« 有次 aritsugu.com 京都、包丁、鍋、型抜き、錦市場 | Main | Yoshihara Eri 吉原英里展(大阪JUMP)2009 11/30-12/12 »

November 17, 2009

ふつうを描きたい。美崎慶一展 ギャラリー モーニングNovember29日まで Modern art of Japan

Windowmisaki
「普通の絵が描きたい
日常にある、作らない絵
ヘンに作らない
自分の中では、作ってないと
納得しているもの
ただ、ふつうに描いているだけだぞというもの」

毎日の生活の中で「ふつう」と感じるもの
なぜ「フツウに」みたいな共通の概念が語られるのか。それさえも不思議


ふつう・・・は最近よく使われるけど

みんながなんとなく「ふつう」に感じていること、って?

一億総中流
大衆文化
オタクじゃない人々
逆らわない生き方
みんなと同じ安心

ふつう、ってちょっと無責任

画家の語る「ふつう」にはしっかりとした顔がある
じぶんで決め込んだ納得のいく「ふつう」

ふつうへの思い込みは、全く普通じゃなく画面に現れいづる
大衆の多数決じゃないものだ

デスクトップマシーンほどの大きさから
ふすま一枚ほどの広さ、100号のキャンバスに表された、日常のヘンに作らない風景

自分の中では、作ってないと納得しながら
ただ、ふつうに描いているだけだぞというものは、白い画廊の壁で異質への扉を穿つ

風景と空白
間とドローイングの線

フツウにフツウが掛け合わさると、どんなフツウが表現されるのか

ギャラリー モーニングの壁面では大衆が向き合うフツウではなく、画家美崎慶一の作らない世界が広がっている

|

« 有次 aritsugu.com 京都、包丁、鍋、型抜き、錦市場 | Main | Yoshihara Eri 吉原英里展(大阪JUMP)2009 11/30-12/12 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/46791612

Listed below are links to weblogs that reference ふつうを描きたい。美崎慶一展 ギャラリー モーニングNovember29日まで Modern art of Japan:

« 有次 aritsugu.com 京都、包丁、鍋、型抜き、錦市場 | Main | Yoshihara Eri 吉原英里展(大阪JUMP)2009 11/30-12/12 »