« 栗田咲子展に、栗饅頭、ため口で話せる同級生のてづくり | Main | 冷え込んできました。京都岡崎 »

October 25, 2010

答えは、2100頭です。山と里と人、環のながれに循うためにはどうすればいいのか

Honooクマ大量出没の新聞記事。2400頭が人里に現れたという。そのクマに運悪く出会って襲われた人間のうち4人死亡とあった。

むかし、奥山のドングリが実らない年
それは、里の農作物も不作の年だったんではと

米が出来ない「ひでりの夏」人間はおろおろと
食べるものがなくなって、そして秋になる

奥山からクマたちがタンパク質を届けてくれる
そんな大きな循環で我々の先祖は生きてきたのかもと、思う

里に現れた2400頭の内、2100頭が殺されたと新聞記事は伝えている

TVニュースで何頭かの死体を見たけれど、事実はこんなに沢山なのかと、仰天


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村


イヨマンテ? 中沢新一さんの書いてた熊の贈与? のお話しを思い出す
マッタケも豊作と言う

写真は岩座の火祭りの炎。夜空に消えてゆく

|

« 栗田咲子展に、栗饅頭、ため口で話せる同級生のてづくり | Main | 冷え込んできました。京都岡崎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/49842170

Listed below are links to weblogs that reference 答えは、2100頭です。山と里と人、環のながれに循うためにはどうすればいいのか:

« 栗田咲子展に、栗饅頭、ため口で話せる同級生のてづくり | Main | 冷え込んできました。京都岡崎 »