« April 2008 | Main | June 2008 »

May 30, 2008

もったいない山から転がり落ちた吉兆だけど、私たちは大丈夫か

Mottainaisakebi吉事の起こりそうな予感。めでたい名前。老舗料理店の女将が泣いていた
嘘つきのはじまりのはじまり、その時の「もったいない」の心は、いったいどこから生まれ出たのだろうか。本当のもったいない、だったのだろうか? 
もしかしたら、もしかしたら、その小さなちいさな「もったいない」の気持ちは、はじめはほんとうだったのかも


「おばちゃん、この天ぷら、手ぇつけたーらへんし、持って帰り」と、よし子姉さん
「おばちゃん,とっといたげたで、下げてきた麩まんじゅう」と、えみ子さん

学生時代バイトしていた料亭。そこには、いろんな暮らしがありました

板場さんによって盛り付けられた刺身、いい部分の切り身は仲井頭が座敷上席のお客に運ぶ。シッポの方は後に従う仲居さんによって下座の客に運ばれる。「ちがうやろ、シッポはあーと」中番のアルバイトをし始めた当時はよく教えられた

同じ事・・・今日一番の鯛は、やっぱり常連の首長さんに出されるし、まったけの一番いいカタチのモノもちゃんと顔なじみの膳に乗る・・・絶妙に明確な差がつけられる

板場さんは冷蔵庫の中の古い食材のコトを「兄貴」と呼ぶ
「ほなアニキから、いこか」

無駄を出さない、その日の献立は味つけ同様、おやっさんの実力のうち
ほかす部分もひと庖丁入れれば珍味に変わることもあり
調理場じたいにも仕入れと売りのバランスシートは不可欠だった

洗い場のおばちゃんは、高齢で、みんながその暮らしを気遣っていた
「にいちゃん、てつどーてもええけど、仕事とったら、あかんで」と言いながら
遅い宴会の時は仕事の終わった仲居さん達も洗い場や後かたづけを手伝っていた

「うちのおとーちゃん、ばくち打ちやし、私が働いてんねん」
仲居さんにもいろんな人がいた

それでも、一度だいどこに帰ってきた食材がもう一度、表に出て行くことは決してなかった

吉兆の廃業、朝日新聞は「のれんにあぐらの大自信が崩れ(中略)おごれる者、久しからず。」と書いた。テレビも右向け右で下を向いた女将の記者会見報道ばかり。超アップ画像。いったいカメラはどれほどに寄っているのだろう
「みんなでやればコワくない」次は、コンビニやファストフード店が365日出し続けている大量ゴミの「もったいない問題」にもグーグーグゥーと寄ってみてや、ニュース屋さん・・・
ネクタイしめた社長さんが、鼻水流して涙しはる映像はゲットでけへんと思いますけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 28, 2008

オギャー!! ともう一度 大峯のお話し その4

Oominesannhondou「油こぼし」「鐘掛岩」「覗き」は表行場
もう一つ、裏行場というのがある

積み重なった岩を登り、くぐり、天空を見上げ、間をすり抜け「オギャー」と、生まれ変わる

再生の行
父の身体を飛び出し ! 再び母の子宮から生まれ出る「胎内くぐり」
どうやっても無垢には帰れない、と思うべからず。細胞の記憶のはじまり、受精の瞬間の衝撃を、もしかしたら、たどれるかもしれない、別々の命の肉片に新しきもう一つの命がしたたり入る、その一如

ひょっとすると、裏行場の行の真の姿は、深夜に行われていたのか・・・

限りなく「清浄」に近づくためには、思い知るには、その方が効果的だとおもう。オギャーと声を発するいで口は、もしかしたら真東に向いているのかも。真っ暗な洞穴、冷たく残る氷、手探り。如実に感じていたのに失ってしまった「その時」の記憶・・・大きな力に押されながらも、力をふりしぼって這い出す。ドック、ドック。ドック、ドック。呼吸が激変する。空気が入ってくる。苦しさなのか!? 発しなければ吸い込めない

「オギャー!!」

しかし、生まれ出てもまだ暗い

生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く 死に死に死に死んで死の終わりに冥し

そしてさらに試練は続く
「寒の河原」「天の川」「蟻の戸渡り」と岩場をめぐる
断崖絶壁のちいさなコブをくるりと回る「平等岩」。のぞきの時のようにロープはない。自力。命の重さを感じる、そのころ夜が明けてくる・・・

