« March 2015 | Main | May 2015 »

April 21, 2015

中川雅文 NAKAGAWA Masabumi  ーホライズンー 4月21日(火) 〜5月3日(日) 月曜日休

Twitter


野の花がいっせいに花を開いて春第2幕、賑やかです。
パラソフィア(京都国際現代芸術祭)会期中の展覧会、第5弾。

中川雅文 NAKAGAWA Masabumi 4月21日(火) 〜5月3日(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2015exhibition/nakagawamasabumi2015.html

h o r i z o n  ー ホ ラ イ ズ ン ー

・・・
・・

ゆっくり眠って先延ばし

水平線は想像上のもので、と。

ある人が云った。

地平線の果てには楽園がある。と、も。

まるい星で、僕は未だ探して描いている。 中川雅文


<略歴>
1975 京都生まれ 大阪市在住
1997 大阪芸術大学卒業(研究室賞)

【個展】
 1999 信濃橋画廊(大阪),2000,2002
 1999 大阪府立現代美術センター
 2003 ギャラリー風(大阪)
 2008 Gallery Den(大阪)
 2008 Gallery Den 58(大阪)
 2010 2kwgallery(大阪),2011
 2012 ギャラリーモーニング(京都),2013
 2013 Gallery Den mym(京都南山城)
    
【グループ展】
 1993年より、韓国、和歌山、大阪、東京、京都で多数。

参考文献として「美術手帖 2007/3月号」「信濃橋画廊ー2010」
収蔵 兵庫県立美術館(信濃橋画廊コレクション)]

夜が街を覆いはじめるころ、家路を急ぐ人たち。
コウコウとした照明のなかを大禍時をスルーする人びとのその横で、枝分かれした夜世界へ向かう人がいる。
おうまがときのその奧、深夜が流れるその場所では、人とひととの距離は縮まり、ふかしぎな時間が流れる。
そこでのキャストたちはベールで顔を覆いながらつぎつぎと仮面を付け替えてゆく。
起承転結の消え失せたムコウガワの舞台の情景が、こちら側の世界のコトバに置き換わるように絵が出来上がる。
そして、まだ知らぬムコウの出来事がポッカリとモーニング・タイムをこえてギャラリーに現れる。
絵画、十数点、ご高覧ください。/gallerymorningkyoto

・・・
・・

| | Comments (1233) | TrackBack (0)

April 13, 2015

山部泰司 YAMABE Yasushi 4月7日(火) - 4月19日(日)月曜休み

Yamabetitle


gallerymorningkyoto

今回の展覧会「ワーキングアクア2015」では、様々な場所で取材した樹木に水などの流れを重ねながら配置し動きのある風景画を描いています。
作品は、見ることでさまざまな空間を生み出し、見ることによってさまざまな時間につながります。
絵画の形式へのオマージュと越境、記憶の生成と風化に関わりながら、遠さと近さ、破壊と再生、過去と現在と未来を同時に見せる絵画。
水に由来する青を中心に使い、さまざまな色彩のニュアンスや描線を重ねながら、風景の気韻のようなものを表したいと思いました。そこには私たちの自然観の変化、生活基盤に対する深い感情が通奏低音としてあることを感じています。 山部泰司

gallery morning kyoto
139th. Exhibition

In the exhibition “Working aqua 2015”, the landscape paintings contain a sense of movement through the composition and layering of trees researched at different areas and flowing water.
When one looks at these pieces, various spaces are created and various moments are created.
As both an homage and transgression to the formality of painting, these works interconnect through the process of creation and depletion of memory, while expressing the far and near, destruction and regeneration, and the past, present and future.
By mainly using the color blue that is derived from water and overlapping different colored tones and lines, my objective is to convey something much like the elegance in landscapes.
I feel that there lies our deep emotions towards our daily life and the changing perspective on nature, much like a basso continuo. YAMABE Yasushi

| | Comments (78) | TrackBack (0)

児玉 彩 展 CODAMA Ayaka Exhibition 3月31日(火) - 4月5日(日)

Codamaayaka

児玉 彩 展 CODAMA Ayaka Exhibition 3月31日(火) - 4月5日(日)
gallerymorningkyoto


花のような人 “Those who are like flowers ”

私にとって花は、気ままで美しいものの象徴だ。
四方八方好きなように伸び、色づき、咲き散らかして生きている。
身近な人物にもそんな花に似た美しさがある。
日常や記憶からそれらを見逃さないように、描きたいと思う。

2010年より人物を主に描いています。今回の作品のほとんどは実在のモデルを目の前にして描いていて、その他のいくつかは、花などの自然や、旅先の記憶、身の回りの出来事からのイメージを組み合わせて絵にしています。

人物を描く上での私の試みは、たわいない会話の隙間や考え事の最中など、ふとした瞬間に表れるその人らしさが凝縮された表情を描くことにあり、そのため友人や家族など、心を開いてくれやすい近しい人物を多く描いています。

また、その人の生きた印象をできるだけ端的に、新鮮に描き捕まえるために、顔立ち等、メインの部分を描く時間はおよそ30分程度の比較的短い時間で仕上げます。色は、モデルと話しながら浮かんだ色を使って、よりその人の魅力を引き出せるように選んでいます。

遠い世界でなく日常の中にある、花のように気ままな美しさを見逃さないように、忘れないように描くことで、私なりにこの世界を肯定したいと思っています。児玉 彩


For me, the flower is a symbol of beauty and carefreeness.
They grow anywhere they want, in many colours, and their blooms are so lively.
I can see that kind of beauty in the people who are familiar to me.
I’d like to capture the moments I experience with them, so they are not lost.

Since 2010, Ayaka has focused on portraiture. Most of the works for this exhibition were created from face-to-face sessions with real models. Inspiration for the remainder of the works is drawn from flowers, memories of places traveled and her daily life.
Ayaka aims to capture the natural expressions of the models in a relaxed environment. She records the true emotions of the models at the time the painting is executed, and the essence of the subjects are further explored through the artist’s imagination.
Her works of portraiture are focused on representing the true character of the model. As a result, her models are often people who are familiar to her, such as friends and family who feel comfortable opening themselves up in her presence.
Ayaka said the models all left "lively impressions" on her, and she wanted to attempt to capture that essence in a minimal way. her production of a single work often takes around 30 minutes. She selects her colours during conversation with the model, allowing the colours to reflect the mood of the moment, and the overall personality of the model themselves.
In her own way, by drawing and painting the carefree beauty of people, in small moments of
time, she is attempting to turn the spotlight on the importance of everyday people, and the nature of daily life. These are things we often cast off AS being commonplace, and Ayaka wishes us to take a moment and appreciate that there is great beauty in the simplicity of these small moments in our day-to-day lives.

| | Comments (83) | TrackBack (0)

« March 2015 | Main | May 2015 »