November 08, 2016

石井誠展覧会 「A Herald of Atlas」  2016.11.8(火)-13(日)

Worksa

カエデの紅葉が枝先ではじまっています。京都岡崎。

石井誠 個展「A Herald of Atlas」 
2016.11.8(火)-13(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/ishiimakoto2016.html

ギリシア神話において、巨躯を以て知られ、両腕と頭で天球を支える「Atlas」(アトラス)

16世紀ネーデルランドの地理学者Gerardus Mercator(ゲラルドゥル・メルカトル)によって
地図帳の表紙に描かれたことから地図を指すこともあるこの言葉は、我々が通常知覚できる
枠組を超えた、信仰の対象としての巨大な神や大地を示している。また日本においては、
民間信仰や神道の根底にある、大小を問わず、あらゆるものへ神が宿るとされる「依り代」
という器や領域としての神体、神域を指す言葉がある。

「A Herald of Atlas」とは「誰にも知られずに、ひそかにアトラスの到来を告げる者」の意
であり、信仰という形で"我々を支えてきたもの"を世界規模から、身近な事象まで
"アトラスの依り代"としての視点からとらえ、技術発達の行き着く先、失われてゆく
文化風習などをモチーフにやがて到来するであろう新たな技術やエネルギー、文化に
対して、それを受け入れることのできる”依り代”であり"使者"になりうるものは何であるか。
それは果たしてこれまで我々を支えてきたものと同じく信仰すべきものなのかを問う。/石井誠


ISHII Makoto 略歴
1986 北海道札幌市生まれ
2010 道都大学 美術学部 卒業
2013 京都精華大学大学院 芸術研究科 博士前期課程 版画専攻 修了
滋賀県在住

2012 Too young -見たことが無いふつうの展覧会-/ギャラリフロール(京都)
2012 京都・イギリス国際版画交流展/京都市立美術館(京都)
    ※2014イギリス交流展 2016オーストラリア交流展
2013 個展「works2012-2013」/TO OV(北海道)
2014 「零のゼロ」/埼玉県立美術館(埼玉)
2014 石井誠・川口巧海二人展「パラケルススの毒性学」/ギャラリー犬養(北海道)
2016 石井誠・大泉力也二人展「残響と共振」/TO OV(北海道)
2016 FAbULOUS WALL ー October [石井誠]/FAbULOUS (北海道)
2016 ART FAIR SAPPORO 2016/クロスホテル札幌(北海道)※2016.11.26-27

2010 国展 奨励賞
2011 国展 新人賞 

主に北海道で発表、京都では初の個展。
石膏刷り、シルクスクリーン、彩色による半立体作品など約40点を展示しています。
『これまで世界を支えてきたもの、それに変わって支えるべきなにものかの到来をテーマに(石井)』象徴的な、言葉、遺伝子、飛行機、ロボット、コンピュータなどが作品化され物質感をともなって化石のようにもみえます。
石膏というベースに、遺伝子から言葉の誕生と欠落、技術発展と中心に有るべき心の動きまでを溶かし込んで表現しています。/gallery morning


※作家在廊日は、11日〔金〕12日(土〕13日(日)です。


・・

次回の展覧会
四塚祐子展 YOTSUZUKA Yuko 11.15(火〕- 20(日)
http://gallerymorningkyoto.com/2016exhibition/yotsuzukayuko2016.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2015

山部泰司 YAMABE Yasushi 4月7日(火) - 4月19日(日)月曜休み

Yamabetitle


gallerymorningkyoto

今回の展覧会「ワーキングアクア2015」では、様々な場所で取材した樹木に水などの流れを重ねながら配置し動きのある風景画を描いています。
作品は、見ることでさまざまな空間を生み出し、見ることによってさまざまな時間につながります。
絵画の形式へのオマージュと越境、記憶の生成と風化に関わりながら、遠さと近さ、破壊と再生、過去と現在と未来を同時に見せる絵画。
水に由来する青を中心に使い、さまざまな色彩のニュアンスや描線を重ねながら、風景の気韻のようなものを表したいと思いました。そこには私たちの自然観の変化、生活基盤に対する深い感情が通奏低音としてあることを感じています。 山部泰司

gallery morning kyoto
139th. Exhibition

In the exhibition “Working aqua 2015”, the landscape paintings contain a sense of movement through the composition and layering of trees researched at different areas and flowing water.
When one looks at these pieces, various spaces are created and various moments are created.
As both an homage and transgression to the formality of painting, these works interconnect through the process of creation and depletion of memory, while expressing the far and near, destruction and regeneration, and the past, present and future.
By mainly using the color blue that is derived from water and overlapping different colored tones and lines, my objective is to convey something much like the elegance in landscapes.
I feel that there lies our deep emotions towards our daily life and the changing perspective on nature, much like a basso continuo. YAMABE Yasushi

| | Comments (78) | TrackBack (0)

