« 鋼の包丁。京都の庖丁コーディネーター・庖丁調整士 廣瀬康二さんの工房へ行ってきました | Main | 雪混じりの雨が降ったりやんだりの南禅寺界隈 »

March 25, 2011

カッティング町家。硯師 相馬羊堂さんの展覧会は3月の26日まで

Machiyacut
天窓から光が差し込んでいる
いえいえ、それ以上に天井裏も明るい

建築の授業のために町家の耐震構造を見せているわけではなくて・・・

二連の町家の半分が削除されている
ギャオスが超音波を発したみたい

町家は地震に強いと、ギリギリのところで木材を使い
やわそうに見えるが、その技術はなかなかなもの、ときいたことがある

昔の大工さんの工夫
今のプロが見れば、どうなんだろう


昨日の紫野も冷えていて、展覧会をのぞいた今宮神社の東側
遊狐草舎も冷えていました。

硯師 相馬羊堂さんの展覧会は3月の26日まで


|

« 鋼の包丁。京都の庖丁コーディネーター・庖丁調整士 廣瀬康二さんの工房へ行ってきました | Main | 雪混じりの雨が降ったりやんだりの南禅寺界隈 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/51212193

Listed below are links to weblogs that reference カッティング町家。硯師 相馬羊堂さんの展覧会は3月の26日まで:

« 鋼の包丁。京都の庖丁コーディネーター・庖丁調整士 廣瀬康二さんの工房へ行ってきました | Main | 雪混じりの雨が降ったりやんだりの南禅寺界隈 »