« August 2011 | Main | October 2011 »

September 30, 2011

入口の赤

Higanbanaふらり、京都市立美術館をぬけて国立近代美術館へ

羅の北村武資を見る

重なりぐあいで無限の模様が浮かび上がる
お召し物としては贅沢やなー

雨の日朝一美術館、監視人ばかりが浮いて見え

極められた「織」は、さすがにさすがに、常人が想像できないワザとじかんが繰り広げられていて
展示物としては、近寄りがたく

出ると雨がぱらついており

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2011

学生は学びの途中にいて、嵯峨野は実りのシーズンで

Hazagakeinaho昨日は、120円になったサンマを焼いてもらった

ウマイ。

近所を散歩すると赤みを帯びた椿の実が目につく。

カードを持って来てくれた作家さんの展覧会を嵯峨美術短期大学に見に行く。んーん。

何か理由をつけることで、見慣れない風景の中に身を置くことが出来る

京都の西の端では、稲刈りが終わっていました

秋を分けて、季節が変わってゆきます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2011

ゆびさきは、脳につながっていて

Yubisaki「猿の惑星・創世記」稲垣吾郎さんが、できのいい猿のコンピュータ・グラフィクスみたいに作品批評をしていた。なんだか「ウマイ」と思ってしまった。猿が持つ木の枝が、放り上げられる、それが宇宙船に変わる「2001年宇宙の旅」

人は、今日も指先を動かしている

コンピュータをあやつり
ハンドルを、シフトレバーを動かし
機械のスイッチをいれ
テレビにリモコンで指令を出す


・・・イタズラもする


・・・いいことも


ある絵描きの右手の指


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2011

視線こだます。中井敦子展、自画像の世界。Nakai Atsuko Exhibition 9月27日(火)〜10月9日(日)

Nakaiatsuko1自画像に埋没した時間。

中井敦子さんのじかん。

05年の、07年の時間が露わにそこに。

気を詰める真剣な描写作業。そして、その中から四本足に合体するもう一つの表現がアラワレイデル。

さらにその絵描き生活に風通しをよくするために風景画が描かれる。

そして、いままでのじかん、ことばに出せないことを受容する裸体

自画像画家がキャンバスに対峙し過ごした時間に自己を挿入して見て欲しい

中井敦子展
Nakai Atsuko Exhibition 9月27日(火)〜10月9日(日)

ギャラリーモーニング
写真は「恥じらいを隠す帽子」(部分)F4 ¥35,000 oil on canvas


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2011

マツモトヨーコさんの1983年の作品、新鮮です。

Matsumotoyoko83はじめてマツモトヨーコさんの作品を買ったのはいつのことだったでしょう。

京都山科の西友? だったかマツモトヨーコさんとしっかり話をしたのを思い出します。

「Face to Face」
「RESERVATION」
「家」

リトの色はいまだに鮮烈
版画全盛期を感じずにはおれません


写真は、gallerymorningkyotoの展示風景。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2011

お彼岸の夕焼け

Ohiganyuuyake目だけじゃなく、気持ちよく

いつもの町の真西の日没


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2011

今日の雑談。Twitter 来週は京都芸大卒、中井敦子さんの展覧会「言葉に出せないこと」

Nakaidm_2
雨の日、朝一番、京都市美術館。ワシントン・ナショナル・ギャラリー展印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション、貸し切り状態。全作品を見渡せる快挙。初公開ゴッホの自画像が売り。モネもマネもやはりいいのだ。市立芸大卒、中井敦子さんの自画像「ことばにできないこと」がたのしみになってきた。
27秒前


今日も12時オープンです。ご来廊お待ちしています。アートイベント山盛りの秋、コレクターの皆さんは楽しいだろーなー。コッチガワ、売る方へまたいでしまってからは、ちょっと大変。ギャラリービュウ、オーナーの金言が前頭葉にコダマする・・・
6分前


京都造形芸術大学でみたT内君の絵、卒業の時「色調トーンの世界」とは全く違っていて、ちょっと驚く。学生のうちにやりたいことすべてやって、社会(個展)にでるまでにはぎゅっぎゅんと、個性をまとめておいて欲しいんだけど。あ、これ、画廊の言い分、です。
8分前


友人達でiPhoneにする人が爆発している。うちのiPhoneはまだビデオチャットは出来ないのだけど、顔を見ながらって、みんなやっているのかなー。またまた、コンピュータの中に引き込まれてゆく。これはもうデジタル半漁人だ
25分前


iPhoneがauからも発売される。価格破壊を先導してくれたソフトバンク、そこからiPhoneが出て、他じゃなくてよかった、と思ったのはだいぶ前だけど。キャリアーを選べる様にあるとマーケティングの達人、孫さんの次の一手が楽しみになる。iPhone5、発表は5日だという、ウワサ。
28分前


