« June 2016 | Main | August 2016 »

July 23, 2016

陶器のオブジェ・梶木奈穂展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)

祇園祭の還幸祭の夜が近づいて。後祭宵山、鉾も楽しめる京都です。

梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

目覚ましのアラームを5:55にセットしているのに、最近アラームより先に同じ時間に目が覚める。晴れの日の明け方は「朝が来た」ってわかるのに、曇りの日の明け方は境界が曖昧で、朝なのか夕なのか、起きているのか眠っているのか、自分はここにいるのかいないのか、よくわからない。そういう感覚に沈んでいたいが為の制作。それによって産まれた作品。/梶木奈穂

梶木奈穂 KAJIKI Naho
1981年 兵庫県生まれ
2003年 景徳鎮陶瓷学院留学
2006年 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム窯芸卒業
2008年 京都市立芸術大学美術研究科陶磁器専攻修了

2006年 個展「かじきじき展」(ギャラリー北野坂/神戸)
2009年 個展「古陶磁のチャイナドリーム」(INAXガレリアセラミカ/東京)
2010年 個展「むこうのジオラマ」(SILVER SHELL/東京)
2012年 個展「ワタシマグロ」(川のほとりの美術館/姫路)
2015年 個展「七月七日の出来事」(ギャラリー北野坂/神戸)
2015年 個展「入夢境」(SILVER SHELL / 東京)
2016年 gallerism2016 in 中津(PIAS gallery/大阪) 他グループ展多数

数年前の京都市立芸大の制作展でみた「カジキュー拝ランド」。忘れられないほど印象的だった梶木奈穂の仕事。
景徳鎮で学び、東京や神戸などでの個展を経て、京都では久々の展覧会です。
奇想天外な物語を磁器(絵付けとかたち)によって立体化し、空間をうめる作品。
細部までのぞきこむように楽しめる独特世界が繰り広げられます。/gallery morning

・・

次々回の展覧会
鄭安晴 初個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画ほか TEI Ansei (Andhyng Cheng) 
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

8/8-19 夏季休廊  

お盆明けは 
8/20(土)-28(日)飯田真人個展 “new model”です。
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2016

梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)

祇園祭の還幸祭の夜が近づいて。後祭の鉾も楽しめる京都です。

Kajikinaotitle


梶木奈穂個展「曇天のデイブレイク」 2016.7.26(火)-31(日)・立体(セラミック)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/kajikinaho2016.html

目覚ましのアラームを5:55にセットしているのに、最近アラームより先に同じ時間に目が覚める。晴れの日の明け方は「朝が来た」ってわかるのに、曇りの日の明け方は境界が曖昧で、朝なのか夕なのか、起きているのか眠っているのか、自分はここにいるのかいないのか、よくわからない。そういう感覚に沈んでいたいが為の制作。それによって産まれた作品。/梶木奈穂

梶木奈穂 KAJIKI Naho
1981年 兵庫県生まれ
2003年 景徳鎮陶瓷学院留学
2006年 筑波大学芸術専門学群特別カリキュラム窯芸卒業
2008年 京都市立芸術大学美術研究科陶磁器専攻修了

2006年 個展「かじきじき展」(ギャラリー北野坂/神戸)
2009年 個展「古陶磁のチャイナドリーム」(INAXガレリアセラミカ/東京)
2010年 個展「むこうのジオラマ」(SILVER SHELL/東京)
2012年 個展「ワタシマグロ」(川のほとりの美術館/姫路)
2015年 個展「七月七日の出来事」(ギャラリー北野坂/神戸)
2015年 個展「入夢境」(SILVER SHELL / 東京)
2016年 gallerism2016 in 中津(PIAS gallery/大阪) 他グループ展多数

数年前の京都市立芸大の制作展でみた「カジキュー拝ランド」。忘れられないほど印象的だった梶木奈穂の仕事。
その後、景徳鎮で学び、東京や神戸などでの個展を経て、京都では久しぶりの発表です。
奇想天外な物語を磁器(絵付けとかたち)によって立体化し、空間をうめる作品。
細部までのぞきこむように楽しめる独特世界が繰り広げられます。/gallery morning


・・

開催中の展覧会
吉原英里展 Yoshihara Eri  午睡 24 [sun] 午後5時まで
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yoshiharaeri2016.html

