« February 2008 | Main | April 2008 »

March 25, 2008

鴨川はええわぁ

Kamogawanijyo自転車をゴロンと

水面がまぶしい

靴下を脱ぐ

太陽がゆっくりとまわっていく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2008

「憤懣本舗」がんばれ。中っぐらい便利な道具、じてんしゃ問題

CycleMBS午後6時台のニュース「憤懣本舗」いつも、頼もしく見ている
常識欠如の公務員退治、メディアの力で何人かが懲戒処分を食らっている

月曜日は、無謀自転車の話だった
歩道を走る自転車、歩道を占領するじてんしゃ。歩行者専用の地下道を走る自転車
ま、メールしながらとか、携帯しながらとか、人口密度の高いところを猛スピードですり抜けるとか。どうしようもないところに来ているのは事実

今回はなんだかツメが甘かった。「この人、乗ったらアカントコで乗ったはります」
悪ガキを先生に言いつけてるって感じの数分間

人と自転車で捉えると、悪いのは、危ないのは自転車、と言う構図
大阪人の常識は破綻している・・
警察さん、行政さん、こんななってます・・・的立ち位置

そこんところは、よく分かったけど・・・

まず、いろはの「い」として、人から道を奪っているのは車である
人、自転車、車。そこまで含めた視点で
解決に一歩踏み込んだ、姿勢で迫れないかと考える

歩行者の安全と自転車の安全とを考える
そのためには、車から道を取り戻すことへも、踏み込んでみても良いのではないか

自転車も弱いものの一つ
中っくらいの便利さ&エコロジー
これからマスマス大切に考えるべき道具として、位置づけてほしい

メディアの力を一市民に向け「あんたら、やったらあかんこと、やったはりますよ」って
人と自転車の棲み分けは必要
でも、その時、自動車道も巻き込んでの発想
「つづき」が欲しい

御堂筋の測道は自転車道と駐輪場にするとか

もっともっと強い、大きなモノを動かす方向で番組の力を使って欲しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2008

レモンしぼり はるのとおる 詩集

Lemonshibori

「コトリの形をしたレモンしぼり
・・・・
母へ
送ってやらずじまいだった
包み紙はまだ古びてない
台所の引き出しの奥にあったのを知っていた
なんどもこの小さなかたいものの意味を考えていた」
「レモンしぼり」より抜粋

表紙より転記

朝から、モーニングカンパニーのベランダに、たくさんのコトリがやって来る
今も、ヒヨドリがミミズを掘りかえしている
見に近寄るとフワッと柵を越えて滑空していく

引き出しの中に今もある思いのスイッチ、コトリの形をした、レモンをしぼる道具

「ひとりとまち」が気に入りました
ありがとう

「レモンしぼり」はるのとおる 詩集 1900円 編集工房ノア

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2008

杉浦眞 作陶展 ー蓋のあるものー 心斎橋大丸

Sugiuramakoto
白磁の肌にアケビが巻き付いて、さて、どうする

3/18日(火)まで。心斎橋大丸南館8階現代陶芸サロン桃青
ほかにも、料理を引き立てる器もたんくさん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2008 | Main | April 2008 »