« 「はんなり」京都花街のドキュメンタリー | Main | テラ豚丼的日本のウェンvsマック »

November 29, 2007

栗田咲子個展2007年「RAINBOW VALLEY」

Kurita2007いつもながら、誠に笑えてしまう、そして奥深い味わい
深呼吸をして、神経回路の姿勢を正して、感覚の浮遊性を高めてから、向かい合う
「なんと」、と
フッと息がもれる
自由すぎる流動性なのか、とどまらない揺れ動く筆先なのか
もー、まったく。異次元散歩だ。帰ってこれるあたりまでつきあって、深入りしない方がいい
そうか、未来と過去の間の一瞬のウツロイとして印象だけ丸飲みするか
段落ごとの文脈は、違う章の裏のページに続いてて
タイトルは飛ぶと、骨折するぐらいの高低差がある
でもしかし、上手にネジリをほどくと甘いキャンディが味わえる

[RAINBOW VALLEY]45.5×45.5cm 板にアクリル、コラージュ

会期:2007年11月27日(火)から12月22日(土)
時間:13時から20時まで
休日:会期中の日、月
場所:FUKUGAN GALLERY

|

« 「はんなり」京都花街のドキュメンタリー | Main | テラ豚丼的日本のウェンvsマック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/17223076

Listed below are links to weblogs that reference 栗田咲子個展2007年「RAINBOW VALLEY」:

« 「はんなり」京都花街のドキュメンタリー | Main | テラ豚丼的日本のウェンvsマック »