« February 2012 | Main | April 2012 »

March 30, 2012

桜に足並みが揃って。田村洋子・木版画展開催です。

Tamurahiroko

ギャラリーモーニング京都です。
桜、そろそろ開花です。約二週間の遅れ
こんな年もあるのですね。

画廊近くの岡崎疏水鴨東運河を走る観光船、今年はライトアップした桜の下を走る「ナイター」も開催されます。
「岡崎疏水・桜回廊ライトアップ&十石舟夜桜運航」
http://www.kyoto-tabi.or.jp/jikkokufune.html

・・

桜と足並みを合わせた展覧会がはじまります。


田村洋子木版画展
4月3日(火)~15日(日)月曜日お休み

Tamura Hiroko Exhibition 
2011.4.3 - 15
詳細はこちらから http://gallerymorningkyoto.com/


写しとられる森のテクスチャー

初個展から一年、毎日毎日、木版画に向かい合っての2回目の個展です。
「誰も気づかない、へんてこで穏やかな世界」の風景
「よく見ないとわからないけど、よく見るとすごい」神秘の世界への眼差しを「木版画」という道具で表現します。

彫刻刀を使って、はねのけられた木片。残されたカタチは、幾度か色が重ねられることで
不思議せかいへのトビラを開き、反転して作品として姿を現します。

目玉焼きの浮島、金魚がゆーらりと泳ぐ池
リアルなフダンの中に入り込んでくる「たむらひろこ」の世界、お楽しみください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1985年 奈良県生まれ
2010年 京都精華大学芸術学部版画コース 卒業


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

マツモトヨーコ絵画展いよいよ大詰めです。

4月1日(日)午後5時まで
よろしくお願いします。
絵画展の全貌のページはこちらから
http://gallerymorningkyoto.com/2012exhibition/matsumotoyoko2012.html


| | Comments (55) | TrackBack (0)

March 28, 2012

さくら満開です。京都岡崎ギャラリーモーニング

Benihigan


デザイナーの河元さんにいただいた八重紅彼岸、満開になりました。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2012

マツモトヨーコさんのポストカードとイラストマッチ

太陽に外に誘われて、お多福蔦を水耕から土へ
隣でチューリップが咲きはじめました

Postcard

マツモトヨーコ絵画展を開催しています。
http://gallerymorningkyoto.com

近作、安全燐寸シリーズとポストカードも取りそろえています。
4月1日、午後5時まで。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 26, 2012

雨あがってまだ寒いインクラインの桜

Sakuramae再び寒くて
もう少し、と
膨らんだ桜の花芽

忙しくなる前の京都模様


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 24, 2012

小吹画廊、ライター小吹さん案内の京都ギャラリーツアー

Photo京都芸術倶楽部のイベント

美術ライター小吹隆文さんが案内役

マツモトヨーコさんの解説付き


| | Comments (216) | TrackBack (0)

March 21, 2012

サクラサク、春もうすぐのインクライン

Haru1
桜の前のインクライン

ふたりの遊具

はるよー♪

サクラは咲いてないけど

思い出はきざまれて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 20, 2012

マツモトヨーコ絵画展。2012年、はじまりました。

Matsuex

マツモトヨーコさん在廊日。25日(日)までは毎日。次の週は31日(土)と4月1日(日)
ぜひ、マツモトヨーコさんがおられるときに、画廊へどーぞ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2012

京都疏水インクライン、桜のつぼみが

Sakuratsubomi

雨の啓蟄
土の中だけうごめくのではなく

地面の震動はつぼみにも刺激を与えて


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2012

「乙女さざんか」栗田咲子さんの作品。

Kuritasazanka

gallerymorningkyoto
紙のしごと展

栗田咲子、水彩作品

| | Comments (17) | TrackBack (0)

March 12, 2012

車の通らない道

Niomonnst真ん中を歩いてみた。
警備員も何も言わない。

空も広い。

ココは京都にはじめてチンチン電車が走った道。

むかしむかし、疏水を望む垂直の石垣はなだらかな法面で

京都マラソンの交通規制で車が消えて

まんなかを歩いてみた


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2012

紙のしごと、の風景。上村亮太、栗田咲子、山本恵のしごと

Photo展覧会がはじまっています。

紙の仕事は手で千切ったり、紙を上から貼り付けたり
ちょっとプラスαがあって面白い


こんかいは、3人の作家さん達の作品を、展示しています。


一枚一枚に背景があって、三重県への旅行であったり、近隣の草花への思いであったり、心の中の残像の再現であったり


明るく塗られた作品にも、神戸の震災体験、しぜんに対峙したときの、ひとの弱さが埋もれていたり


いろんなことが響いてきて

| | Comments (49) | TrackBack (0)

March 03, 2012

京都市動物園は改造中。虐待カンキョウは改善するのか?

Zookanran京都市動物園の観覧車
上からの風景の記憶はもうない。でも、子供の頃に乗ったのは確か。
なんで一周!? 思った記憶だけは濃く残っている


その観覧車を正面から撮影できる場所がつくられた。
新しいコンクリートの建物の屋根の部分が歩けるようになった

上から動物たちを見下ろすことが出来る
でも、なんだか、しっくり来ない

何十億も予算が付いたはずなのに、インターフェイスが心地よくない。


まだコレからの「アフリカの草原工事」もなんだか先が見えて期待薄
老齢化した桜の根元までコンクリートブロックで固めてる、そのセンス


結局、動物園に流れる負のパワーを押さえきれない、のだ。
動物たちの野生を奪って閉じ込めているのだから
しかたないのだけれど

でも、牢獄設計、もう少しなんとかなりそうなんだけど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2012 | Main | April 2012 »