« 福村真美 Fukumura Mami ただひとつだけの「プレゼント・スピリット」 | Main | 長尾ふみ Nagao Fumi 冬の情景の一部分 「プレゼント・スピリット」gallerymorningkyoto »

December 17, 2010

町家、処分中(路面電車が走っていた頃巻き上げていた鉄分が赤く屋根に残っている)

Machiyasanjyo相槌稲荷横の家

今、大きな座敷机がゴミ回収車にほり込まれた

画廊の斜め前の連棟の家から家財道具が運び出されていました
おじいさんが、施設に移ってからもう長い

多くの家財道具が、バリバリと回収車の中へ消えていく
生活がなくなって、生活に寄りそったモノ達も消える・・・・


もったいない


土俵の外から見ていると、まだまだ使えるモノばかり
町家も含めて、
外野と内野、町家のことを「守れと」言う人は多い。しかし、そんな人たちは町家には住まない


外野の意見がメディアを賑わす、ヘンテコリンな時代


第三の目からしか、みつけられない価値観。
本当の言い分は、施設にいるおじいちゃんと共に、消え去っていく・・・

|

« 福村真美 Fukumura Mami ただひとつだけの「プレゼント・スピリット」 | Main | 長尾ふみ Nagao Fumi 冬の情景の一部分 「プレゼント・スピリット」gallerymorningkyoto »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50323863

Listed below are links to weblogs that reference 町家、処分中(路面電車が走っていた頃巻き上げていた鉄分が赤く屋根に残っている):

« 福村真美 Fukumura Mami ただひとつだけの「プレゼント・スピリット」 | Main | 長尾ふみ Nagao Fumi 冬の情景の一部分 「プレゼント・スピリット」gallerymorningkyoto »