大峯修行の醍醐味。達成感と満足が訪れる。・・・青空のしたの裏行は爽快感が強すぎる気がする
想像力だけではおよびのつかない時間帯の「深夜の生まれかわりの行」。その話は聞いていない。まだまだなのか

岩の重なる不思議な地形、金剛界と胎蔵界、ひとつにつづく裏と表。生と死の輪廻。いったい誰が見つけ出し、誰がストーリーをつくりだしたのだろう・・・
裏行は山上本堂の裏で完了する

ポケットにはケータイが入っているかもしれないけど、裸一貫、みんないい顔をしてる

写真:風雪に耐え抜いた本堂の柱。きこえます?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2008

板塀と犬矢来。木だった頃の記憶

Inuyarai犬矢来 しぜんの素材
朽ちはじめる、そのときまで
美しさにみがきがかかる

人工竹の塀が増えてきた「この方が長持ちしまっせ」

にんげんも成長し年をとる。なだらかに

継承されるべき手業がしずかに消えてゆく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2008

山上のチョコレート 大峯山の話 その3

Kiseninだいぶ前の話。那智の滝に続く奥駈け道で行者にであった。肩掛けカバン一つで駆けめぐっている。いったい何処で眠るのか。もしかしたら眠らない? 吉野金峯山寺から那智山青岸渡寺までの奥駈け修行は7泊8日と聞く
荷物が増えると楽に歩けない

身ひとつ


山頂の本堂に行く前の休憩。机の上にはチョコレートやビスケット、はちみつレモン、般若湯がならび紫煙が沸き上がる
身体が欲しがっているからどんどんなくなる
昔々はクコの実とか松の実だったんだろうーか

白衣に着替えての修行ならば、味わい楽しむことは下界に置いてくるべきかもしれない
山上の行場、「auはもうひとつだが、ドコモはバリ3! 」らしい

アタらしい生活様式は先祖の積み上げた遺産の上にさらにアタらしい文化を積み重ねる
行をどう味わうかは

融通無碍


便利で愉快な生活の中、「身ひとつ」吾唯足知は、なかなかむずかしい


にほんブログ村 写真ブログへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2008

岩場行 大峯山のお話し・その2 モーニングカンパニーの出来事

Kanekaneiwa大峯山 晴天! 
汗も風が持ち去ってくれる。最高のエアコンディション
ご存じのように、ここはまだ、女人禁制です

みどりに包み込まれて、ながめもいい

100メートル登るごとに、季節がもどっていく

中腹にはしおやしおが満開
山の上は、まだ、ツクシの季節
あたらしい緑は光が、まぶしそう

ちょっとだけ、じかんをさかのぼって、若返る?
結局、下りてくるからおんなじ、なんですけど、逆時間をゆくは新鮮

見上げる青い空
はしる白雲。辛い登りも、この風景に出会うとおもえば

気分、たいらか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2008

のぞき 大峯山入峰・その1 モーニングカンパニーの出来事

Nozoki毎年、お誘いをいただき大峯山に登拝させていただいている。京都の町衆が集まって講をつくっている。バス2台大勢の集まり。今回は73回目のお参りになるそうだ

19歳も76歳もいる
みんな、山上の本堂にお参りする。たいしたもんです、といつも思う。途中で出会った80歳を越えた行者さん、1日かけて登り、お参りし、一泊して下りてくるんだと言っておられた

今回は行場へ一眼デジカメを持って行った
重たいめーして、俗っぽいモンもって結界門をくぐる

1時間もすると、いよいよ岩場。高低差のある行場。上にあがるとさすがに冷えてくるので長袖に着替えた

その時、カメラといっしょに外した数珠
ヨッコラショと首にかけたのは、一眼だけだった

階段を幾つか登り、岩場を一つ終えて、ハッツ、っと気づいた。数珠がない
カメラが大きくなっただけ。同じ、首にかけるという道具ということもあるけど
注意力散漫、ぼけの症状か・・・

「数珠がない」とおもった瞬間、それも行場で数珠がない、という状況に不安を感じてしまった
もう十数年・・・・いっしょにギョウジて来た道具

ケイタイがなくなったり
サイフやカードを失った時
飲み続けなければイケない薬がなくなったり

もの、が不安をつれてくる

祈りの場に必要な「数珠」でさえそうだった「なくなるとまずい」と負荷がやってくる

・・・・・・・・・・・・・それは持つからなのだ

持てば持つほど増えていくものなーんだ?