January 17, 2015

松尾勇祐 木彫展 MATSUO Yusuke 1月13日(火)〜25日(日)

Photo

『箱庭ラプソディ』
頭の中のイメージを自由につなげて出来上がった作品。
そして、それを自由に並べていく。
人の世界はほとんどがクレアトゥーラで、
それでも実在のかたちとして実現させる。
けど、何かを伝えようとか、こう感じてほしいとか、
意識しなくてよくて、
自分でもそんなに分析しなくていい。
無意図に溢れる痕跡だけが唯一の確認。 松尾勇祐

http://gallerymorningkyoto.com


| | Comments (128) | TrackBack (0)

July 04, 2014

シロ個展 shiro exhibition 虹の軌跡 7月1日〜6日

Flowergardenex

Shiro works "Flower garden"

人の心を踊らせたい…
そう思いながら絵を描いてきました

二十代最後の締めくくりとして
今まで歩んできた
色とりどりの虹の世界を
是非ご覧下さい

と、シロさん、女性の仕事です。日本画。

展覧会詳細はこちらから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 30, 2013

秋深まり、黄昏にもの思う鶴井かな子の演出、面白いですよ。

Photo

日暮れが早くなりました。
鶴井かな子さんの作品に囲まれながらお休み月曜日。登場キャストが多彩です。

彼女は京都の伏見区に住んでいて、古い伏見も知っている。通学路、校庭、商店街などの風景をぎゅぎゅっと濃縮して画面に治めています。

何処にでもありそうな風景がキャンバスの中で色合いの濃いショートストーリーにヘンゲさせる鶴井かな子。

よーく見ると「悪いやつ」がいたり、オヤジ世代が愛した古いクルマが走っていたり、アルバイトの風景が反映されていたり。夕焼けの中で電気を消して見ていると小さな劇団の演出家としての彼女の仕事が見えてくる。明日10月1日、幕開けはお昼12時です。

鶴井かな子展 展覧会へ、ぜひ。

gallerymorningkyotoフェイスブックページ

| | Comments (2) | TrackBack (0)

August 20, 2013

美崎慶一、マツモトヨーコ作品。夏の光

Gallerymorningkyoto2013summer

Misaki Keiichi & Matsumoto Yoko works

gallerymorningkyoto


| | Comments (69) | TrackBack (0)

July 20, 2013

夏休みがはじまりました。gallerymorningkyotoでは赤土浩介展の最中です。

Photo

朝、涼しかったです。
京都市動物園の年間パスを手に入れて、たまに通り抜け出勤しています。

今日は、子供たちが朝早くから
さすがに動物園、人気です。

gallerymorningkyotoでは、赤土浩介展を開催中。

gallerymorningkyotoのフェイスブックページ、よろしくお願いします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 27, 2013

北浦和也作品 Found ART

Foundobjects

gallerymorningkyotoで展示中。
アフリカ、モロッコにて制作。

Kitaura Kazuya works
It was made in African continent Morocco.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2013

藤崎孝敏展 神戸 ギャラリー島田

Photo


藤崎孝敏展 
Shimasaki Cauvine

表層にあらわれる描写は最後の一枚。ギャラリースタッフが教えてくれた「彼の絵はどんどん変わってゆくんです。」風景が描かれ静物にヘンゲし、老婆が現れ去って行く。そして男が現れる。額装された絵は連続する映像フィルムの切り取られた一コマ。

パリ在住。

きっと、今の日本では生まれない。リアリティは作家の中にしかない。よどみ、うねり、たまり、スピードをあわせることができない。一枚のキャンバスに現れる影とわずかながらの光。闇が降りてくるのか手を突っ込むのか潜り込むのか。息は長く続かない。取り出された世界にタジログ。ほぼ同世代の作家の描く漆黒のフィールドは見れば見るほど遠く離れてゆき。心のしめつけを現す言葉もみつからない。

明暗に映されたものは、いったいなにものか
どこにいるのか

・・・・・・・
・・・・
・・

ギャラリー島田 16日まで
潜望鏡は今日と明日で閉ざされる

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 京都(市)情報へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 25, 2012

上村亮太展を見にギャラリー島田へ

Bags


上村亮太展、手づくりオリジナルバッグ、いいなー
でも、バッグへのニーズって表面コンテンツを遙かに超えて多そうで

上の真ん中の「ブルー地に白がほしい」と言ってる人若干一名。
次は一番に来なくては


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