« February 2007 | Main | April 2007 »

March 29, 2007

キヤノンのカメラは、やめにします

Kihunetubaki明日、発売されるニコンのD40xを買うつもり
いつかはデジタル一眼って思ってきた

キヤノンのデジタルX、何回も手にとって、もうサイフを開けるとこまで行ってたんだけど
結局「ママのカメラ」的イメージの包み込みもあってか踏み切れなかった

そして、ここへ来てキヤノンの御手洗さんの偽装雇用に関連した一連の発言。悲しく聞いた。さすが日本経団連会長だけあって市場経済の権化様であった。どこもかしこもあっちもこっちもエライさんご一同の発言は、なんかヘン。お客さんでもあるコツコツ働いてる一般消費者一派を逆撫でしてるって、感じしーひん?

参考:ブログと国会審議のビデオライブラリー
http://ameblo.jp/t-garasu/entry-10026415538.html

大野さんの国会発言

ま、フィルムカメラ時代もニコンであった訳だし。「キヤノン買わんとこ」ってコトにしたら、答えは簡単。

今年の桜はファインダー覗いてので刈りいれだア

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 16, 2007

古色蒼然。新景観条例の美観ってどんなこと

Sannoutyou古都騒然の新景観条例
今後どうなるのか興味津々
千本通りを一本入ったところの山王町にあるこの建物
江戸? 江戸は無いか。やはり明治? それでも100年はある、骨董だ

前にはクーラーの室外機
赤いのは防火バケツ
そして、前に駐車するクルマ

すぐそばの町内には3階建てペンシルハウスが建ち並ぶ
デザインテイストを整えるのはとっても難しいように思う
そういう教育もされてないし、観光客のために家作っている訳でもないし

そやけど、決まってしまったルール
やっぱり建築家の人々に気張ってもらわないといけないんじゃないか
目立つ、ではなく、トケコム

お手本ってあるのでしょうか?

| | Comments (0) | TrackBack (2)

March 14, 2007

京都・新景観条例が成立

Matiyakiki京都のまちづくり、高さやデザイン、その他多くが規制強化となる
9月1日から導入される
地域特性に応じてデザイン基準も細かく設定されるらしい
「50年後、100年後を見据え、世界に誇る歴史都市・京都の優れた景観を保全、再生し、未来に伝えていくもので、市会の決議も重く受け止め、職員一丸となって実現を図っていく」との市長発言。なるほど
何が救われ、何が変わるのだろう。ルールを変えてまでOKされた京都ホテルも容積率いっぱいに建てられた京都駅も低くはならない

でも、この規制によって、きっと良くなる!? と思いたい
まず、自分たちの住みよい町にしないと

マンションはすでに付加価値を価格に反映させている・・・

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 06, 2007

栗田咲子展 ギャラリーデン 物語の境界線がにじんでゆく

Kurita07_1
初日にゼヒミタイ、作家のひとり
昨日は嵐だったので仕事を終えてから出かける
靱公園の北側のビルの5階の画廊

小品、エッグヘッド・・・すでに赤ピンがついていた
雨に負けて出遅れると、誰かが欲しいモノを先に手に入れることになる

栗田さんの絵はギャラリーの白い画面にポカンとホウリナゲラレテイル

「ハーモニー」
大きなドローイング。ついつい、細部を観てしまう
部分部分の構成。一つひとつが小さな物語のように全体の一部を作っている
部分部分のどろりとした物語が全体で一つになって
なぜか口元がゆるんでしまう

奧の窓際。あずきを洗っている作品は、栗田ワールド、そのもの。ならでは。4次元の世界と繋がったところにいる人があずきの入った籠を揺さぶっている。その画面の組み立てにこちらも大きくゆさぶられる

一枚の画面、部分が描かれ、全体ができあがる
色具合にははじめからやられっぱなしだし
人間以外の動物の明確な線や、正確な存在感にもたじたじ

ある時が来ると見る人の前に作品はホウリダサレる。巻頭から順番に物語の全体性を読み取ろうとしたりなんかすると、さっぱり方向音痴におちいる

栗田ワールドと僕の思いが重なり合って「欲しい」と思う時
それは部分を強くまとめきる大きなテーマ性が見えた時なのか・・・
部分が分かりやすくクローズアップされた時なのか・・・

ギャリーデン 06-6447-7886
3/5-4/7

同時期に東京恵比寿西でもも個展を開催。 TAKEFLOOR 402&502

| | Comments (0) | TrackBack (1)

March 02, 2007

有次「和心」、愛着深まる三徳包丁が新発売

Wagokoro0
錆びないステンレスの茎(なかご)。キレイ、長持ち。そして、鋼の切れ味。両刃。より軽く、扱いやすい朴の木の柄、水牛の角。日々の使いやすさ、お世話(手入れ)のしやすさを追究した美しい和姿の一品
ステンレスと鋼を組み合わせた包丁。刃の部分の鋼をステンレスで挟み込んでいる。柄の部分は水に濡れた手でも滑りにくいと言われる朴の木。
キャッチフレーズは「日々の料理を楽しむ人への和の伝承」。
割烹着が似合う料理好きの人にはピッタリかも。

サイズは二種類
和心 和三徳 17cm ¥11,550
和心 和ペティ 15cm ¥7,350
有次和心
なかごの部分が錆びないので、ちゃんと研いで使えば一生もの

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« February 2007 | Main | April 2007 »