« May 2012 | Main | July 2012 »

June 29, 2012

掘るの? 南鳥島沖にレアアース鉱床=国内消費量220年分超―EEZ初、東大チーム発見。

Id


「採掘の技術開発が必要」なんて、コメントしている大臣がいました。


アップルへ3つの提言:「修理困難な機器は、人類を危険な道へ導いている」
http://wired.jp/2012/06/29/apples-unfixable-devices/?utm_source=mail&utm_medium=mv

静かに暮らしている人達も地球上には沢山いるみたいです。そして一部が危険な道へ

・・

ワイヤードより

私は、持続可能なテクノロジー産業が実現されることを夢見ている。iPadのような人々の暮らしを変える革新的な製品がつくりだされ、それが地球上のすべての人の手に渡っている、といった世界を夢見ている。そこでジョナサン・アイヴ(アップルのチーフデザイナー)に言いたいことがある。テクノロジー業界は、驚くほど素晴らしい新製品をつくることに加え、次にあげる3つの目標を持つべきだと私は思う。

・地球上のすべての人々が、さまざまな革新的技術を使えるようにすること(世界人口の12%を占めるに過ぎない先進国だけでなく)。
・環境や社会へ壊滅的な影響を及ぼすようなハードウェアの製造方法をなくすこと。
・さまざまな資源の採掘量をいまよりも大幅に減らすこと。たとえばコンゴ共和国でのコルタンをめぐる争いから発展した内戦から、米モンタナ州バークレイピットでの大災害まで、資源採掘が原因で様々な惨事が起こっており、いまでも中国やアフリカでは同じような悲劇が繰り返されている。


・・

ウランを採掘しているネイティブ・アメリカンの話を思い出した。
脱原発を叫びながら、日本人
節電をしながら、MacBookの新製品を思ってるアタシもその一人


スマートグリッドの蓄電池としての電気自動車、コンピュータ、iPhone・・・レアメタル・・・

しずかに眠らせておくという選択肢もあるみたいです。

・・・
・・

Oxygen-Sharing Equalityな世界を

| | Comments (1) | TrackBack (0)

アートは買うことができる。自分のモノに出来る。ひとつしかないモノを手に入れるには画廊へ出かけよう。久保健史の石彫もまたじぶんの生活の場にも持ち込める。

Photo

彫刻のプロムナード。
大阪OAP(アートコートギャラリー)川側。
梅雨間の乾いた風が流れていて。

入場無料、パブリックな場所に佇む。

久保健史作品4点。大理石。


石の彫刻はなかなかプライベートな場所には飾れないけど
それは可能。芸術にも値段が付いている。

クボタケシ展覧会のページ→こちら


絵画も版画もまた誰かの家に飾られるのを心待ちにしている
居間でも、玄関でも

多くの同じ顔をした工業製品、それを選び抜いてきた
ひとつしかないアート作品、これからは「そんな選択」も面白いのではないか


余剰
付加
差異

現代アートを買い求める人はマスプロダクト製品選択のすこし外を探索している
ひとつだけのものを手に入れるために

| | Comments (39) | TrackBack (0)

June 24, 2012

水辺鉢、極楽を通り抜けて

Rengeza

古い宗教も、とっても古い宗教も、まだ新しい宗派も
ひとりひとりの信仰も

ちいさな花を咲かしている


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2012

慈雨。流れて

Photo

植木鉢に水をやる。鉢からあふれた水は乾くのを待つしかない。
だんだんに並べて、あふれた水が次の段の植木鉢を潤したら合理的だなー
ホームセンターで鉄と板とプラスチックの素材を集めてみたらいい日曜大工になるかもしれない

山は、とてもよく出来ている。上から下へ順番の水を流してゆく
川もあれば目に見えない地下水脈なんかとも協力し合って
作れない、真似のできないシステム

梅雨の雨が流れ去って行く、夏にはクーラーの排水では足らず、水道の水を植木にやることになる
なんとか、今の雨を残しておけないか

雨の山を見ながら考える。南禅寺の山門もでっかい瓦屋根。水は流れ去るばかり
飲める水を植木にやる、そうじゃない方法

雨雲レーダーを見ると日本列島の上に一筆書きの如くに雨雲が横たわっている
雨はいやなんだけど、この恵みは何ものにもかえられない、と思う。


Photo_2tenki,jpより


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2012

なつかしい味。なつかしじかん。

久々に、ランチに行った。
変わらぬ味で、オジサンも同じで

建物もラーメンの味も変わらないんだけど、時間だけはン十年分積み重なっていて
はは、

近所の人なのか、挨拶の距離感がいい
「お土産、一人前」
食べるのは、ご主人か、おばあちゃんか、
なんかお見通しのような、やり取り

・・

東京谷中のイラストレーターがやってきた。浄土寺に家を買って改装していると
マツモトヨーコさんの展覧会の時に言ってはった人だ
家の改装を終え、チャリンコで京都を探索してはるらしく

