« テキドノコシ。うどんじゃなくて展覧会の案内状。それをメモに使う | Main | 快晴に光るインクラインの坂 »

November 18, 2010

東山時雨、降ったりやんだり。gallerymorningkyotoは閑かに「美崎慶一ワールド」ウミガメとダイバーと白人とカラードの距離感

Hikuidori傘をさそうとするとやむ
二色の雲が混じって

陽が射したり、雨が降ったり

岡崎三条広道

11月半ばを過ぎて、冷えはじめています

相方が、病気回復の内祝いにもらってきた火食鳥の干菓子
「不死鳥のごとく」のような意味が込められているのだろうか

天平の甘さ・・・

この色もいい


美崎慶一作品
4 mile beach(フォーマイルビーチ)
oil on canvas 2010、作品はこちらから

|

« テキドノコシ。うどんじゃなくて展覧会の案内状。それをメモに使う | Main | 快晴に光るインクラインの坂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50063409

Listed below are links to weblogs that reference 東山時雨、降ったりやんだり。gallerymorningkyotoは閑かに「美崎慶一ワールド」ウミガメとダイバーと白人とカラードの距離感:

« テキドノコシ。うどんじゃなくて展覧会の案内状。それをメモに使う | Main | 快晴に光るインクラインの坂 »