« September 2013 | Main | November 2013 »

October 31, 2013

何時か見た自然の風景が、彫刻作品と重なって、

白井千尋作品(11月3日(日)まで)
12:00―19:00(最終日17:00) ギャラリー揺 銀閣寺
今週の京都は、立体ウィーク!

つい最近、出会ったような風景、再び。石彫&木彫、石畳。

Gumi


| | Comments (111) | TrackBack (0)

なすかしのツー・シーター・スポーツ。吉原英里銅版画作品。「Home town」

なつかしきモータリゼーションの匂い、ちいさな憧れ。
gallerymorningkyotoの版画旅行6、その奥の部屋。吉原英里作品。「Home town」

カーグラ、小林彰太郎さんのコラム「警鐘」なつかしく。


Hometown


版画旅行の展覧会ページ


| | Comments (76) | TrackBack (0)

October 30, 2013

リビングに、版画を1枚。版画旅行6、開催しています。

6open


版画旅行6、開催中です。
http://gallerymorningkyoto.com/2013exhibition/2013print6.html

| | Comments (190) | TrackBack (0)

October 29, 2013

空き家の玄関に咲く。10月のバラ。来年は、どうなるか・・・

10

すべてが色褪せ始めていて
ガラスが割れ
格子がイガミ

街中の廃屋にピンク、物悲しく


gallerymorningkyotoのフェイスブック


| | Comments (25) | TrackBack (0)

落果。

Photo


カーグラの小林 彰太郎さんが亡くなった。天野祐吉さんのエッセイも読めなくなって。金木犀の香る秋、寂し。


・・

版画旅行6、開催中です。
http://gallerymorningkyoto.com/2013exhibition/2013print6.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2013

南禅寺参道を西へ

Sannki1

竹垣ねの上の赤い秋。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

イイ天気の京都は時代祭と月本ちしほ展。

Hana2

朝、南禅寺の橋を渡る。噴水の向こうに旧インクラインの施設が見える。だれも入らなくなった建物には夏ヅタが絡みついていて。東から半分が真っ赤に染まっている。

秋がだんだんと深まっており

南禅寺参道にも燃え尽きる赤が


・・

月本ちしほ展「spirare」
ラテン語で「呼吸する」/「生きている」。始まります。

最新情報はフェイスブックより
gallerymorningkyoto フェイスブックページ

| | Comments (261) | TrackBack (0)

October 16, 2013

きじのでき

Photo


朝日新聞が言う『「いつの日も 真実に 向き合う記事がある」を今年の標語にして新聞週間が始まった。』と。CM天気図で天野祐吉さん「たとえば、地球上の人たちが、みんなユニクロを着て、みんなマクドナルドのビッグマックを食べながら、みんなトヨタのクルマに乗って走っている絵を、頭の中に描いてみるだけで気持ちが悪い」と。そして三面、『「裏メニュー」異例の摘発』「特上焼レバーを注文すると、一緒にごま油と塩とネギが小皿で提供されたと言う行為で、経営者逮捕。
高らかな理念との立ち位置を笑い、爺の当てこすりにナットクし、官憲の揺さぶり忌まわしく。
今日の昼食は京都ホテルオークラ「岡崎ガーデン」のパン、エトセトラ。それぞれの生地に隠し味を見いだせる舌がほしいなぁ。


中川雅文展、第二週目です。

展覧会紹介ページ gallerymorningkyoto

展覧会速報 gallerymorningkyoto フェイスブックページ


| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 11, 2013

風の流れた1日でした。夾竹桃も止まることなく

Photo

gallerymorningkyoto


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2013

ネラファンタジアちゅうじゅうぎが(宙獣戯画)中川雅文の世界

600jpg

中川雅文展。ネラファンタジア
ちょうじゅうぎが(鳥獣戯画)ではなくてチュウジュウギガ(宙獣戯画)でしょうか、Nakagawa Masabumiさんの場合は。
写真は、「でんでこ」「よよい」より異界のグブツをピックアップ。

・・

展覧会紹介ページ gallerymorningkyoto

展覧会速報 gallerymorningkyoto フェイスブックページ


| | Comments (76) | TrackBack (0)

October 08, 2013

中川雅文展「ネラファンタジア」10.8- 20 Nakagawa Masabumi

Works

Nella Fantasia(私の空想の中では)

てんでこ、という言葉が東北に昔からあるらしい。
津波から逃げる時に、他を信じて1人で逃げろ、という意味だそうだ。
想像力を働かせながら、自分を、守れと。

こういう言葉を聞くと何故か描きたくなる。

大自然を、そのまま描く事は、きっと出来ないけれど。
そんな言葉の空想を表現してみたくなる。
絵画は2次元だけれど、3次元から11次元と、描いていけるはずだ。

物語の断片、具物の視覚混合。(中川雅文)

展覧会紹介ページ gallerymorningkyoto

展覧会速報 gallerymorningkyoto フェイスブックページ

写真は、お薦め小品「返事」F0 

| | Comments (48) | TrackBack (0)

October 02, 2013

鶴井かな子のシュールな・・・合理的解釈を越えた先にある弛緩ゾーン

Photo

倍返しじゃない。ちいさな、ユーモア〜。
・・よくケンカをした。コブシも痛かったし、服も汚れた。真剣であったけどちょっとすると、忘れてしまっていた・・
鶴井かな子は、きっと、いつも人と人の間でリアルな人を見ている。息が入り交じる、体温を確かめ合うところで。そこで生まれるおかしみあふれる情景。のっぺらぼうになりつつある昭和的なものと日々をそこはかとなく生きる人々への執着。そこには滑稽さと屈託のない善悪が常に生じていて。登場人物の気持ちが丁寧に描き伝えられる。100号にも0号にも情感満載。子供っぽいイタズラゴコロと客観的な滑稽、顔面が弛む。

鶴井かな子展は 10.1- 6 Tsurui Kanako
http://gallerymorningkyoto.com/2013exhibition/tsuruikanako2013.html

| | Comments (25) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | November 2013 »