京都の街が、まだまだ新鮮みたいで

喫茶店の話になって、ジャス喫茶の話になって、「カルコ20」の話になって
写真を見せようと思ったのだけれど、またまた出てこなくて

京都の喫茶店の多さは、やはり印象深いみたいだ
カルコ燐寸を貰ってもらう
はは、あの頃の話は、今ごろの話より、なんだか経絡が活性化する

ラーメンランチの店もジャス喫茶の話もなんだか時間が似通っていて
あるものとないものの話なんだけど、

はは、やっぱりむかしばなしになっちゃってるのかなー

$Good morning. Art life-carco20燐寸

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2012

版画旅行4

Img_3176

家にアートを、の展覧会


リビング空間を彩る版画作品が40数点展示されている。
gallerymorningkyoto

| | Comments (252) | TrackBack (0)

版画旅行4、開催します。6月19日より

| | Comments (103) | TrackBack (0)

June 12, 2012

ギャラリーモーニングroom2

Gallerymorningkyotoroom2

雨が上がって、山の緑が深々と

久々に、ギャラリーの奥の部屋に葉っぱを入れてみた


| | Comments (44) | TrackBack (0)

June 10, 2012

「版画旅行4」 版画新作展 6月19日(火)〜7月1日(日) 上田 良・河崎ひろみ・岸 雪絵・田村洋子・茶之木絵理・本田このみ マツモトヨーコ・宮本承司・吉田真紀子・吉原英里

Photo_2


・・

初日、ワインを抜きます。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

アメンボウいっぱい。梅雨入り前の深泥ヶ池

Photo

ラディオベーグルへ行く。セサミとくるみとイチジクと
その前にいつも一本北の道へ
そこかからは深泥ヶ池がはじまっていて

水草、アメンボ、やわらかな足下、なだらかな山があって
ごちゃっとしたものを引き算して、深呼吸

すべてはトンデカナイケド
目がキモチイほどに自然がやさしい

太古との繋がり


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2012

花菖蒲、美しい。ちょっと奥まであオープンになって、そういえば生け垣も低くなっている。

Hanasyoubu

今年も下河原町の花菖蒲が美しい。
この頃、柵が角度を変えて水辺まで。

この、どーぞ、のおもてなしが、うれしい


| | Comments (6) | TrackBack (0)

雨が上がって京都岡崎・クボタケシ展

Kubo6910

いよいよあと2日。
クボタケシさん、1時頃より在廊予定です。

王様の罠…。くもに乗りに、どーぞ


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 08, 2012

雲にのる。クボタケシ作品 in クボタケシ。

Walk

今日は、夕方雨になりました。
クボタケシさんは、姫路の美術館の為の作品に没頭中か?

それでも、明、土曜日、日曜日は在廊予定
雲のようにやわらかそうで実は硬い大理石彫刻
ご高覧ください


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2012

南禅寺惣門よこの小さな群落

Yellowf

疏水の水辺にも、南禅寺参道と民家の間にも
小さな花が咲いていて、一歩近づいてiPhoneでみると
また別のスケールになって

それにしても、写るよねー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2012

ほたるが飛びかって水無月のよる

Photo

京都三条通り白川北入る、裏三条通り、ホタルが乱舞
きょうの夜が最高

人でも多く、近所情報の共有は大きい

ギャラリー16の井上さんに教えてもらって、見にいって大正解

近くても見逃すことがあるんですよね
裏年なんかもあったりして、でも今日のホタルは良かった

都会のど真ん中、排気ガスの臭いのするところで
山崎町塩山からきたアーティストもホタルとの距離感が違うと・・・

洛中ホタル

少し、ムンとする夜とばり


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2012

クボタケシ展ーーーー雲と雲。

Kubocloudcloud


大理石です。
展覧会は、10日まで。

gallerymorningkyotoクボタケシ展

マンションのエントランス?
お寺の庭?
美術館?

なかなかリビング空間には置けないけれど

建築家の皆さん、庭師の皆さん、スタイリストの皆さん、いい居場所、ありませんか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2012 | Main | July 2012 »