« 春色、大盛り。JR灘、兵庫県立美術館「その他」のチカラ、森村泰昌さんを見ての帰りに | Main | ねじれた »

March 11, 2011

うつりゆく西高東低の気圧配置 Ohata Kiminari Exhibition 2011 大畑公成展、あと二日

Ohatakiminari2011
部屋の窓辺、春先の光がホコリをクローズアップする
目をこらすといつもは見えない物が浮遊している

大畑作品の色彩の中にも、浮遊する何かを感じとることが出来る
花と光、生命と太陽、色と暗がりと

過ぎ去った時間へのおもい、や
日本での未来についての、卒業生たちがセレモニーで抱く感情

別れの3月
出会いの4月

生命エネルギーはあたらしい光に反応してしまう

ぽそり、ぽかり、ほんのり、木漏れ日に感じるようなささやかなあたたかさ
大畑公成の絵の中で揺れる物の正体はななんだろう


ながーく、あたたまってゆく人が多い

|

« 春色、大盛り。JR灘、兵庫県立美術館「その他」のチカラ、森村泰昌さんを見ての帰りに | Main | ねじれた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/51090871

Listed below are links to weblogs that reference うつりゆく西高東低の気圧配置 Ohata Kiminari Exhibition 2011 大畑公成展、あと二日:

« 春色、大盛り。JR灘、兵庫県立美術館「その他」のチカラ、森村泰昌さんを見ての帰りに | Main | ねじれた »