« January 2012 | Main | March 2012 »

February 28, 2012

いつもとは違う画廊への道。

Sosuisouth

ふるーい話ですが。宣伝会議のコピーライター養成講座で

「今日からはなるべく同じ道を歩かないように遠回りして帰ってください」
「早く帰ってテレビ(CM)をしっかり見てください」

と言われたことがあって、なんか真逆だなー、と思った。


いつも渡る橋を、真逆から見ている。
動物園の入場料は600円になっていて

シマウマに象に、草食動物系のニオイが一段と強まる中、まぶしい疏水の水面


噴水の音に車の音もかき消されて

| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 25, 2012

人工的直線と雪のフラクタル、長尾ふみ世界への出発

Parking


去年の長尾ふみ作品に触発されるが如く撮った一枚の写真。


いい物は心に残る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2012

チンパンジーが

Suzumi京都市動物園のタワー

チンパンジーが何かしているのだけれど
肉眼では確認できず

レジ袋のなかの何かを食べているようにみえる。
冬の動物園、木々の葉っぱが無いのでよく見える

ジャングルを知らない研究室生まれのすずみちゃん?

みえますか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2012

そー言えば、花の上の雪が、よけられていた

Hanayuki

花咲かじいさんがいる

この前の雪の日、街路樹の根元に植えられた花の上の雪がよけられていて


だれが植えたのだろうと

・・


今日はレジ袋を握りしめてゴミ拾いをされていた。
京都中の街路樹の根元に花をさかせる


だれにもしられずに


| | Comments (1) | TrackBack (0)

February 17, 2012

東京スカイツリー開業の年2012。木版画での描写。タワー十景

Hondakonomi

上空から見る東京タワー、そして東京スカイツリー

タワーグッズもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2012

本田このみ Honda Konomi 木版画タワー十景。スカイツリー開業の年の

Hondatower

画廊の奥の部屋はタワー・シリーズ

小さな木版画と、木版をつかった小箱。なぜか電子部品が納められていて

ニホンのお家芸、ふたつ

小さな箱を開けに来てください


Photo


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2012

木版画で見る現在進行形。本田このみ、初個展。2月14日より

「スポットライト」 
本田このみ 木版画展 2012. 2/14(火)-19(日)

Hondakonomi72

「スポットライトを当ててみたいと思いました。
歴史的ニュースや進歩の後ろに隠れている何気ない背景や、大きな世界の小さな一部分がいつも気になります。今回は、そんな『誰も気にしないような小さな点』をテーマに制作しました。
作品を通して、新たな視点を発見して頂ければ嬉しいです。(本田このみ)」

略歴
1987年 兵庫県生まれ
2010年 京都精華大学芸術学部版画コース卒業

今回の初個展では、「大きな出来事の中の小さい出来事」と、「大きな世界の中の小さい世界」にスポットライトを当ててみる、をテーマに

<南極点のお弁当>

<ビートルズ来日の時の記者>

<自分の部屋(DM掲載作品)>

などの平面作品のほか、木版画でつくった小箱など新作約20点を展示します。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都芸大制作展、京都市美術館。プロダクト系の「潤杯」goog!!

Sotuten

卒業生を中心に700人の作品以上が並んでいる

シンセン

アート・ワールド

日曜日まで。無料です。
京都の芸術大学で学んだ人がここ岡崎の美術館でフィニッシュを飾る

・・

京都市美術館、毎年、学生たちの展覧会から優秀作品を集めて選抜展示をしてほしい
京都の町を元気にしている学生たちにエールを送ってほしいと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2012

京都市立芸術大学美術学部、作品展示。雪模様

Ooeyuki

京都市立芸術大学では、毎年恒例の美術学部および大学院美術研究科修士課程の学生全員(約700名)による作品展を、京都市美術館および本学を会場に開催しますので、お知らせします。

雪がぱらぱら東山から、阪急桂駅へ
そして大枝の山に登ってゆくと霰が歩道に跳ね、その後、雪模様に

寒かった

選ばれた若き才能が空間にあふれていた
なぜか息苦しい密度
ほっと息を継げる作品に立ち止まる

間合いのいいアニメ、
クイックレスポンス付きモンスター絵画
雪舞う中の壁画公開制作
トマソン収集
漆の記憶にあてられたライト
手技の立体年表

などなど

いい呼吸が生まれ出ていた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2012

2012年3月20日より「マツモトヨーコ絵画展」gallerymorningkyoto

Matsumotoyoko2012

次回絵画展は来年3月20日に初日を迎えます。
ギャラリーモーニング(京都)にて開催。

桜の花が咲く頃に、マツモトヨーコさんの新作を展示します。
よろしくお願いします。


| | Comments (57) | TrackBack (0)

マツモトヨーコ絵画展 阪急うめだ本店11階 美術画廊I 2011.8/17-23

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2012

冬比叡、立春の比叡山

Photo

立春の日の比叡山
柔らかな光の中につつまれていて、一番寒い中に春が立ち上がっているようで。
空も雲も山も一緒になって春やでー。みたいな朝でした

節分のころ京都盆地の底冷えは一番堪えて

朝の比叡山は雪をかぶっていましす


最近、朝日に当たる比叡山がなんだか魅力的で
平安の都人も、そんなふうにしぜんの神々しさを思ったのかも、と

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2012

鬼を見に行きたいけれど・・・節分の頃の底冷え、こたえます。

Newcamera_2吉田さんの節分祭の頃の、京都の底冷えは身に沁みます。

「追儺(ついな)式」を一番前で見たことがあります。
2時間も前にロープの前に陣取って
左右も大きなカメラを抱えた人がびっしり並びます。

その時は、温かく、人でも多かった
http://plaza.rakuten.co.jp/futuremorning/diary/200802040002/

今年のこの寒さ、夜の2時間はこたえると思う・・・あ、行きませんけど

伝統の儀式を一番前で見る・・・なんとなくうたれるモノがあって
ニュースや次の日の新聞のコメントが空々しく感じたのを思い出します

・・

暖かなデスクトップ前、ありがたいなー
昨日宅配便で届いた一品
今日のちょっとうれしい気分

実はClassicカメラタイプのiPhoneカバー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »