« なつかしい味。なつかしじかん。 | Main | 水辺鉢、極楽を通り抜けて »

June 21, 2012

慈雨。流れて

Photo

植木鉢に水をやる。鉢からあふれた水は乾くのを待つしかない。
だんだんに並べて、あふれた水が次の段の植木鉢を潤したら合理的だなー
ホームセンターで鉄と板とプラスチックの素材を集めてみたらいい日曜大工になるかもしれない

山は、とてもよく出来ている。上から下へ順番の水を流してゆく
川もあれば目に見えない地下水脈なんかとも協力し合って
作れない、真似のできないシステム

梅雨の雨が流れ去って行く、夏にはクーラーの排水では足らず、水道の水を植木にやることになる
なんとか、今の雨を残しておけないか

雨の山を見ながら考える。南禅寺の山門もでっかい瓦屋根。水は流れ去るばかり
飲める水を植木にやる、そうじゃない方法

雨雲レーダーを見ると日本列島の上に一筆書きの如くに雨雲が横たわっている
雨はいやなんだけど、この恵みは何ものにもかえられない、と思う。


Photo_2tenki,jpより


|

« なつかしい味。なつかしじかん。 | Main | 水辺鉢、極楽を通り抜けて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/55017343

Listed below are links to weblogs that reference 慈雨。流れて:

« なつかしい味。なつかしじかん。 | Main | 水辺鉢、極楽を通り抜けて »