版画をつくり、絵を描く。40代になってから東京へ攻めてでる。イラストの発注に応じ、文章を書く。新聞にエッセイを書き連ね、小学館からも本を出す。マツモトヨーコさんの作風は大学時代の基礎の上に無駄なく積み上がっている気がする。50代の円熟、じぶんのなかでもまた共感が深まる
33分前


田中ロゼさんは、じぶんでじぶんに課題を与えて、乗りこえてゆく。当たり前のコトだけれど、がんばっているみたいだ。売上げシェア、リスクシェア、絵を発表する、それだけじゃない、その先を共有したいと思う。
37分前


田中ロゼさんの展覧会をする。大学で絵を学んだわけではなくて。大学へ行くと先生が課題を出してくれる、その中で「じぶん」に気づいて行く、課題を越えて、じぶんの内側へ。大学の課題はじぶんを動かすテコみたいなもので、でも、田中ロゼさんは、じぶんでじぶんに課題を与えて、乗りこえてゆく。
38分前


Twitter書く余裕がある・・・確かに。コンピュータの中にないモノを考える人がいて。でも現実の世界で達成できない「関係」をコンピュータのなかに求めている感じ、どうもぬぐいきれない。Twitter、なんかブレストして暖機運転の感じ。え、古いクルマ化って? んー古い方だろうなー
45分前

朝から疏水で釣りをやっている人がいる。よゆうだなー。コンピュータ前のしごとが詰まっている・・・余裕ないなー
48分前
»


京都東山中之町、gallerymorningkyoto周辺、雨はあがって、涼しい風。マツモトヨーコさんのかわいいの売ってます。
50分前


Twitterはこちら→https://twitter.com/#!/gallerymorning

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 21, 2011

田中 秀介展「空回る傍観」10月18日(火)〜30日(日)京都岡崎gallerymorningkyotoにて

Tanakasyusukedm案内状の絵は「沈黙の坩堝」・・・ちんもくのるつぼ

展覧会タイトルは「空回る傍観」

空回り、している
  動力にならずに無駄に回っている・・・
  どうどうめぐりの状態

傍観が
  かかずらうことなく、そばで見ている
  物事の成り行きを自分の力では変えようとしない
  なにもせずに、みている

制作される時
言葉と絵はある時から二人三脚をはじめ、ペースをあわせる、のだけれど
言葉がとまってからも、絵は走り続ける

どこかで紐は緩むのだ。言葉の限定を置き去りにして、絵は本人とぎゅ、っと寄りそうのかも知れない

辞書を引き、自分の認識を改めるまでもなく、目の前の作品に、文字より先に答えがシメされている

絵のスケール感に、「読んだ」言葉の奥行きが重なって
イメージを成長させる

・・

しぜんのシステムに乗っかって、ココまで来て。それでいて、まだ、しぜんのすごさに気づけずにいる我々は、まるで他人の運命を見るように傍観しながら、猛威を振るうしぜんのまえで空回りしているようだ


・・

様々なものが混じりあう田中秀介さんの絵画世界、その漲るルツボの中身はいったいどれだけ温度を上げるのか


| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風が通り過ぎて

Amatsubu
台風は京都の東側を通り過ぎていった

こういうとき、風はふかなくて

松葉が

桂の丸い葉っぱが

下水のフタに山盛りに


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2011

見ているようで

Gionkeidai

出会う人とひととヒトとは、必ず出会う
ヒトとヒトとヒトは思いの扉を開けておけば

輪廻転生


何回目?


たくさん閉めて来たかもしれない。


・・

見えているようで
想像力が必要で


(祇園さんの本殿の石畳)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2011

よみきれない、雲模様

Amagumo

ブレーキを掛ける暇なくびしょびしょになった

白川通り浄土寺、空はそんなに暗くないのに
全開シャワーのような雨

京都造形芸術大学からgallerymorningkyotoへ
ポパイの創刊号を取りに行く途中

バイクはアッというまに雨を通り抜けたんだけど
先には青空が広がっている


fine v vvvvv vvvv v v v v v v vvvvvvvv vvvvvvv vvv fine

妙な天気


Ineiraisan


| | Comments (0) | TrackBack (0)

“SALE”“SALE”“SALE”