いかに平穏に閑かに生きるかを、大自然の中で考えながら
そのための方法とは、まったく違うことをやっているなと思った

いかなる時も「平らか」であるためには、持たないことなんだけど

  平気・・・・・に・・・・・・生・・・・・・
  き・・・・・・る・・・・・・・・・・・・・・いまここ、ここいま

持って歩けるものも、身につけられる道具も最小限にして「お山」に入る
結局、数珠はちゃんと置いたところにありまして、ホッ

こんなモノモノした世の中でも大峯山入峰のときぐらい、着の身着のままというか、ググッと引き算して、出かけなければ

写真は「行場・西ののぞき」新客(はじめて登る人)さんが断崖絶壁で身を清める

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WALL・E

Walle_2暇になった
映画を検索してたら、出会った
PIXARの作品
http://www.apple.com/trailers/disney/walle/index.html
予告編だけでもおもしろい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 19, 2008

飲み続けないといけない、恐怖

Metabo義理の父も父も血液をサラサラにする薬や血圧を下げる薬を飲み続けている。心臓病、腹部動脈瘤を乗りこえている。血管にガタが来た結果。二人ともヘビーースモーカーだった時代があった

日本で、今一番売れている薬が血圧改善薬。一度、飲み始めるとやめる訳にはいかないという。高血圧での死亡が減っているというのに薬の使用量はアップしている。

今、高血圧で異常とされる基準値は130mmhg!。エッってカンジでしょ。その数値2000年には180だったんだって。

ヘビメタのコピーライターの友人がいる。彼もガンを乗りこえ、いまだにハードな広告業界で一泊二日仕上げの重労働に励んでいる。ヘビメタといってもシカゴのようなバンドを組んでいる訳ではない。お察しの通り、ヘビーメタボリック・ショーコーグン的な体型をしている

心配である。毒素が多いような

コピーライターは椅子に座っていることが多い。彼は動かない。それだけじゃない。スナック菓子とコカコーラが大好きなのだ。ホームセンターなんかにいってコーラの箱詰めを買ってくる

もし宇宙人のメタボ狩りがあれば、きっと別品扱い。相撲業界の次に狙われる。万能茶をプレゼントしようと思って取ってあんだけど、まだしていない

「また厚労省のメタボ検診のガイドラインを作成した委員会メンバーのうち、国公立大の医師11人全員に02〜04年の3年間で計14億円の寄付が、高血圧治療ガイドラインで作成では9人の委員全員に8億2000万円の寄付が、治療薬メーカーからあったという(読売新聞3月30日朝刊)。やっぱり、そこにはカネの臭いが漂うのだ」朝日新聞5/17「太る自由だってあるのだ」都築響一)」
高血圧の数値が180から130へ引き下げられたのにかかわった人間の元に業界からお金のリサイクルが起こっている。医療保険料を下げるためにはじまるメタボ検針、それにひっかかると、ピルケースに薬を持ち運ぶ人がまたまた増えるシカケ!? 

メタボを減らして健康保険制度を守れ! のはずなのに薬代は増える?  現代の不可思議

義理の父も父も斜めから見ているはずなのに「命の」コトなので従順に飲み続けている(消費し続けている)。ほうれん草も納豆も我慢して

世界No.1の長寿国で今の「厚労省のメタボ基準を当てはめると、40〜74歳の男性のうち94%、女性の83%がいずれかの項目で「異常」と判定されてしまうという試算も出ている。10人のうち9人が異常って、ありえるだろうか」と都築さん

チョイメタな上に情報メタボのアタシ。メタボという言葉を刷り込まれて、メタボダコができて、ヘビメタのコピーライターを「デブ」なんて責めたりしているけれど・・・
霞ヶ関のダブダブ役人体質(税金無駄遣いメタボ)の公務員に洗脳された結果? だったりするのだろうか

それにしても、いいところに付け込んでくる
誰のための医療制度だ

(ってストレートすぎる このオチ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 15, 2008

よくできました。お見事!

