けのように枝を伸ばしてゴーヤーや朝顔と絡んでいる枝から真っ赤になったものを選んで「アリガトウ」
東からの風に乗って阪神高速を走る車のタイヤ音が聞こえる
そうしているうちに堀江公園のセミが鳴き始める

夏は朝

たしかに

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2006

うきうきと水を撒いた

Forestofmorning通りに打ち水。ストーブのような、熱の塊。車が道を占領する前は、ぴしゃり、ぴしゃり。バケツいっぱいで涼しい風が庭から通ったんだろーなー。京町家の昭和30年代を思う。
5時半。水を打った。というかバケツで撒いた。夏の臭い。コンクリートは一瞬色を変える。汗いっぱいかきながら。
風が通っている。布が揺れるのは目にも涼しい。遠くでセミが鳴く。

PCもエアコンも出不精人間を製造する
子供たちもプールがあんな状態じゃ遊べやしない
夏は遊ばなきゃ

あそぼう

無我夢中で遊びたくった子供時代の蓄積も記憶の中
そろそろ、また、遊ぶことを思い出さないと、と濡れたゴムゾウリの感触が足の裏に訴える
水を撒く
いちびってまき散らす、そんなことでもいいんだけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お天道サマーァアアア

Pineとある町家カフェの坪庭。イッタイいつの時代の壁だろう。細くてキュートなママに聞いてみると「このまえ雨のふっているときにー、お客さんが、江戸時代にいるみたいや」って言わはったというこたえ。町家の奧にはいろんな時代が封印されている。
「最近オリーブ値が上がっているんですよ」とパパ・ピエールのマスター。小さなオリーブの木の値札を見ていると話しかけてくれる。長堀の堺筋を一本北に上がって西にはいったところの花屋さん。たまに買い物をする。フラワーアレンジメントが個性的。確かに肩に届かないほどのオリーブが1万円を超えていた
ジブリの最新作を見る。残念。ヒネタおじさんは見ない方がよかった。お金払ってくどくどと、くそ、アゲソウダ。映画ビジネスではなく、ビジネス映画。会館は満員で4匹目のドジョウを狙う人々の思惑は、成功するのだろう。僕が住んでいる今の日本のあたりまえの出来事。しかたないのか。宮崎お父さんの時代は「そんなことは分かっている、蓮の花もドロの中から咲くじゃないか」と、納得したのに。試写を見て宮崎駿が無言で立ち去ったという宣伝コピー、いい方に取ってしまっていた。オッサンは見ない方が身のためだった。
キリスト教信者のカメラマンが「7キロやせました」と教えてくれたので、最近バランスボールにのっかてる。コマーシャルの間ぐらいだけど。いろんな筋肉が伸ばされている実感。これも若くいたいという気持ちの小さな葛藤だろうか。魔女にも手に入らないもの、どっかで望んでる? ゲド戦記もコンセプトオリエンティッドな飽食時代のコマーシャルメッセージと考えるとあんな展開でいいのかもしれない・・・ほんとは、現実のイガミのほうが大きくてちゃんチャラなのだが。
事務所は暑さを避けるためにナチュラル・サマータイム。インターネット・プロバイダーやってる友人に電話をして、でないなーと、時計を見ると9時前。こんな時間に仕事をしている業界じゃない。ブログなんかでデスクトップにはたまに存在している彼、でも、会ったのは何時のことか? ずっと「焼き肉食いにいこ」って誘ってんのになー
今日も陽射しがパワフル。田んぼでは稲がどんどん育ってて、農家は一安心と言うところか。不埒に次の台風を待ちかねているアタシは都会人。
京都議定書以来、6%マイナスを目指しているはずなのに、そう、温暖化ガス削減目標の話、EU諸国は減らしているんだよね。かしこい。期限は2012年だから。施行する前から取り組んでいる。でも、日本は、参加しないアメリカを批判しながら8%も増えてんの。施行前は施行前という発想。だからこれからの6年間で14%分を削減しないといけない私たち。自分ちも達成不可能くさい。ヒドいなー。涼しい間に仕事すればいいのに
新聞には、雇い人のコストをすこしでも減らして、その上補助金までって、ひどい松下電器産業の話が出ている。どこもかしこもやりたいホーダイやってるなー。残念さ。

