« 桜の紅葉、西日マジック。琵琶湖側の疏水 | Main | 疏水、秋を映す »

November 06, 2010

“Small winter tour” 上村亮太展 12月のgallerymorningkyoto

Kozekisosui足跡を残さず、象が消える

足にはめられた鉄枷が象舎には残っている

村上春樹の物語りにそんなのがある

ミステリアス

上村亮太さんの展覧会の案内状、動物たちが見えない

そこには、建物が残されているだけだ

象はどこへいったのだろう

・・・・・
・・・

森の中のレンガ造りの建物、

窓を覗くと、

次から次に


象の行列


目に映るけど、気配はない


突然の雪に包まれた大都会のように

|

« 桜の紅葉、西日マジック。琵琶湖側の疏水 | Main | 疏水、秋を映す »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/49952190

Listed below are links to weblogs that reference “Small winter tour” 上村亮太展 12月のgallerymorningkyoto:

« 桜の紅葉、西日マジック。琵琶湖側の疏水 | Main | 疏水、秋を映す »