« 伊勢へ。外宮、内宮。そして大台町、瀧原の宮へ | Main | うずくまる冬の柳。北川安希子展。日本画新展、美術館「えき」ギャラリーでも北川安希子作品展示中 »

January 25, 2012

絵の具の匂いの見える指先に灯すもの

Kimanobashi若者は絵を書き続ける
普段の日も
日曜日も

下宿代を払い
絵の具を買い揃える

時間はいっぱいあるように


見える

実は、その時間さえ足りないほど

絵では食えない
割り切って生活を支えなければならない。犠牲は大きい

絵を作る時間が
見る人によって消化されてゆく


絵はアートは生まれでる、のだけれど
育つのは画家のあとりえではなくて


誰かのリビング空間で
育ってほしい


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

冷泉通り熊野橋
冬の疏水は水が抜かれて浚渫が行われる
ブルドーザーが川の中、なんともなー


|

« 伊勢へ。外宮、内宮。そして大台町、瀧原の宮へ | Main | うずくまる冬の柳。北川安希子展。日本画新展、美術館「えき」ギャラリーでも北川安希子作品展示中 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/53821292

Listed below are links to weblogs that reference 絵の具の匂いの見える指先に灯すもの:

« 伊勢へ。外宮、内宮。そして大台町、瀧原の宮へ | Main | うずくまる冬の柳。北川安希子展。日本画新展、美術館「えき」ギャラリーでも北川安希子作品展示中 »