« December 2015 | Main | February 2016 »

January 28, 2016

●京都のアート系大学の卒業展

Photo

2階の陳列室、大陳列室は自然光でアートを楽しめます。移りかわる日射し美しく。重厚な建物の東側は日本庭園、東山の山並みもよいです。

・・

京都で芸術を学ぶ学生達が京都市美術館で展示を行います。ギャラリーモーニングでは、週替わりで各大学関連のアーティストの作品展示を行います(
火曜日始まり)。

●京都のアート系大学の卒業展
成安造形大学 卒業制作展・進級制作展 1/27~31
・・・右近あかね展。

京都嵯峨芸術大学・同短期大学部 制作展 2/3~7
・・・福島菜菜展。

京都市立芸術大学作品展 2/10~14
・・・六人部侑子展

京都精華大学 芸術学部・デザイン学部卒業制作展 2/17~21
京都精華大学 大学院展 2/17~21
・・・鶴井かな子展

京都市美術館(各大学の展示は水曜日始まりです)
http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/kmma/exhibition/201602.html

gallerymorningkyoto
http://gallerymorningkyoto.com
ギャラリーモーニングは、池の横、東出口を出て南へ。疏水を渡って真っ直ぐ次の信号の角です。ぜひ、ご高覧ください。

Museumkyoto

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2016

右近あかね 個展「ブルーシートの丘の上」(版画・絵画) 2016.1.26(火)- 31(日)

一月末から二月は、各芸術系大学の卒業制作展(京都市美術館)が週替わりで行われます。
それに合わせて、各大学の卒業生、在学生や関係者の展覧会を開催します。

右近あかね 個展「ブルーシートの丘の上」(版画・絵画) 2016.1.26(火)- 31(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/UKONakane2016.html

私が住む街は、関西のベッドタウンとして人気のある地域で、毎日どこかしらですみかの建築が行なわれています。
資材が汚れないように、建物が完成するまでの安全のために、はたまた、はげ山を隠すために、真っ青なシートが転々と風景に浮かんでいます。

今まで見えていた情報が遮断され青一色に染まり、形状も大まかでシンプルなものに変化。不自然。だけど、なんとなく街に順応している。

私が作品で描く主人公、彼らも空想じみていてどことなく不自然です。
だけど、分かりきった景色の中で、よく分からない幼くのんきな風貌の生き物がなんとなく順応しようと画面に収まっている姿に、私は安心感と共感を覚えるのです。 / 右近あかね


UKON Akane 略歴
1989年生まれ 兵庫県出身
2012 京都精華大学 芸術学部メディア造形学科 版画コース卒業
2014 京都精華大学大学院 博士前期課程 芸術研究科 版画コース修了
現在、成安造形大学で働いています。

個展
2010 「ねむけざましの夢」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2011 「ON HOLIDAY OR SUNDAY」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
2014 「あくびの途中」(ギャラリーモーニング/京都)

『毎日どこかしらですみかの建築が行われている』作家の住む街を舞台に広がる空想世界。
シルクスクリーン作品とオリジナル絵画の両方を展示予定です。
ぜひご高覧ください。

・・
Photo


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2016

酒井遥個展 1.16(土〕- 24(日) SAKAI Haruka Exhibition

蝋梅香る京都の街角。花たちが、少し、はやく咲き始めています。
今年初の個展。※18日月曜日は休廊です。

Photo


酒井遥 個展「吊革の森」
SAKAI Haruka Exhibition
2016.1.16(土)- 24(日)/月休み 日曜日は午後5時まで

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/sakaiharuka2016.html

ー吊革の森ー

暗い朝、繰り返す音声、人、人、人

ぽかんと口を開けたみたいな間抜けな吊革
みんな同じ具合に揺れている

吊革の森へ、私は毎日旅に出る
私は私を失うための旅に出る
そしてまた、私は私を取り戻すための旅に出る
それを何度も何度も繰り返す
例えようのない悲しみに包まれたり、痛いくらいに愛を知ったりする
そのひとつひとつを、決して取り乱すことなく、噛み締めてゆくための
大切な迷子の時間

吊革の森で見たもの、思い浮かべたこと、忘れようとしたことの全部  /酒井遥

SAKAI Haruka 略歴
1990生まれ 大阪府在住
2009  大阪府立三島高等学校卒業
2013  京都市立芸術大学院 美術研究科絵画専攻 卒業
2015  京都市立芸術大学大学院 美術研究科油画専攻 修了

個展
2012 酒井遥 個展/gallery i
2012 酒井遥個展「 Oval 」/京都市立芸術大学内ギャラリー
2014 酒井遥個展 -ハレ- (ギャラリーモーニング京都)
2014 かしましドローイング展(京都市立芸術大学小ギャラリー)
ほかにグループ展多数

大学を出て、毎日の通勤電車のなか「吊革の森」での体験が一つの表層になり新しい作品に結ばれる。
明るい色のなかにかくされた悲喜こもごも。働くこと、創作する者であることのバランス。新作、ご高覧ください。
在学中につづき、ギャラリーモーニングでは2回目の個展です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
ギャラリーモーニング京都 FacebookPAGE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 09, 2016

gallerymorningkyoto 2016年もご贔屓に。

あけましたおめでとうございます。

森の人も
野の人も
街の人とも

Gallerymorningkyoto


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2015 | Main | February 2016 »