6isu人生の椅子取りゲーム・・・

そんな写真ではないのだけれど・・・

・・

京都造形芸術大学、文化祭。展示されている三学年の絵に「価格」がつけられていた
大学が学生の作品を売る時代、だのだなー

学びの場がドラッガーを学び、マーケティングを施行する。そして学園祭は・・・
すでに「消費社会」に組み込まれて

崖っぷち

・・

ハコバカ」で古本交換販売会。誰もが家にある本をどうにかしたいと、思っていて
ブックオフに持って行けない本、そんな本を誰か必要な人にと・・・言うことで
小さいけど賛同者を得て。シェアな一日

・・

Win Winな関係。そんなこと誰が言い始めたのだろう
ケーキを切り分けたものが、まず一番に選択する社会

これからの学生たちも
家いっぱいに手に入れた人々達も

誰かが音楽を止めるのに躍起になりながら、椅子の周りを回り続けている

ような

・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2011

マツモトヨーコ・ヴィンテージ展。マップケースから現れた作品達

Yokovintage3

マツモトヨーコ・ヴィンテージ展の作品はこちらのページで

正面の「家」の版画、サインとそのあとに83とあります
つくられてから、もう30年近くになるリトグラフ
古いけど保存状況はピカ一

学生時代の「若いエッセンス」を閉じ込めています。

小さくてかわいい作品の他にも見所いっぱいです。

版画にドローング、イラストにエッセイ、多彩なマツモトヨーコさんの仕事、お楽しみください


| | Comments (0) | TrackBack (0)

久保健史展、ギャラリー北野坂。本日まで。

Kubotakeshikitanozaka

重力にまで逆らおうとしているようで 久保健史展、作品群よかった

反逆レギュラーになれなかったアトリエに積もった石たちの思いが、空間をつくっているのだと言う事が 空が見える板の間に浮かんで見えました

溶けたのは引力の呪縛か
表面になる事への祈りか


石との対話、もう少し聞いていたかった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2011

そらのしたのギャラリーモーニング

Sora雨が近づいている

雨雲レーダー、便利。safariのメインページにガジェット設定している
京都市左京区を取り囲んできた
2時間後、降るやろなー

バイクで北山方面へ、用事を終えて白川通りで霧雨に遭う。山沿いはよく雨が降る
すこしアクセルをあけてしまう。雨のライダー心理(ゲンチャリですが)

コンピュータ画面で空から雨雲は見渡せても、山沿いの微妙な空模様は見られない

アッチからまわろ。白川通りから東山通りへ一本はずれると雨模様も変わる
碁盤の目をアミダクジのように走り抜ける

結局はなんということのない雨なのだけど


・・

写真の雲は1回目の秋の時に、撮ったもの

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2011

じかんのけいか(ハコバカ企画本の交換販売会)

Hurukawatyomanekin目尻の角の机の上でiPhoneがスリープに入った

商店街を歩いていると視界に引っ掛かったもの
古川町商店街のディスプレイは長生きだ

押し入れを開けると、雑誌があふれている
ポパイやブルータス、アンアンに・・・他の家族にとっては「じゃま」な存在、あろうなー

これでも引っ越し前にはだーいぶと整理したのだけれど
難波神社横コロンボさんが「京都行きますよー」と言ってくれていたのに、結局来てくれなくて

・・

19日に、ハコバカイベントがある
第1回目の交換会は、本(だれでも参加できますよ)と言うことで選抜メンバーで参加
頭の中で押し入れを開けている。さて、ほんとうにあの中から選出出来るのだろうか

消費財。時間の経過を共有してもなお、いいもの、は、なかなかないから


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハコバカさんちで本の交換販売会 19日、敬老の日限定イベント開催。今出川河原町下がる東側

E0100623_1194026

アートな人のアートな本
建築家の貯め込んだの
ポパイフェチやアンアンフェチ
創刊号収集人
広告デザイン系


巾のヒローイ、お友達が集まって本の交換販売会!

ギャラリーモーニングも参加します。


情報はこちらから、
change hands はじめます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2011

休みの日のミートスパゲッティ

Cafessa歩いてゆける商店街

古川町

京都地検の女のロケ地でもある、ということは前にも書きましたが
テレビの中でオープンしている花屋の前のジュース・スタンド、普段はシャッターが降りている

そんな商店街から白川の方へ少し行ったところにたまーにランチを食べに行く喫茶店があり
「BRUTUS」なんかをまとめ読みする。(『自然観を巡る、心を鎮める旅。』はよかった)

