« 大畑公成展 Ohata Kiminari ウィーンから帰ってきて初披露。3月8日(火)〜13日(日) | Main | 京都造形芸術大学the HOME展 絵画、よかった »

February 27, 2011

飽食ときどき、おかいさん

Motigayu一拍おいて

また次へ

ここんとこアートの作品をあふれるほど見ている。京都市美術館で京都にある芸術系大学が卒業展をやっていて、見ても見ても終わらない。若い作品は新鮮だ

その上、その大学の卒業生や大学生が周辺のギャラリーで個展を開催している
これも、気合いが入っている

美術館では値段がつかないが、ギャラリーでは販売が主目的
誰かに買ってもらって家で愛着を深めてもらう
なんと、ありがたい

大学の卒業展を総べてみる
そんな人も何人かいる
「角っこのあそこにあった作品」
「赤い顔の作品やね」

作家の顔と
作品と
見た場所と

おぼえている人がいる
もちろん作品の出来、品質がなければそうは行かないのだけれど

ハレの舞台京都市美術館に掛かる芸術大学の作品は、なかなか見ごたえがある

そして、何人かが社会に出てもアートで食ってゆく
京都の町はそんな美大系の学生たちを何人も抱え、毎年毎年、社会に送り出すのだ


・・
・・・
・・

その他にも見物がそろう

●「トウモトシスコ88才デス」の絵、すごい・・・じゆう奔放の筆裁き
・・・・塔本シスコさん遺作展(ギャルリー宮脇)ギャルリー宮脇

●「ブルーシート美しい」と言う世代の日本画展だ、とっても今が描かれている
・・・・山本太郎個展「古典 -the classics- チェリー」イムラアートギャラリー

●点描の現代アート 日本画がだけど透明感有りでコンテンポラリー
・・・・ 佐竹龍蔵展 アートスペース虹


どんな発想が絵になってるのか
その情熱エンジンはなにでうごいているのか
絵を描く持続性って

いったい、なんだろう

厖大な時間の蓄積の前を「アッ」というまに見物しながら
手に入れることが出来ない美しさの数々に別れを告げる

|

« 大畑公成展 Ohata Kiminari ウィーンから帰ってきて初披露。3月8日(火)〜13日(日) | Main | 京都造形芸術大学the HOME展 絵画、よかった »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/50982814

Listed below are links to weblogs that reference 飽食ときどき、おかいさん:

» ギャラリーレンタル [ギャラリーレンタル]
とっても高品質なのに格安価格のギャラリーレンタルの情報です。 [Read More]

Tracked on February 27, 2011 at 04:11 PM

« 大畑公成展 Ohata Kiminari ウィーンから帰ってきて初披露。3月8日(火)〜13日(日) | Main | 京都造形芸術大学the HOME展 絵画、よかった »