« なごりもみじの頃に。正月準備。gallerymorningkyotoのアート・ショーケース | Main | 2億年と2万年。写真:藤井敬子作・銅版画「時間泥棒」 »

December 10, 2010

1.5メーター掘ると、2.5万年。桜島が大噴火したときの層が現れる。

Uemurahakkutu2.5万年前、桜島が大噴火、平安時代を掘り下げると白い層が出てくる。
動物園の発掘現場での体験

脳の組織、新皮質の下には、動物の脳や爬虫類の脳があるらしい

キャベツのように過去の記憶を包み込んで我々は誕生してくる
ミルフィーユのような過去の出来事、地層の上に


上村亮太さんの「excavation site in ruins」(写真)

足の下には痕跡が眠る
気づかないようで
意識してないようでも


足の下にはまだ名前もなかった火山が吹き上げた白い灰が敷き詰められている

gallerymorningkyoto、Uemura Lyota Exhibition “Small winter tour”上村亮太展

|

« なごりもみじの頃に。正月準備。gallerymorningkyotoのアート・ショーケース | Main | 2億年と2万年。写真:藤井敬子作・銅版画「時間泥棒」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50261713

Listed below are links to weblogs that reference 1.5メーター掘ると、2.5万年。桜島が大噴火したときの層が現れる。:

« なごりもみじの頃に。正月準備。gallerymorningkyotoのアート・ショーケース | Main | 2億年と2万年。写真:藤井敬子作・銅版画「時間泥棒」 »