カフェーでもなく喫茶店でもなく
喫茶店でもありカフェーでもありたそうな名前が付いていて


地元の人がやっている、リージョナルな珈琲屋さん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2011

マツモトヨーコ・ヴィンテージ Matsumoto Yoko Painting Vintage 9.13-25

Yokovintage

マツモトヨーコさんのちいさくてかわいい作品を集めて販売します。
ソファーに椅子、彼女が今まで誰かが居たような、という、あの世界
湯気を噴き出すやかん、オレンジのバスケット、そうそう金魚鉢におよぐ金魚たち

先頃京都芸大のオークションでも人気のあった、ポストカードサイズの新しい取り組作品

そして「時を売る店」「植物図鑑」壁面に描き込まれた時計と植物

まだまだ、あります


プラスしてギャラリー・コレクションの古い作品も久々に展示いたします


マツモトヨーコ・ヴィンテージ、お楽しみください


Yokovintage2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2011

お休みの午後、マツモトヨーコ・ヴィンテージ作品を展示して(リビング空間にアートを)

Tsukimidango

お休みなんだけど。マツモトヨーコさんの作品を展示をしていると、どんどんアイデアがわいて
・・・でも結局、シンプルなのに落ち着くんだけど

古川町商店街の喫茶店へランチに
オムライスとコーヒー。豆も買う(毎夜毎夜香りをかいでいる近所で焙煎している豆)

古川町商店街、京都地検の女で鶴丸あや検事御用達の買い物場(ふろう人さんのブログにも取り上げられています。)

月曜日はやっぱり閑散としていて、錦とは大違い(最近、錦は月曜日も忙しいとか)
近所のギャラリーのオーナーを見かけたり、外人のツーリストがブドウをたべてたり

・・

ちょっと雲が分厚くなってきたけど
中秋の名月、ときたらやっぱりこれ
今日は、つぶあんを選ぶ。こしあんだけだと思っていたら、選べた

花屋さんの、お月見お飾りセット500円は見送って

月観る月の月は月見団子で・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2011

絵の中に残る絵描き仲間達(京都の現代美術ギャラリー)

Shibagaki

ビール会議の3人は、皆さんアーティスト。
絵を描いたり、歌を歌ったり。

今日、飲み過ぎ真っ赤な(絵の中で)芝垣さんがやって来て
大吟醸に染まって行かれました


でも、美崎さんの絵の中の芝垣さんは、あまりにも飲み過ぎで・・・


友人と一緒に写真に収まることはあっても、絵の中に登場する機会は、そうそうないですよね
でもここに登場するアーティストの皆さんは友人達を描くことも多く

互いの絵の中で存在感を高めあっているような


・・

動物園へ行ったり、水族館へ行ったり
ビアガーデンへ行ったり

モチーフを見つけに出かけても、美崎慶一さんの描くのは
一緒に行った仲間

スケッチ仲間、うらやましく


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Yamamoto Maiko 10月11日(火)〜16日(日) 山本 麻衣子展

Yamamotomaiko

Yamamoto Maiko
10月11日(火)〜16日(日)

山本 麻衣子展
人間の持つ感情や感覚・・
感動したり、衝撃を受けた時の心の中というものは言葉では上手く説明しきれない。

そしてそれは時間と共に風化していく。

私はそのような言葉では表し難い複雑な心の世界にとても魅かれる。
迷い込んだ物語からも、知らず知らずのうちに現実・日常の時間の流れに引き戻されてしまう。
心の中に芽生えた不思議な世界を一瞬の世界で終わらせずにただ感じるままに描き留めておきたい。

作品にご興味のある方は、ギャラリーモーニング


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2011

美崎慶一展とマツモトヨーコ・ビンテージ(メールマガジン転載)

$Good morning. Art life-マツモトヨーコ・ヴィンテージ


強い陽射しがもどってきた京都
暦の上では、白露。七十二候では、草露白(くさのつゆ しろし)
夏から秋への変わり目・・・
冷やした梨がおいしい頃合いです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美崎慶一展とマツモトヨーコ・ビンテージ

●美崎慶一展を開催中です。11日日曜日まで。
あした土曜日、夕刻ワインを抜きます。美崎さんとお話ししたい方は、ぜひ。
http://gallerymorningkyoto.com/2011Exhibition/misakikeiichi2011.html


●常設展示とマツモトヨーコ・ビンテージ
9月13日から25日は「Live with ART 2」(ギャラリーモーニングの常設展)
お気に入り作家の作品をゆっくり選んでいただけます。

今回の目玉は、マツモトヨーコさんのアトリエのマップケースから出てきた
小さくてかわいいアップリケの様な作品

http://gallerymorningkyoto.com/2011Exhibition/matsumotoVintage.html

今回もお買い上げの方には、マツモトヨーコのポストカードをプレゼント
ぜひ、見に来てください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中秋の名月も近づいて、近所の瓢亭さんの店先には「月見団子」の風流なしつらえが登場。南禅寺の参道が、いっきょに秋のムードです。


