« 蹴上から別れ、北へ向かう疏水分線 | Main | ベンツじゃなくベンツ級のアートを買おう 番画廊 川島慶樹展 ア リトル クラシック クレージー。伝わってくる »

January 18, 2011

必要なものは必要なときにやって来る

Snowtable月曜日、大阪の画廊をまわってきた。川島慶樹展、番画廊(淀屋橋)、シンボリックな作品がどんと構えて、そのパワーがギャラリー空間を満たしていました

聞いてみると最近作る場所が新たにプラスされたと
鉄の溶接に使う道具も新たに得た、と

アーチストとアトリエ。そして生活
密接に結びついている

立体の場合だけではなく、絵画も、やはり

共同アトリエを借りるという話も最近聞いていて
「変化」は弾みをつける
若い世代には、とっても大切なコトだと


雪が降るとなんだか楽しくなる


雪国に雪が降り続くのではなく
普段、雪に覆われない場所が雪に包まれる

そんな風景はチェックしたくなる
特異な風景・・・めずらしい


でも、そんな珍しさを楽しく思うマインドは、なれれば消えてゆく


さてさて
変化を、変化をと叫び続けた成長のじだい
これからは、変わらない環境の中でいかにマインドを前向きにするか

あるものはいっぱいある
ないモノもあるけど

気持とあるものを結びつけて行くことができれば

川島慶樹さんが手に入れた溶接の機械も受注が減った会社で使わなくなったモノらしくて
人口減少の時代、求めれば不要を必要にかえる魔法が使えるかもしれない

魔法って、お金を使わずに、目的を果たすことってコトじゃないけど
そんなふうに変わっていけば


まんざらでもないと思う


写真:国際交流会館スノーテーブル

|

« 蹴上から別れ、北へ向かう疏水分線 | Main | ベンツじゃなくベンツ級のアートを買おう 番画廊 川島慶樹展 ア リトル クラシック クレージー。伝わってくる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50619797

Listed below are links to weblogs that reference 必要なものは必要なときにやって来る:

« 蹴上から別れ、北へ向かう疏水分線 | Main | ベンツじゃなくベンツ級のアートを買おう 番画廊 川島慶樹展 ア リトル クラシック クレージー。伝わってくる »