« 次から次に、つぎからつぎへ | Main | 京都の漆はきつくて光沢があります。臼杵春芳作、浄法寺漆の碗 »

December 08, 2010

黒漆碗で一服。雲ヶ畑の漆は光沢強。掌に馴染む大きさ。中立売り小川角、仁風庵、臼杵春芳展

Kurourushi仁風庵、茶室は南に開かれて、赤い絨毯

ちりきった紅葉が苔の庭を覆う

臼杵春芳さんがひと夏かけて雲ヶ畑で集めた京都の漆の碗
オーナーの心遣いで一服

抹茶の青がよく似合う


・・・・・・・・
・・・・・
・・・

臼杵さんの個展は、今日まで

|

« 次から次に、つぎからつぎへ | Main | 京都の漆はきつくて光沢があります。臼杵春芳作、浄法寺漆の碗 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50244030

Listed below are links to weblogs that reference 黒漆碗で一服。雲ヶ畑の漆は光沢強。掌に馴染む大きさ。中立売り小川角、仁風庵、臼杵春芳展:

« 次から次に、つぎからつぎへ | Main | 京都の漆はきつくて光沢があります。臼杵春芳作、浄法寺漆の碗 »