フェイスブック・ホームが出来ました。
https://www.facebook.com/pages/gallerymorningkyoto/176766552383847?sk=wall
・・・いいね! をよろしくお願いします。


メルマガ(ART ViEW gallerymorningkyoto )登録は
こちら http://www.geocities.jp/gallerymorning/mailmagazine.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2011

お昼に迷う

Shirakawamokuge画廊を出て西へ。神宮道まで

ちょっとペダルを踏むと、ミニちゃりは古川町まで転がって行く

今日は水曜日で「おふく」はやすみ「かふぇ茶」? 「はやし」「マルシン飯店」
「マクド」も見える

そやそや「唐船屋」さんで凸版印刷工房の展覧会やってたなー

そやそや「ギャラリー16」も寄っていこ

胃に直結の脳ミソ部位より、他のトコがよく動いて

結局、おいしいのにまだ知れていない古川町三条北「いっちゃんラーメン」で本来の白=いっちゃんラーメンとチャーシュウライスのランチセットを食べる

陽射しはまだ夏。近所でランチ迷子になりかけた

もたいさんとキョンキョンが映画「マザーウォーター」で歩いた川辺の道が花盛り


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2011

そら、くもよりも、高く

Cloudmidorogaikeラディオ・ベーグルへ買いだし

3時を回って、もう、残り少なかった、けど、今日は

シナモン、譲れない。イチジクとオニオンと

そして、誰かに持ってゆきたくなって
叔母の家におっそわけ

そして、深泥ヶ池を眺めてくる
黄色い小さな花(うまく黄色に写ってくれないんだけど)水面から花2つ顔を出して

柔らかな地面を、水との境界近くまでいくと
主のような鯉が近づいてきて、ジャボン・・・水面に波紋が広がる

何事も起こらない、かのように
生まれウツロイ世代をつなげて死ぬる、じつはいっぱいのことが起こってる、んだけど


・・・
・・

人間だけが、湖面に映った白い雲を誰かに伝えたい、なんて、思うのだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2011

どうやら12号の雲から開放された?

Amenososui台風一過、とはいかない

雨が後を引いて降り続いている

下水口のグレーティングには松葉がいっぱい貯まって
道は葉っぱでいっぱい

近所の人が掃除している

明治時代の無隣庵も、江戸からの瓢亭さんも、昭和のラブホテルも
台風の風をくぐり抜けて

家の前から、少しだけお隣さんまで門掃除
12号に振り落とされた葉っぱが始末されていく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2011

マツモトヨーコさんのVintageもの

Matsumotovintage

お宝が送られてきました
マツモトヨーコさんのマップケースから引っ張り出されて

そのなかでも、小さいのが面白い!

「洛中楽人」というホテルの小冊子にイラストなんかも描かれていたことがある
「その絵イイナー」と思っていてもなかなか「原画」は市場には出てこない
イラストには編集され、文章と組み上げられ、印刷されて機能する
そして、複製がいっぱいある

でもね、作家が描いた「肉筆」の味わいは、これまた、なかなかのもので

分厚い紙に描かれていて、ちょっと紙が反っていたり
絵の具のシミが裏側に出来てたり

今回、ものすごく小さな作品なんだけど
切り抜かれていて、まるでアップリケみたいで

椅子もあるし、金魚もいるし、ヤカンやベッドやショーウインドウ

キッチンコンロが、またいいのです。


マツモトヨーコさんのファンであっても「レアー」な感じ
たぶん、額装して8000円前後のお値段に。


お楽しみに!


→→→ギャラリーモーニング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風の前

Sosuiohtouカラスの鳴き声の聞こえない朝

疏水鴨東運河はいつもの水量

広道の橋のサギはいつもの場所で水面を見ていた

動物園の観覧車は動いてなくて、細かい雨にうたれてる

京都市美術館フェルメール展のテントは取り外されていて


Tenkizujp
お天気の情報がなければ普通の朝のような。でも、それを知っているから雨の降る前に買い物へ
今日は大きめの傘を持って、と。イロイロと。Tenki.jpで雲の様子を確認したりして

スッゲ、と思う。
あ、台風の目のところで鳥が羽ばたこうとしている

目だけは、すでに宇宙レベル

気圧が下がって、蒸し暑くて、ときどき風が怒ったように
この台風はきっとまっすぐやってくる

・・・
・・

雨ですけど、
美崎慶一展、開催中です。ギャラリーモーニング

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2011 | Main | October 2011 »