« January 2007 | Main | March 2007 »

February 20, 2007

オーロラ解明、ロマンチックやなー、ホンマかいな

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070218-05036515-jijp-int.view-001NASAは、磁気圏観測衛星「テミス」を載せた「デルタ2」ロケットを打ち上げた。オーロラ発生の秘密を解明するのが目的。1基のロケットで5つの衛星を同時に打ち上げた(17日、ケープカナベラル)(EPA=時事)by ヤフーニュース

オーロラ発生の秘密を解明するのが目的って、その裏側は?!
コワいなー情報って思うニュース

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 16, 2007

京都アートギャラリーフェア2007開催

今日から京都アートギャラリーフェア2007が開催されると新聞広告が出ていた。岡崎エリア「みやこめっせ」10時から
「京都絵画まつり」の発展系らしくそーとー幅が広そう。入札コーナーもある
お金を持ってないとお気に入りの美術作品は手に入れられないけど、見て記憶に残すのにはGOOD

日経新聞の「年に何回ぐらい美術館に行く?」調査に45%の人が「行ってない」の回答
1-5回行く、と答えた人が50%
11回以上行くと答えた人はわずかに1%
なるほど、美術館は日本の半分の人に楽しまれている存在
行かない人の主な理由は「忙しくて時間がない」

| | Comments (1) | TrackBack (1)

February 14, 2007

京都街中の規制強化。45メートルの高さが31メートルに

京都の新景観規制が話題。規制強化で京都の地は活性化する?
市街地のほぼ全域で建築物の高さ規制、デザイン規制を強化
田の字地区で高さ規制を四十五メートルから三十一メートルに、特定の場所から眺めた「視点場」三十八カ所を設定し、鴨川から見る五山の送り火など眺めを保全
このほか都心や世界遺産周辺などでの勾配(こうばい)屋根の義務化、屋上に建つ塔屋の規制、風致地区の拡大、屋外広告物規制の強化などを目指している
遅い! 
けど一つの方向性を持ち行政が京都の未来ミライの姿を示した。市民はどう答えるか?
さっそく反発意見が出ている。経済活動を展開する企業にとっては死活問題。しかし、衝立のように建つビルが町家から太陽を奪い、大文字の送り火を見えなくしてきた行為への反発も大きい
建てたビルを低くすることはできない。でも、子供達ちのために行政がしっかりと環境共有精神でリーダーシップを発揮できるかがポイント。納得をつくり出すのは大変なこと。
長野県の脱「脱ダム宣言」みたいなブサイクハジハジことにはならないように、日本の京都のことをしっかり考えなければ

| | Comments (0) | TrackBack (4)

February 10, 2007

暖房は20度以下に。「うちエコ」は、家庭のウォームビズ

3月半ばの暖かさ。環境省がはじめた冬の省エネキャンペーン、「うちエコ」、あまり耳にすることはなかったが・・・
高い石油に出費することもなく、冬が過ぎてゆく
http://ondanka.yahoo.co.jp/
重ね着して、暖房温度を下げる、家計も助かる
CO2出して温暖化途上? 暖房費も少なくてすむ。考え方によってはOK、だから恐ろしい
環境の変化に敏感で大移動に絶えた民族が今の地球の生き残りらしい
インド10億。中国13億。地球は60億人。移動できる場所は限られている
温暖化が販促キャンペーンと結びついて売上げに貢献している
ジョーンズじゃなくても理解に苦しむ、我々の世界

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ホイチョイっと、賃金格差すすむ、東京37.5万円、大阪32.08万円

それでも東京は苦しいのちゃうの、って家賃も物価も高いのだし
厚生労働省が9日発表。06年賃金構造基本統計調査(速報) での数値(残業代は入らない平均月収)
地域間格差は拡大。青森は22.17万円
しかしこれは、従業員10人以上の企業4万6千社の調査
ここに数字のトリックがある。従業員9人以下なら・・・

バブル再燃!? を逆手に撮るホイチョイ・プロダクションズの「バブルへGO!!! タイムマシンはドラム式」は最近の時流の波頭をキャッチするのだろうか? 
「私をスキーに連れてって」はバブル絶頂期の産物・・・だったそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

February 09, 2007

青春18切符で春の旅8000円

普通列車5日間乗り放題の例の切符。「青春」なんて名乗っているけど、密かに長距離移動のサラリーマンの間でも人気。それが今年は8000円。JR20周年記念とかで3500円も安くなるってことは1日の価格が1600円。なんと太っ腹。良い旅しましょう、リーズナブルに。期間は3/1-4/10。
せかされてきたんだよねー、なんだか。時間の流れがどんどん速ければいいぜ、の方向に流れているようだけどホントのニーズはそうじゃなくて、のんびりがいいよなーって、方向なんだ。
効率よく仕事して、後はのーんびり。そーいえば丸井がこれからは休みを増やすらしい。営業時間長くして休みもなくして「売上げ」だけをアップするって考え方の見直し。ちゃんと休まないと売場も疲れちゃうし、良い働き手も集まらない。のんびりの象徴「青春18切符」で田舎の駅に下り立とう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2007

子供4500人毎日死亡

不衛生な下水処理や飲み水が原因で起こる病気により、世界で毎日少なくとも4500人の子供が死亡しているとの調査報告書を世界保険機構(WHO)が30日までにまとめた(10/1京都新聞)
日本は水の豊かな国。ありがたい。しかし極貧に苦しむアフリカの国々では異常気象で多くのイノチが奪われる。温暖化を鈍感に感じているとやがて順番が回ってくる。子供達ちのこどもたちは大丈夫だろうか

| | Comments (2) | TrackBack (3)

携帯&PHS、1億台。普及率78%

契約台数1億台を超える(朝日新聞の記事) 
電気通信事業者協会 2/7
香港では7円、日本は47円。なんて、なんて、なんて高い通話料と思っているのに。でも1億台。
小学生も持つのが、あたりまえ? の世の中だもんなー。一人2台の時代かも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2007

葬儀、葬祭のコンサルタント原田春男さんのブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/kankonsousai/冠婚・葬祭・森羅・万象
葬祭業者さん必読。オモシロイし、コタエマス。
葬儀会館を設計建築しているコンサルタントのブログ
車で飛び回りながら葬儀業界の活性化を企てている
社会の出来事と葬儀業界の現在を結びつけ、そのギャップに挑む内容
最近は、近畿、中部圏を越えて関東以北にも足を運んでいるらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

有次、京都本店の包丁。通信販売より店で買うのが基本

http://www.aritsugu.com/
10年来、有次の包丁を使っている。定期的に研いでいるので切れ味は衰えない
京都の老舗「有次」は手作りが基本。
何世代も技術を引き継いできた職人が一本、一本作っている。鋼の包丁、基本的に大量生産はできない
だから、有次「京都本店」のわざものは上記のページ以外ではネット販売はしていない
店に行って相談しながら、手に馴染むものを選び決めるのがベスト

| | Comments (5944) | TrackBack (0)

大峯山、修験の一日

http://plaza.rakuten.co.jp/akarukuhikaru/
大峯山入峰。護摩祈願の予定。京都報恩講社「明光会」
[ 修行 ]
2007年大峰山登頂参拝の日程が決定いたしました
7月15日(日)-16日(月)です。16日の内陣護摩祈願は、10時30分より。
参加費は2万円。皆様、ふるってご参加ください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2007 | Main | March 2007 »