« 下鴨神社で蹴鞠はじめを見物 | Main | ふゆいろ »

January 09, 2012

300メートル先のキリン舎は、もうすぐアフリカのサファリになる、のだろうか

Kirin太ももにハートの模様あるキリン、京都市動物園のキリン舎はラブホ坂を下って
疏水にかかる広道橋を渡った右側にある。

gallerymorningkyotoから一番近いところにいる動物


・・

写真は、上村亮太さんの作品。
「夜の動物」



・・

京都のキリンは全力疾走できない空間に閉じ込められている
いま、京都市動物園では「アフリカの草原」工事が進んでいるらしく
ひょっとすると、キリンはかけっこが出来る空間に生きることが出来るかも知れない

動物園の周辺での暮らし
もちろん、動物の、動物園のニオイがするのだけれど

桜の枝の隙間から、チンパンジーが見えたり
シロテテナガザルがグレートに鳴く声に目を覚ましたり
するのは、他とはちょっと違って


昨日からは、目を覚ますと、目を光らせた「キリン」さんが壁に掛かっている
ということに

・・

上村亮太さんは、神戸の王子動物園の近くに生息しておられて(ん?)
3月に「紙の仕事」で、これまた動物大好きの栗田咲子さんと、山本恵さんとの展覧会に出品していただくコトになっていて(お楽しみに)


gallerymorningkyotoは、明日から2012年をオープンします。
今年も現代アート、そしてギャラリーモーニングをよろしくお願いします。


来週は、
北川安希子展(日本画)がはじまります。
2012年1月17日〜29日 

2011年度、日本画新展大賞受賞の作家さんです。

日本の冬の風景を味わっていただけるはずです。

>>>>ホームページ更新しました


|

« 下鴨神社で蹴鞠はじめを見物 | Main | ふゆいろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/53696310

Listed below are links to weblogs that reference 300メートル先のキリン舎は、もうすぐアフリカのサファリになる、のだろうか:

« 下鴨神社で蹴鞠はじめを見物 | Main | ふゆいろ »