Onnanoko

コーヨー南堀江店。アボカドとエビをいっしょに選んで先に店を出た
向かいの自転車屋さんを見た後、何気なく見ていたスーパーマーケットの入り口

さっき、お母さんといっしょに売場にいた三姉妹。蜜柑茶色の制服を着たお姉ちゃん。小学校の低学年

レジの横から、買い物カゴを運んできた
出口からほんの数メートル。入口の横の買い物カゴ置き場。五つは、いっぺんに持ってきて、重ねた

もう一回

買い物カゴは二列に積み上がってる。こんどは、低い方へ
次に、カゴ1個をもって、フラフラと店を出てきたのは真ん中の子。お姉ちゃんのマネシ
お姉ちゃん、受けとって、重ねた

レジを終えたお母さんがベビーカーおして出てきた

その時、お姉ちゃんは、横2列に均等に積み重なった買い物カゴを入口近くの方が多くなるように積み替えていた。一瞬の、キメのひと仕事

ベビーが進み始めると4人は列を整えるように帰っていった


写真:自転車の練習(今日、葵祭の通った下鴨神社の森)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 14, 2008

2011年問題 H2O(阪急・阪神・大阪)を取り巻く

Megami株絡みの問題で阪神の白馬の騎士になった阪急百貨店。古くて壊れはじめていたビルの建てかえ真っ最中。その新しい店舗のオープンが2012年にズレたと新聞に

2011年問題

大丸、三越、阪急などが売場を増やし、なんとまー、買場が「倍」になると言われている年が2011年なの。ジツは梅田の北側のビルに出るのが三越じゃなく JR伊勢丹と今年発表されたワ。京都でもJR京都駅にはいった伊勢丹はホクホク状態。やっぱ、一等地だし。超強敵がやってきてしまう、というカンジィー。まさか!? の好調と言われるナビオを改造した阪急メンズ館も、事の起こりは新宿伊勢丹じゃなかったっケ?
阪急にしたら、敵が伊勢丹に変わったことは、はじめて感じる危機なのでは。発表には仕切り直しのムードが漂っているわねー。でも誰も縮時代のマーケティングなんて、できないのよ。発展! 売上げアップ! 成長! なんだから 2012年、共存じゃなく殺し合い? がはじまりそう。やっぱりニューオープンはワクワクするわね

北堀江は、なんばパークスが全面オープンしてから、か、閑古鳥が鳴いている。アメリカ村さんも元気ないみたいだし。ヨドバシが梅田にオープンして日本橋はおなくなりになたし

買場が2倍になった時、さて、大阪人はお世話になった?! 阪急さんを大切にするのかしら。でも、H2Oっていい名前だわ(昨日につづいて水問題のはなしになっちゃった)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 13, 2008

バーチャル・ウォーター 水泥棒日本 OXYGEN-SHARING EQUALITY

Cheeseburgerプランターのゴーヤーが芽を出した。植物を育てるには水が欠かせない
日本のベランダ菜園で撒かれる水、ほとんどは、水道水か。日本のあたりまえはオソロシイ

日曜日の日経に「輸入した食物を、もし、日本で育てたら、どれだけの水がいるか」という記事が出ていた。

一食を作るのに必要な水の量(1.5リットルのペットボトル換算)
牛丼=1260本、チーズバーガー=700本、牛乳一杯=73.3本

食料1kgを作るのに必要な水。牛肉=20600リットル。米=3600リットル。トウモロコシ=1900リットル

牛肉1キロに20トンの水がいる!

一見、水が豊富とおもわれる日本の暮らしは、生産国から水を奪っていることで成り立っていると言うことらしい。もし自給自足で水を使うとすると「食料生産に必要な水をすべて国内でまかなうのは難しい」と東大の先生の発言・・・

貴重な水を使った作物で車を動かす時代がはじまった
トウモロコシ1kgからどれだけのバイオ燃料ができるのだろう
その前に、中国の人々がステーキに注目しはじめている・・・

アフリカ、中東では5億人が水不足にアエイでいる

| | Comments (0) | TrackBack (2)