利益優先社会

疲れるなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2006

かってにトマト

Minori
台風7号が日本列島のど真ん中を狙っている。北から強風が吹いている。空で雲が踊ってる。全くの夏や
今年5本目のゴーヤー。かってに生えてきて2メートル近い高さに育ったミニトマトの分け前。そして、バジル
ゴムの木とかバナナとかブドウとかが、もうこれ以上大きくなれないぜ、とぼやいている事務所のベランダ
そらまー、プランターなんだから水脈を求めて根を伸ばしても、んーん。残念! ってとこ

何時かどこかで、みんなを地植にしてあげたい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2006

はずかしい輝き(NTTファシリティーズの広告ビジュアルより)

Kagayakunihonこれが日本。僕らの国です。
もし中国13億人が、インドの8億人が、この国のように輝いたら
どないなるんでしょ

まず、ちょっと輝きすぎ、消費しすぎの先進国?! といわれるわたしたちがはじめないと

「七夕に思う」というテーマで書かれたブログ「光害」を放っておくと、地球上の植物が枯れてしまうという話


mixiに入れる人は見てください

扇風機は風を起こします。
冷房は室内を冷やした分、外を熱してしまいます

夜も気温が下がらず、冷房をかけて寝るコトになる
ドウドウメグリ

あと、ほんの一ヵ月の夏の出来事
今夜も宇宙で一番輝いているのは、僕たちの国?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

瞬間最高52.9%”の視聴率、なんだけど

Mitubosiヤフーの調査によると亀田が勝った思った人22万人中の3%(朝日新聞)
とにかく勝ったし、視聴率もズバ。
なんか、トヨタに勤める安藤さんのコトを思い出す。視聴率、スポンサー、メディア企業、オリンピック・・・

インターネット・アンケートに参加した22万人のちゃんと判断している結果にちょっとアンドするけど
53%というと・・・3000万人がみていると言われるテレビ。90万人は納得しているわけで
すごいなー、テレビって。そして、オソロシ

もっとおぞましいのが社会保険庁!
もう、書く気にもならないけど、今日もお天道様はまぶしいのだァ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

環境省ってなにするところ

Mukannsin中央官庁勤めもツライ 温暖化対策で「熱中症」!?
・OA機器からの熱で室温は36度の記録
・職員から「オフィスの室温を28度以下としている労働安全衛生法に違反している。熱中症になりそうだ」と悲鳴
・庁舎のエアコンは一括管理されており、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス削減のため午前9時半から午後7時の間だけ稼働
・同省実施の緊急アンケートでは「対策の名の下に行われる何の効果もない精神主義的取り組みにNOを主張すべきだ」「冷房を制限しても扇風機をいっぱい置くなど、意味がない」「幹部の自己満足」などトップダウンで決まった方針に、厳しい意見が
・同省が入る東京・霞が関の合同庁舎では、トイレの温熱便座のスイッチが今も入っている・・・

ま、こんなワケです。日本のエコの中核を担わないといけない場所も
でも、労働安全衛生法にオフィスの室温は28度以下みたいな取り決めがあるとは・・・
炎天下、外を駆け回るロードーシャは、どうなるんだろう

冷房すると、外が暑くなる。そんなところが問題だと思うんだけど
中はいいけど、外は熱々。このモラルはどうなんでしょう

図書館の雑誌が切り取られる
書籍に書き込みをするヤカラがいる
家のゴミをコンビニや高速パーキングに捨てるヤカラがいる、とモラルの低下を問いかける「クローズアップ現代」。日本のモラルは死んでいるらしい。「みんなで渡れば恐くない」「みんなでやればあたりまえ」

そういえば、撮影の旅。昨日の朝。温泉ホテルの豪華な朝食。クライアントの真ん前の席で朝の7時から、食べながら次々と携帯メール。(きっと、彼の子供もこの姿を見て育つ。)日本はそんな感じになってゆくのだなー、と。その49歳カメラマン、前の夜のくつろぎタイムには参加せず「私はキリスト教徒です」と、聖書を開けてなにやら真剣に勉強していた

なにが、どうなんやら、ほんとに、なんとかならないのか。くたびれるなー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »