« September 2011 | Main | November 2011 »

October 30, 2011

田中秀介展「空回る傍観」雨の中、沢山の方に見ていただき感謝。

Tanakadrw4今日の雨は、様々なイベントに「残念」を与えた。岡崎ときあかりも「雨天中止」とあった。口コミが広がって3日目、岡崎には冷たい雨となった。

より多くの人に、知って欲しい、見て欲しい。gallerymorningkyotoの展覧会も同じ
特に今回の様に、大阪芸大を出て3年目の若手の絵、京都初個展は、なかなか知られてなくて
最後の一日も晴天で、さらにさらに、みてほしかった、と

田中秀介展・アーカイブぜひ、ご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2011

岡崎あかりとアートのプロムナード。あかりが彩る洛中・楽人

Muselightもうすぐはじまる、ライトアップ

今日と明日、岡崎神宮道界隈(地下鉄東西線東山駅近く)がライトアップされています。

何だか宣伝不足、呼びかけ足らずなんだけど、見にいってみると
揺れる美術館の映像に歓声も上がって

京都市美術館前がメイン会場。 6時ゴロからお出かけください。

美術館も動物園も普段より少し遅くまで入場できて
NightZOOにNightMUSEUMにおでかけあれ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2011

京都インクラインでケンケンパ

Kenkenpa地下鉄蹴上駅から動物園へ

疏水記念館から蹴上公園へ

登ったり、おりてきたり

インクラインを走ってゆく

今日のみんなは、重そうなリュック

きっとお弁当がはいってる

天気は秋晴れ120点、インクラインの坂を登っていく

たこウインナーは入っているかな

おにぎりは、ふりかけ付き?

丸美屋か永谷園か、それともミツカン、ごまリッチ

ほんとに遠足日和です

小学校4年生? のころ

ほら、思い出すでしょ


| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 26, 2011

郡山城下の遊郭にて

Yuukakuwindow2近鉄郡山。駅前の不二家は消え去っていました。その道を東へ。細い道沿いに点々と明治の木造建築が

少し行くと昔の歓楽街が断片的に現れる。木造三階建て。お金をかけた作り
そのうちの一つが旧川本邸

原田要さんの作品の横に、ハート型の窓、というか風抜きがデザインされていた

HANARART の展覧会は30日まで


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2011

harada kaname works 原田要作品、大和郡山城下・旧川本邸2階。あまたの男女が肌身をあわせた場所に咲く

Haradakanamework

花粉をまき散らす季節なのか

花の奥が怪しく暗い

もう何年も前に使われなくなった遊郭

挿入されたアートは座敷の真ん中で妖しく生きているようで

・・・
・・

HANARART
10月30日、日曜日まで


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2011

南禅寺草川町の自主防災訓練に参加

Nanzenjikusakawatyo

秋晴れ、アツいぐらいの午前中
町内会の防災訓練

集合場所から避難所へ
歩いてみました

いざというとき、やはり人と人の繋がりで乗りきるしかないと
地域のことを考えました


| | Comments (0) | TrackBack (0)

南禅寺草川町の自主防災訓練に参加

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2011

久保健史展、難波高島屋6FギャラリーNext1で開催中

Kubotakashitakashimaya
高島屋の現代美術のスペース大きい

そこで久保健史さんの作品が密度濃く展示されている


Kubotakeshitakashimaya

のびのびと

浮き上がりそうな羽根を持つ作品も

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2011

東京根津でマツモトヨーコさんの偏愛京都が見られます。

Tsubamebooks偏愛京都原画展
http://www.geocities.jp/matsumotoyoko55/event/henaikyoto.html

お祝いにプレゼントに
いつでも買える、マツモトヨーコさんの作品はこちらから

  gallerymorningkyotoショーケース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2011

いい月が出ておりまして

Tukikumoちょっと帰りが遅くなって

細い葉っぱのようなカタチの雲に月が浮かんでおりまして


| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月19日(水)→25日(火) 久保 健史 石彫展 なんば高島屋

Kuboyakashimayaさて、明日から。

南へ言ったら、高島屋

エレベータで6階へ、ギャラリーNEXT

久保健史さんの作品の一部はこちらにも

gallerymorningkyoto 2011

こちらにも
gallerymorningkyoto2010

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2011

フェルメールからのラブレター展、ワシントン・ナショナル・ギャラリー展印象派・ポスト印象派 奇跡のコレクション、そしてgallerymorningkyoto山本麻衣子展

Kyotomuseイイ天気になりました。南禅寺のお坊さんが「ほー、ほおーーーぅ」と朝のお勤め。桜の木の上の方と夏蔦が色づきはじめて、京都岡崎。フェルメールからのラブレター展、最終日です。

またも大行列だろうなー。大変なようだったらギャラリーモーニングの山本麻衣子展へ、ちょっといい雰囲気の若手の花模様が見られます。

紅葉真っ盛りの一ヵ月前、アートは真っ盛りのようです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2011

山本麻衣子展、奥の部屋展示。やわらかな空気感

Yamamotomaikowork山本麻衣子さん、この前の展覧会は3月12日から
東京の銀座の画廊ではじまった。


しかし、そのころ東京は、福島は大変なコトになっていたのだ

彼女は、子供たちの手を引く母親達と共に西向きの新幹線にのって帰ってきた

そこから一念発起、新作を描き始める

そしてgallerymorningkyotoの壁は80号の一枚を引き算してもなおしっかりと埋まっている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2011

おろち、はしる

Orochiやっとの思いで実現した中井敦子展もはやばや、二週間が過ぎ
ニューフェイス・プレゼンテーションの山本麻衣子展の搬入の日曜日

おりしも粟田神社のお祭りの夜で

三条広道の坂を山車があがってきた

周りは、変わらず、クルマのヘッドライトで明るいんだけど、やっぱりなんか非日常


祭の夜


| | Comments (0) | TrackBack (0)

「小さな光りを辿って」山本麻衣子展。2011.10.11-16

Yamamotomaikoex今日から山本麻衣子さんのニューフェイスプレゼンテーション。

画廊が花の香りに満たされています。ドアを開けると、香しい。


日曜日まで


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2011

粟田祭、神振行事。石見神楽「恵比須大黒」めでたいいめでたい

Ebisudaikoku京都盆地に日がくれて

粟田神社の舞台に恵比須大黒がやって来て

空くじなしの大くじ引き抽選会は、むじるしくじで缶ビール
中井敦子さんとたこ焼き食べて

祭の夜がはじまった

粟田神社はgallerymorningkyoto徒歩3分。今夜はねぶたがまかり通るらしい
祭太鼓が響いています

中井敦子展、最終日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2011

気持ちいい秋の日

Hagi今日は蝶々をいっぱい見ました。
インクラインの水辺に咲いた花に、ヒラヒラとひらひらと

萩の花も、みごと

でした

・・

町内会の会議で防災についての調査を行うことになりました。

自力で逃げられる人
自分では逃げる自信のない人
人を助けることのできる人

いざというときに、どうなるかは分かりませんが
名簿づくりの過程で理解を深めることが大切と


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2011

南禅寺道・岡崎広道角の萩&蝶々

Haginityou秋分の萩

頃合いの咲きぶり。ヒラヒラと黄色が動いて

コダマ・ギャラリーの作品「クラッカー 6Pチーズ」(和田真由子作)が思い浮かんで

黄色繋がり

やわらかいけど強い
目立つけど目に馴染む


気になる色


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2011

ギャラリーモーニングのフェイスブックページです。いいね! よろしくお願いします。

Gallerymorningkyotofacebook


ギャラリーモーニングのフェイスブック・ページです。
https://www.facebook.com/pages/gallerymorningkyoto/176766552383847

いいね! をよろしくお願いします。


にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

現代美術画廊&アートのセレクトショップ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

砂場の風景。大人になってもあそび続けると言うこと。「世界制作の方法」国立国際美術館

Osakayuhi卒業した小学校で町内会対抗の運動会があった。何年ぶりだろう・・・「若手」として走ってきた。そこで見たモノは伸びやかな筋肉を持ち小さなトラックをカラダを斜めにしながら駆け抜けてゆく、美しい若者の姿だった。膝をあげ、前を見て、記憶にある「走り」の記憶を辿りながら、対極の(ミニクイ)姿をみんなに見守ってもらいながら、最後の町内会対抗リレーで足がつる

躍動感
やわらかで
自分なりのコースどりで

キピキピと
目は前向きで
抜かされても力一杯・・・みんなと同じトラックを走ってきた

次の月曜日に国立国際美術館で「世界制作の方法」という展覧会を見た
70年代生まれのアーティス達が

  エキソニモ、パラモデル、青木陵子+伊藤存、クワクボリョウタ、
  木藤純子、鬼頭健吾、金氏徹平、大西康明、半田真規

招かれていた。フダンできない体験の場が中之島の地下に作られていた
同じトラックを走らない人々・・・アーティスト・・・

小さな電車が暗闇を走っている。ヘッドライトが次々に風景を照らし出す。えらくゆっくりなんだけど。真っ暗闇に導かれた後の小さな明かりは部屋全体に影のアートを描いて走る。

日用品で作られた町。クワクボリョウタさんの作品

ゆっくりなんだけど、はなれずゆっくりと拝見した。最後にざるの山をくぐる、そこは、想像を超えた「ざる影」。あっというまに包まれて、小さなゲージに乗せられたような錯覚に。
ぐいっと連れていかれてしまった

その後突然、どん、と突き当たった列車は、高スピードでバックしはじめるのだ。欲求不満? が一挙に解消される、今までのゆっくりに、ちょっとなーと

スピードのある、毒された日常にツレも出される、ちょっと爽快・・・
脳ミソが(21世紀的スピードの)日常にもどる


高齢化社会の高齢化運動会・・・それでも子供たちの運動会であることは変わらず
子供たちは応援に飽きると「砂場」に集まってきて、すなをいじりはじめる。誰かがペットボトルに水を運んできて「ジャジャじゃー」、と

何人かが水道に走る、手に手にペットボトルを握りながら。水を含んだ土は子供たちの想像力を一挙に触発する。子供たちは、何食わぬ顔をして、力を合わせながら


ほうって、おいても、地球のカタチを変えてゆく


国立国際美術館の地下三階に広がるインスタレーションの如実
そこには30歳を越えても、まだまだ「砂場」から離れようとしないひとたちが
砂と砂との新しいツナギ方を問いかけていた


WAYS OF WORLDMAKING
12月11日まで


応援席のテントがたたまれた閑散の砂場には子供たちの遊んだ痕跡だけが残っていて
もう、一生懸命水を運んで砂を固めた「今日の思い出」は子供たちには残ってない


もうすぐ太陽が沈む


ある時間のあいだだけ、見ることができるもの。普段をフダンじゃないところに出現させて、インスタレーションはその場かぎりのじかんを消滅させてゆく


くりかえし、そして、くりかえし

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« September 2011 | Main | November 2011 »