« May 2011 | Main | July 2011 »

June 30, 2011

卯年、半分。うさぎスケボー

Usa今日は、祇園饅頭で水無月を買う?

それとも・・・

京都では多くの人が茅の輪をくぐる日
半年間の厄払い


ほんとうに厄払い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大きな壁がさみしそうにしている人の家に。福村真美の大作を

Bigafterdrak

深く塗り込んだ、水面の奥深く


やすらぎの底に身を横たえて


やわらかく射すひかりと、空のブルーを見上げてみる


・・・
・・

福村真美展 日曜日まで
→→→→→→→→→→→→→→ギャラリーモーニング


福村真美さんの描く「物語り」を読みに来てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福村真美作品。After Dark 「暗くなる前に帰ってきてください」

Afterdarkさらり、薄塗り

前に立つと、転送される


エンタープライズに回収されるまでの少しの間、33億光年よりムコウガワの想像の世界にいける、かも

・・・・
・・・
・・

福村真美展、どっかでみた風景の切れ端に誘われる。そのあとは、

gallerymorningkyoto


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2011

しずかな、植木屋さん

Uekiya電動鋏じゃなく。電動枯れ葉集め機じゃなく

親方が、若い人を指導しながらの刈り込み


・・・・
・・・
・・

福村真美さんも森を描く、どこかで見た、どこかで迷い込んだ、そんな風景をエディットして
独自の風景に仕立て上げる

しぜんじゃないけど、創作の味がしみ出してくる

http://gallerymorningkyoto.com 日曜日5時まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2011

「羊皮紙つくりワークショップ」2011年6月26日(日)14:00-16:30 Atelier Leaves + Rive Gauche

御所の南、子供未来館で

http://www2.ocn.ne.jp/~reliure/link.information.htm

羊皮紙工房 http://www.youhishi.com/introduction.html

Youhishikoubou

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2011

下口 美帆展 Shimoguchi Miho Exhibition 7月19日(火)~31日(日)

Shimoguchgimiho水が巡る

雲、雨、山雲

雨、山、地下水、水源地、湧き水、岩を穿つ流れ

地下水、川、浄水場、水道、人間の中


たまに水は芸術にも係わる

水の惑星

触れ合う水も一期一会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2011

Nikon FG 3500円 フィルムカメラのバニシング・ポイント

Nikonfg生涯に撮る写真の枚数、デジタル時代は100万枚を越えるかも

カメラマンじゃない人も、ケータイやコンデジでいっぱい写真を撮るようになって
楽しく、面白くなってきたなー、と思う

ネットワークにアップする画像、少し前はNikon D90がトップだったらしい
iPhone4が発売された途端にトップを明け渡したけれど
ウワサではiPhone5にはsonyのカメラが付くらしく
青っぽくなる問題もクリアされそう

いま、コンデジの競合はスマートフォン

求められる前にみーんなつけちゃう・発想に、カメラ専用機種はどんどん差を開けられてゆく
ポケットにiPhoneひとつ、そんな世代がもう育ちはじめている


かつて愛用していたNikonFGが135mmレンズ付きで3500円で売ってたよ、とフォトグラファーがおしえてくれた。


時代はとっくの昔に、ビューゥウーン

| | Comments (3) | TrackBack (0)

June 18, 2011

雨が降ると

Face浮き出てくる

想像力がちょいとひっかかって、なんだろう、と

・・・・
・・・
・・

京都市美術館別館で明日までの

まなざしの哲学
嵯峨芸術大学の40周年でいただいた「京都嵯峨芸術大学専任教員作品・研究ファイル」

森本武さんのページ、思わず読み込む。
バブル崩壊の時に唱えられた「負のデザイン」マイナスのデザインのインパクトは今もつづいている

『「新しいもの」を生み出せないのは、それ自身が過去の呪縛の中で運動しているからである』


かつての頭の葛藤は、いま、こころにも、まとわりつきはじめる

・・・
・・

サガビの芸術教育の断面がみえる。平均点を上げる。ちゃんとしたチカラを与える触発の秘密がみえるかも知れないファイル(図録)は、観覧者全員に配られている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「木版画コンテンポラリー」あと2日

Sanun梅雨の京都、朝の風景、山が呼吸をしています。
しとしと雨の京都。美術館では「京展」が開催されています。

木版画コンテンポラリーは後2日。可愛いエディション、まだあります。

版画は何枚かのオリジナルがあり、それぞれにサインが入っています。


コンテンツを決め
彫刻刀を研ぎ
木を削る

べた
いちもんじぼかし
ごまずり
かけあわせ
あてなしぼかし

などなど

様々な技法で色を重ねる

版画は、ペインティングより、少し多めに作戦を練る必要がある

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2011

小さな照明。本田このみさんの版画を使った作品

Hondakonomibox

ほたるのような光り

真っ暗ななかで楽しみたいですね


・・・
・・

「木版画コンテンポラリー」でのスケッチ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

修学旅行生は遠回り。ゆうやけこやけの岡崎広道ラブホ坂

Yuyakehotelsaka三条通りから広道を曲がると少し下る

そこに何軒か、昔「連れ込み」と呼ばれたしっぽりホテルがある

近所のおばちゃんが言う「修学旅行生に南禅寺への道を聞かれたら、参道じゃなく、疏水端の道を教えてあげる。なんであんなとこにホテルがあるのやろ」

近所では、相変わらす、不人気のラブホ。なんだけど、市内にも残り少ない存在


本田このみさん作品、絶滅危惧物にはいるのかも

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2011

紫陽花の頃、南禅寺参道

Ajisai
紫陽花の花が開く

その頃の夜は蛍が飛びかう

だいぶ前のコトだけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2011

Contemporary Woodcut exhibition 2011 June 7 -19 国際版画会議会場(国際交流会館)より徒歩5分のgallerymorningkyotoで開催

HangaContemporary Woodcut exhibition 2011 June 7 -19
Ishikawa Takako, Goedele Peeters(Belgium), Tamura Hiroko, Honda Konomi, Mikami keiko

木版画コンテンポラリー 2011
石川丘子 グドラ・ペータース(ベルギー) 田村洋子 本田このみ 三上景子
6月7日(火)〜19日(日)


gallerymorningkyoto

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2011 | Main | July 2011 »