« 姉小路のこぶし、咲き出した(寺町のアーケードから少し東へ) | Main | きょうの桜。南禅寺橋インクライン »

March 21, 2011

大原旬菜市場(里の駅)

Umekaika三条京阪から大原へは京都バスで半時間
ポツポツ雨の中、バスのシートに揺られながら

日曜朝市は有名になったけど、こっちは別会社
近所の農家の産物やお餅などを並べて

つきたてお餅&きなこなどをいただいて

柴漬けなどを買い込む
今晩は鯖寿司とおそば

昔は荷車を転がして大原女さんがやって来たけど
最近は、車を転がしている人を上流へ呼び込むのがビジネススタイル

ここでは、工場生産のお漬け物、裏を返せば
やまほど現在料名が書かれているのとはちがう

紫蘇とナスと塩、だけのんが売られている
夏の紫蘇の色と香りを思い出す

|

« 姉小路のこぶし、咲き出した(寺町のアーケードから少し東へ) | Main | きょうの桜。南禅寺橋インクライン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/51179234

Listed below are links to weblogs that reference 大原旬菜市場(里の駅):

« 姉小路のこぶし、咲き出した(寺町のアーケードから少し東へ) | Main | きょうの桜。南禅寺橋インクライン »