« August 2010 | Main | October 2010 »

September 30, 2010

マツモトヨーコ絵画展 2010 秋。Matsumoto Yoko 神戸大丸

2010kobe
マツモトヨーコ絵画展
11月3日(水・祝)〜9日(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)
神戸大丸7階アートギャラリー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2010

2010 久保健史「彫刻展」、箕面 カフェ サルンポヮクで開催 9月23日〜28日

Kumominoo

→箕面駅近くのカフェ サルンポヮク http://www.geocities.jp/salunpowaku/

大理石を使った彫刻作品が並びます
MI.CA.LI gallery

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2010

川島慶樹作品「マーサ」ローズウッド、ポリエチレン 20万円

Martha

とらわれのないカタチ

不況の時ほど
そんなカタチを見ながら
未来を思う

企業を引っぱるトップの人たちは、そんなふうにアートに触れて欲しい

・・・・・
・・・・
・・・
・・

ポリエチレン、まな板に使う素材を色を決めて生産し
固く粘りのある素材に挑戦した
花のような鳥のような
劣化しない造形

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2010

福村真美展 ギャラリー 編 & かのこ その世界の奥に漂うもの

Hukumuramami福村真美展
09/13 - 09/18

ふくむらグリーンが奈良を題材に、のびやかに
奥行きにやわらかな空気が広がっています。

手書きはがきサイズ2000円のドローイングはとってもお買い得だと、一枚買ってきました


ギャラリー 編 & かのこ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2010

吉原英里展 Yoshihara Eri 「画家のノート」2010 9/21[tue]-10/3[sun]

Yoshiharaeri2010吉原英里展、連休明け21日からです。

展覧会詳細→http://gallerymorningkyoto.com/diary/yoshiharaERI.html

吉原英里  Yoshihara Eri
1983 嵯峨美術短期大学版画専攻科修了
国内外にて個展多数、2009年浜口陽三生誕100年記念銅版画大賞展入賞ほか

セザンヌやレジェなど画家たちが残した作品を人物不在の椅子と描くことで存在の記憶をより鮮明にした画家の椅子シリーズ作品を制作。
油彩(ミクストメディア)、版画、ドローイングなど約20点の作品をご覧ください

★21日火曜日、午後5時より、ささやかなオープニング・パーティを開きます。
ぜひ、ご参加ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2010

川島慶樹展開催中。ポリエチレン素材、実はカタイ。まな板の素材

Ballerinaup
「なんで、お花飾ってるの」
近所の子が入ってきた。川島さんの花に触れてゆく
まるで、花壇の花に手をかざすように

花は、ポリエチレン、なのだ
バルセロナで川島さんがインゴット素材をデザインして来られたモノ

床から立ち上がったオブジェ
幼稚園に行く前の彼は、画廊を一周していった

ポリエチレン。真っ白な一枚板はよく見かけると思う
まな板に使う。料亭が厨房の大掃除をするとき畳一枚分ぐらいのまな板が乾かされていたりする
あれ。

カタイ素材に向かい合うために、鑿を研ぐのに神経を集中するそうだ。しっかり研がないとねばりのある素材に跳ね返される
「天然砥石が欲しいです」
買えば10万円近くする、天然もんの砥石、彫刻には道具がいる、道具には道具を作る道具がいる

前に、大仏師の彫刻刀を作る鍛冶屋さんは、その人の持つ砥石のこと、削る木のことまで知り抜いた上で鋼を打つ、というコトを聞いたことがある

イイ仕事は、人を思うネットワークがささえる

川島慶樹展、詳細→”a little CRAZY CLASSICS”

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 07, 2010

注目の展覧会。浅野真一個展「Day Light」

Asanohakusaidm

じかんのかたまり

自然光の中に横たわる
写実の現場

浅野真一個展「Day Light」
キュービックギャラリー(大阪/本町)
9月6日(月)〜9月18日(土)日曜休み
12:00〜19:00(土曜日17:00迄)

大阪本町繊維会館西

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川島慶樹展、いよいよ今日から、gallerymorningkyoto

Kawashimadm
バルセロナで作ったポリエステルと木の素材を組み合わせて
工芸の一歩先へ

川島慶樹 Kawashima Keiju Exhibition
”a little CRAZY CLASSICS”
2010.9.7[tue]-19[sun]
ギャラリーモーニング

立体の存在感
リビングルームへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2010

雑誌隆盛の時代は過去へ。そして、iPhone、iPadでアクセスするコンテンツの時代へ?

Denshisyuppan
ほかせないものの筆頭が雑誌
雑誌の切り抜き、も
投下した時間の固まりの遺物のような、紙の堆積

エレガンス
劣化が愛着を物語り
過去のムズムズ

イヤマスの小田英之さん、「ページを繰るというインターフェイスさえもiPad世代には必要なくなるかも」と言う。単純な指の動き、でも、ダイレクト

セカンドライフは消え失せた。ウェブメディアが出て本も雑誌も広告の主役を奪われた
この先に、いったいどんな変化が訪れるのか

雑誌は、なくならないと思う。でも、雑誌を新しく世に問いかけるという「モチベーション」は限られたモノになってゆく

iPadのiPhoneのキンドルの・・・そしてこれから参入してくる様々な電子メディア・・・時代の転換点なのか


展示は今日まで。もう少し本棚の奥で眠ることになる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2010

iPhone4が描く、日本の幸せのかけら

Webwebきゅうきゅうと

お父さんは、一緒にはいない

ビデオフォンは、それを繋ぐんだけど

http://www.apple.com/jp/iphone/gallery/ads.html#ad-birthday

最新iPhoneも、ホールケーキもあるし

画面の映りもNHKほど悪くない

ホテルもビジネスじゃ、なさそう

お母さんの表情に一瞬差し込む、懸命さ

このぎりぎり感

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

揺れる画面に、いつもとは違う余韻

| | Comments (0) | TrackBack (2)

September 01, 2010

現代アート。あいちトリエンナーレ。プルウトウの最終章、ボラー(中性子爆弾)ロボットに見える

$GALLERY MORNING-ボラー

壁画、何枚かあった
建物が取り壊されて、そこはコインパーキング
三方壁面の空間が出来上がる

歯抜け部分はかっこうの創作空間


『PLUTO』の中性子爆弾ボラーを思った

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2010 | Main | October 2010 »