May 10, 2008

フーチンタオ(胡錦濤)中国国家主席in関西

Theendフラットなラケット面を使っての打ち込み、見ている福田さんもタジタジ、だった
ケンカシテハイケナイ、直感で感じる

東京から関西へ。中国の国家主席、北京や上海を見ている人にはきっとえらい田舎に来たイメージがするのかもしれない。先端中国と比べれば大阪は一ローカル都市に見えるはず

それでも、こんなにビルが建ち、モノにあふれています。「資本主義経済の、こっちの水は甘いよー」にさそわれて
一生懸命、一所懸命・・・・

でも、思っています「ちょっとおかしな所に来てしまった」と
いろんなモノと引き替えにして、大切にしないとイケないコトを
どっかに落っことして来たと

アメリカの双子のビルが壊された時「まずい」と感じたのですが。ズルズル流されつづけていいるのです。ほんの一部の人がコンピュータによって動かす巨額のお金、名物のコナモンも値上げ値上げで危機的状態。資本主義レースのなかで周回遅れになろうとしている大阪、よーくみるとそんな痛手が露出しています。増殖から縮小に入った町の風景、そこで、何かを取り戻そうとがんばっている人びと。いまだにぬくぬくしている公務員

胡錦濤さん、雨だけど、しっかり見ていってください

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 08, 2008

京都有次の銅と真鍮の炭道具(くさひとき)

ていねいな生活

Aritsugumay

京都有次の5月のディスプレイ

新しいお茶のシーズンが幕を開ける

GALLERY MORNINGの京都の情景緑の盛りグリーンウィーク

| | Comments (0) | TrackBack (0)

船場吉兆のもったいないは

Ozen元女将が洗い場から大きなざるを厨房に持ってくる。中にはパセリ
戻ってきた皿から洗い場のおばちゃんが貯めておいたもの。もちろん指示

板場さんは「はいはい」とうけとりまな板の横に置く。引退したおばあちゃん(元女将)「パセリのもったいなさ」を毎日毎日気にしていた。学生時代バイトしていた料亭の出来事。宴会だとエビの天ぷらなんかどっさり手がつけられずに戻ってきた。1万円以上もする料理を客達は、のこすのだ(きっと自腹じゃない集まり)

厨房の中でなにが起こっているのか、それはわからない。まな板のパセリは、元女将が奥に帰っていくとゴミ箱に捨てられた

もったいない。高級料亭はもったいないの極致に生息している。そこで行われた「もったいない返し」! コーキュー料亭利用者の後味の悪さはどれほどだろう

言い返しようもない船場吉兆の女将に正義の質問を浴びせかけるレポーターも、返答の言葉のニュアンスを突っ込むコメンテーター、それを伝えるアナウンサーも、見ている僕たちも

「食べ物」そまつにしていないだろうか。もったいないを生きているか

テレビの中の茶番劇はそんなことを訴えているように見える

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2008

石油みかんに電気野菜

Shitaugaiki[ ちょっとヘンだ ]
「原油高、離島に波紋」ハウスみかんの出荷が100トンから0になったと朝日新聞27ページ
原油高に苦しむ・・・人びとのことが聞こえてくる。私たちの生活にもジンワリとジンワリと効いてくる。物価が上がっている。その上に道路が造られる。公務員がハシャグ。国会の決定には「選挙まで」何も言えない

無駄なもの。してはイイコトいけないコト。何処に線を引けばいいのだろう。

春にも食べられる特産のハウスみかんは冷暖房付きのハウスで育てられるのだろう。だから石油がいる。しぜんにはミカンが実らない時に作る、だから付加価値が高まり、売れる! 

それがいいことだと思ってきたけど、温暖化がここまで進み、中国やインドが発展してくると日本人1億2600万人がしててもOKだったことが、OKじゃなくなる。中国人14億が日本人と同じレベルの生活をしたら、地球が二桁個あってもたらないらしいから

あたりまえに先進した生活をしてきた我々、きっとこのままじゃ済まないノダ
道路を作っている場合じゃないぞ! 気づいてる人が増えている(自民党道路族もきっと理解している、でも、背に腹は替えない決意だ。彼らに子供たちは、孫はいないのか)

あれれ、水菜なんかいつまであるんだ? スーパーマーケット。きれいな水耕栽培の野菜が目につく、軟弱そうなのに値段は旬の野菜の3倍のコトもある。もちろん年がら年中ある
「付加価値」なのだ。農薬を使わない水耕栽培、土も付かないから洗わずに食べられる。生でもOK

地下に野菜工場を持つ企業が京都で話題になっていた。365日蘭を咲かせるハウス、栄養満点と芽を売るスプラウトやきのこ類、どれもこれも商売になっているようだ

農業なのか、工業なのか? 電気代を聞いてみたいモノだ
太陽のエネルギーだけに頼るとすると私たちの食生活は何処まで引き算しなければならないのだろう、考えると、口の中がビリビリ、する?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »