« August 2006 | Main | October 2006 »

September 28, 2006

半分の歩調(歩楽)

Higanbanaフダンの街も、いつもの半分の歩調であるいてみると
気づいていない風景が現れる

はじめて仕事で寺町通りを三条から今出川まで歩いた

授業が終わったのか鴨沂高校の後輩たちが下校していた
自転車にのり、友達と話し、手には携帯電話


目的を持ったり
年をとったり
カメラを持ったり
誰かといたり
光がちがったり

フダンの風景っていったいなんだろう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2006

なつがすぎて

Shizentoひがんまで
街からクーラー室外機の回転が消える
仕事があればMacに向かい
なければベランダを掃いたり
バジルを揺すってみたり
パキラの落としたハッパを拾ったり

雲がさわさわーっと、みなみへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2006

バブル期以上に街は工事だらけだ

Barubu時間ができたので梅田阪急の「すばらしき時代マーケット」をうろつく
和室でも使えるようにと、たたみづりのついた大正時代の椅子が目についた
大手術中(建てかえ)の阪急百貨店、売場はコンパクトになっていた

JR大阪駅も大改装中、迷路のようだ。三越が進出し、大丸が売場を広げている
2011年大阪の流通業の売り場面積は、大阪人の購買量を大きく上回るらしい
分かてんのに店をつくる・・・百貨店

水曜日が休みなんて言うのは昔の話だ
稼いで稼いで、休まずに、さらに稼ぐ、競う、ビルを建てる
人口減少という現実は数値的にも示されれているのに
営業時間減らして1日休むなんて芸当は今の経営者発想にはゴマツブほどもない

みんなでゆっくりしましょうよって「すばらしき時代マーケット」の企画の根底に流そうとしている生活のあり方。しかし、それは売らんかな精神に、売上げ信奉宗教によって支えられている。ねじれてなんぼの世界

ヨドバシカメラでCD-Rを購入、レジには3人も並んでいる
やっぱり、御堂筋線直結型ターミナル駅店舗は強い。ヤマダラビ1(ミナミ)の特売ハードディスクの努力はこの便利さに勝てないのだ

とにかく街は工事だらけ、人々はぶつかり合いながら東へ西へ

| | Comments (1) | TrackBack (1)

September 13, 2006

iPod shuffle登場。Macケイタイは、まだ?

iPod shuffleは、世界最小のデジタルミュージックプレーヤー。価格はわずか9,800円。」が発売された。といっても歩きながら音楽を聴く習慣はないので買わないのだけど。デザインがクリップ型になった。
この先を想像してしまう

先輩のプランナーから教えてもらったアドレス

■ガセかもしれませんが下記のようなのもあります。日本だとsoftbankと提携でしょう。
http://www.devilducky.com/media/46492/

そう、iPodケイタイへの未来
つながっていくような、大きさ、デザイン

手のひらにiPod・・・・
というよりは手のひらにMac。楽しみにしている

今日の朝日新聞に90カ国でつながる携帯が、韓国で新発売とあった
日本やアジアだけでなく国際ローミングサービスが可能なのだ
あたりまえと言えばあたりまえなんだけど。そしたら韓国製でもいいんじゃん

全世界いっせいにipodshuffleを発売できるアップル
そのマーケティング発想でiTalk出ないかなー

番号ポータビリティはじまる・・「乗り替えちゃったァ、スエーデンの通信会社のヤツに
Mac os Xがはしるの。ユーロ換算だからちょっと高めだけど・・・・・世界ドコでもつながるから問題なしよ」

・・・200X年は、そこまで来ているのだろうか

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 12, 2006

ボディ・カウンターは動き続ける。

血で血を洗い続けるアメリカ
9.11テロの死亡者 2749人(世界貿易センターでの死亡者。今日の新聞)

イラク戦争におけるイラクでの死者数http://www.iraqbodycount.org/
41650人(ミニマム)   46318人(マキシマム)

国連イラク支援派遣団(UNAMI)は、2006年7月18日に5万人を超えたと発表
アメリカのロサンゼルス・タイムズ紙は、03年3月の米軍のイラク侵攻以降、06年6月1日までのイラク人死者数は5万人をこえると発表した(06.6.25付)

米兵の死亡数、2378人(増加中)1万7549人が負傷(増加中)

イイコトは、どこかに、あるのだろうか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »