« 蹴上、日向大神宮経由で月曜日のギャラリーモーニングへ | Main | 砂の城、荒らしの予感 濱野裕理展 »

February 01, 2011

若きARTが沸き立つ2月の岡崎エリア。濱野裕理展「束の間の夢」Hamano Yuri Exhibition “Short-lived dream”初日です。13日まで

Bokudakenoshirohamano「お金があれば
すきなもんほしいですよね
お金落ちてないですけど

京都はいいですね、ギャラリーが沢山あって

若い人の作品楽しいですよね
卒業展、面白いですよね」

と東京からのお客様

2月にかけての岡崎エリアは、京都にある芸術系大学の卒業制作展シーズン
若い人の作品で沸き立ちます

水曜日から京都市美術館で嵯峨美術大学の卒業制作展がはじまります

gallerymorningkyotoでは、嵯峨美術大学卒業、三年目の濱野裕理の作品、展示しています。
「僕だけの城」410×410mm/パネルに布、アクリル、ラッカー塗料

|

« 蹴上、日向大神宮経由で月曜日のギャラリーモーニングへ | Main | 砂の城、荒らしの予感 濱野裕理展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50747879

Listed below are links to weblogs that reference 若きARTが沸き立つ2月の岡崎エリア。濱野裕理展「束の間の夢」Hamano Yuri Exhibition “Short-lived dream”初日です。13日まで:

« 蹴上、日向大神宮経由で月曜日のギャラリーモーニングへ | Main | 砂の城、荒らしの予感 濱野裕理展 »