次々回の展覧会
鄭安晴 個展 2016.8.2(火)-7(日)・版画ほか TEI Ansei (Andhyng Cheng) 
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/TeiAnsei_AnchyngCheng.html

8/8-19 夏季休廊  

お盆明けは 
8/20(土)-28(日)飯田真人個展です。
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/iidamasato2016.html

よろしくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 12, 2016

吉原英里個展  2016年7月12日(火)~24日(日)月休み(ミクストメディア絵画・版画)

南禅寺蓮池の蓮が次々に開いています。gallerymorningkyotoから展覧会のお知らせです。
Photo

吉原英里個展 
2016年7月12日(火)~24日(日)月休み(ミクストメディア絵画・版画)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yoshiharaeri2016.html

『何気ない日常の中で、今まで見ていた情景が違って見える瞬間があります。
主役や空間が入れ替わったり次元が歪んで見えたりする視覚旅行を、今回は、「午睡」シリーズにしました。』(吉原英里)

YOSHIHARA Eri

<個展> 
1984~2008 55回(東京・名古屋・大阪・京都・ミラノ他)
'93 '94 '97 '00 '02 '04 '06 ギャルリープチボワ(大阪)
2008 個展 伽藍洞ギャラリー・名古屋
2009 ギャラリーなかむら(京都)、JUMP(大阪)
2010 色彩美術館(東京) 
2010 ギャラリーモーニング(京都)、シャルグラン(芦屋)
2012 「Garden」ギャラリーなかむら(京都)  
2013 「あなたがいた夏」ギャラリーJUMP(大阪)
2015 ギャラリーなかむら(京都) など

その他、国内外でのグループ展多数。

<パブリックコレクション>
町田市立国際版画美術館・嵯峨芸術大学・神戸アートビレッジセンター・ウィル愛知(愛知県女性センター)・文化庁
・京都市立芸術大学・宮崎県立美術館・和歌山県立近代美術館・兵庫県立美術館

版画や異素材を組み込んだペインティング(ミクストメディア)10点と、銅版画エッチング作品約8点を展示予定です。
一貫して表現してきたひとの不在の風景によってより意識されるひとの「存在」「気配」。
そして、あらたなシリーズをお楽しみください。/gallery morning

※12日、夕刻よりオープニング・パーティを開催します。ぜひ、お立ち寄りください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 05, 2016

山本一博個展(村瀬タネ改め)「ゆめかうつつ」 2016年7月5日(火)〜10日(日)

洛中では祇園囃子が聞こえ始めた京都、あついあつい夏がはじまっています。

山本一博個展(村瀬タネ改め)「ゆめかうつつ」
2016年7月5日(火)〜10日(日)

http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yamamotokazuhiro2016.html


-ゆめかうつつ-
現実らしきものに相対するものとして、架空、想像、夢、などと呼ばれるものがあります。
どちらがどちらという訳ではなく、またそれらを自在に行き来するという訳でもなく、なんらかの形でどこかを行き来しないことには、その人がその人として在ることがままならないというような、そういう状態が、現実らしきものと矛盾するものをつくることがあるように感じます。そうした道行きの途中に生じる、境目の景色のようなものを探ることを試みています。/山本一博


YAMAMOTO Kazuhiro

1987年  愛媛県生まれ
2011年  愛媛大学 教育学部 芸術文化課程 造形芸術コース 卒業
2015年〜 村瀬タネの名前で活動。
2016年  京都精華大学 芸術学部 造形学科 日本画 研究生 在籍
京都府在住

個展
2015 村瀬タネ個展「前半 そとにまねぶ 琳派&やまと絵」「後半 うちをさぐる 影の絵」/ギャラリーモーニング(京都)


昨年、初個展では作家名・村瀬タネとして一週間ずつ展示替えをして二週にわたる個展を開催。
洋画科を卒業したのちに独学で真似びながら学んだ日本画の作品と、細密な線画の作品を発表。
今展では、その経過からうまれた「装飾性」「二面性」を主題とした作品を本名の山本一博として発表します。
古代中国の地理書に登場するヘビを自画像に描き込んだ「かだ」、妖怪についての文献からインスピレーションが湧いた「みつめ」など墨絵を中心に18点。
統合し、深まった独自の世界をご高覧ください。

Mitume


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2016 | Main | August 2016 »