« 梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック) | Main | 鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画 8月の京都で見逃せない展覧会。 »

July 23, 2016

陶器のオブジェ・梶木奈穂展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)

祇園祭の還幸祭の夜が近づいて。後祭宵山、鉾も楽しめる京都です。

梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

目覚ましのアラームを5:55にセットしているのに、最近アラームより先に同じ時間に目が覚める。晴れの日の明け方は「朝が来た」ってわかるのに、曇りの日の明け方は境界が曖昧で、朝なのか夕なのか、起きているのか眠っているのか、自分はここにいるのかいないのか、よくわからない。そういう感覚に沈んでいたいが為の制作。それによって産まれた作品。/梶木奈穂

梶木奈穂 KAJIKI Naho
1981年 兵庫県生まれ
2003年 景徳鎮陶瓷学院留学
2006年 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム窯芸卒業
2008年 京都市立芸術大学美術研究科陶磁器専攻修了

2006年 個展「かじきじき展」(ギャラリー北野坂/神戸)
2009年 個展「古陶磁のチャイナドリーム」(INAXガレリアセラミカ/東京)
2010年 個展「むこうのジオラマ」(SILVER SHELL/東京)
2012年 個展「ワタシマグロ」(川のほとりの美術館/姫路)
2015年 個展「七月七日の出来事」(ギャラリー北野坂/神戸)
2015年 個展「入夢境」(SILVER SHELL / 東京)
2016年 gallerism2016 in 中津(PIAS gallery/大阪) 他グループ展多数

数年前の京都市立芸大の制作展でみた「カジキュー拝ランド」。忘れられないほど印象的だった梶木奈穂の仕事。
景徳鎮で学び、東京や神戸などでの個展を経て、京都では久々の展覧会です。
奇想天外な物語を磁器(絵付けとかたち)によって立体化し、空間をうめる作品。
細部までのぞきこむように楽しめる独特世界が繰り広げられます。/gallery morning

・・

次々回の展覧会
鄭安晴 初個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画ほか TEI Ansei (Andhyng Cheng) 
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

8/8-19 夏季休廊  

お盆明けは 
8/20(土)-28(日)飯田真人個展 “new model”です。
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

よろしくお願いします。

|

« 梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック) | Main | 鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画 8月の京都で見逃せない展覧会。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/54823/63955034

Listed below are links to weblogs that reference 陶器のオブジェ・梶木奈穂展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日):

« 梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック) | Main | 鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画 8月の京都で見逃せない展覧会。 »