« 本田このみ木版画新作展 その場 29日日曜日午後5時まで | Main | 鶴井かな子のシュールな・・・合理的解釈を越えた先にある弛緩ゾーン »

September 30, 2013

秋深まり、黄昏にもの思う鶴井かな子の演出、面白いですよ。

Photo

日暮れが早くなりました。
鶴井かな子さんの作品に囲まれながらお休み月曜日。登場キャストが多彩です。

彼女は京都の伏見区に住んでいて、古い伏見も知っている。通学路、校庭、商店街などの風景をぎゅぎゅっと濃縮して画面に治めています。

何処にでもありそうな風景がキャンバスの中で色合いの濃いショートストーリーにヘンゲさせる鶴井かな子。

よーく見ると「悪いやつ」がいたり、オヤジ世代が愛した古いクルマが走っていたり、アルバイトの風景が反映されていたり。夕焼けの中で電気を消して見ていると小さな劇団の演出家としての彼女の仕事が見えてくる。明日10月1日、幕開けはお昼12時です。

鶴井かな子展 展覧会へ、ぜひ。

gallerymorningkyotoフェイスブックページ

|

« 本田このみ木版画新作展 その場 29日日曜日午後5時まで | Main | 鶴井かな子のシュールな・・・合理的解釈を越えた先にある弛緩ゾーン »

Comments

カシオ腕時計ランキング

Posted by: オーバーランド カシオ デジタル腕時計 カシオ カシオ te-300 | October 16, 2013 at 12:28 AM

Hi, yup this piece of writing is really pleasant and I have learned lot of things from it regarding blogging. thanks.

Posted by: antalya Masozleri | August 16, 2015 at 04:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/58295419

Listed below are links to weblogs that reference 秋深まり、黄昏にもの思う鶴井かな子の演出、面白いですよ。:

« 本田このみ木版画新作展 その場 29日日曜日午後5時まで | Main | 鶴井かな子のシュールな・・・合理的解釈を越えた先にある弛緩ゾーン »